スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにパソコン出してニコニコの一挙放送と並行してブログ書こうと思ったのに、パソコンの液晶画面ぶっ壊れてましたタカノです。
iPad読み込み鈍いからプチプチ途切れるねん。。プレミアムなのに。。
まぁ内容セリフは覚えてるからいいや。コメント読みながら見たいだけだし。

では担当回ごとにキャラ語りしていきたいと思います!

さっそく1話2話担当佐久間中尉から!

佐久間さん萌える。。これやばい見ながらとか書けない。。萌え。。る。。
えーとまず佐久間さんはスパイではありません。軍人さんです。
。。あー。。佐久間さんいいわ。。ほんと萌える。。。。
えーと。。なんの話してましたっけ。。。。
はい大丈夫!一番の萌えポイント、ポーカーゲームシーン過ぎました!
佐久間さんはスパイではありません。軍人さんです。ゆえあってD機関に派遣されてる軍人さん。
それも、ザ・軍人さんってかんじの、お国のために死ぬのは本望を叩き込まれてて
ってもう1話終わってもうたー!!
ま…まだ2話があるから大丈夫…
その洗脳されっぷりをスパイメンバーたち
にバカにされてたんですよ。ちょっとは自分の頭で考えろよばーかw的なかんじで。
佐久間さんのいいところはそこで醜く怒鳴り散らしたりしないで、相容れないやつらだと思った上で距離を置くに留めるんですよね。頭からっぽなわけでは無いんですよ。ただ純粋で素直なだけ(大甘)
結局軍の上司に裏切られ罠に嵌められそうなところを、三好にわかりにくいヒントをもらいつつも自力で解決し、いざというときの肝の据わりようや地頭の良さを見せつけ(タカノに)一件落着。
佐久間さんの立ち位置は、あまりにも優秀すぎてイメージ湧かないレベルのスパイたちを、読者も理解できるところまで持っていく導入係。
だから出番はこれで終わりなんですがもったいない。
キャラ立ってるし、異能の天才揃いのスパイたちのなか、唯一の凡人常識人としてもっと絡んで欲しい。
キャラ的には、冗談の通じない堅物感がたまらないよね。軍人さん万歳だよね。
あとあの肉体美ね。切腹のために腹筋見せるサービスしてくれるシーンは拝まざるを得ないよね。

3話始まった。言い足りない。後で足そう。
波田野回です。
フランスでレジスタンスに関わります。
話の内容に踏み込むと時間足りなくなると分かったのでキャラに特化します。
波田野の特徴はD機関メンバーの中で一番背が低い。真ん中分けで垂れ目。いつも頭の上で腕を組んだりして自由な態度。気が強い。そして体術の達人。
D機関メンバーは最低限の体術は皆仕込まれているはずなのに、わざわざ達人て設定されるくらいだからよっぽどと思われる。
背が低くて気が強いとかめちゃ萌え案件やないですか。。
人をくったような態度のやんちゃ少年(大卒年齢ではあるけど)美味しいです。。

4話福本さん。
うってかわって一番背が高い、面長垂れ目の真面目寡黙キャラ。
だと思ってたのに、任務となると下品にしゃべるし笑う、その変貌ぶりが魅力です。
彼も強烈な自負心の鬼なんだなぁと。
普段は表情の変化もあまり無く寡黙なキャラが、心の中ではこんな強気プライドの持ち主とか萌えるしかないやん。。
あと彼の一番のチャームポイントは、料理好きってところね。あの時代男が料理なんてすごく珍しいと思うんです。それもちゃら男系じゃなくて、あんな真面目朴訥風で料理が趣味!
D機関ではよくメンバーに料理を振舞っていた設定があります。まぁ料理が趣味ならそれも自然なんですが、その格好が!割烹着!!割烹着!!
一番背の高い、朴訥風の、でも心はプライドの塊の男が!割烹着!!
お前…やってくれるぜ…いいところついてくるぜ…
福本さんの割烹着姿が見たい人は1話のポーカーシーンを見てね!!
あー及川中尉死んじゃった。

5話神永
D機関メンバー最年長。とてもそうは見えないが。
設定はやんちゃなプレイボーイ。これだけだとイメージ湧きづらいけど、ドラマCD試聴する限り、すぐ女性をナンパする系のチャラ男設定と言いたいようだ。
これが最年長ですからね。素晴らしいねチャラお兄さん最高か。
しかし惜しいのは、本編で全くそのキャラが発揮されないこと笑!
なぜなら彼の担当回ロビンソンは、潜入先でスパイ容疑で捕まり、自白剤打たれて尋問される任務だからです。
ほぼずっとぐったり頬こけやつれ姿でピンチの連続。とてもチャラ男やってる場合じゃない。
彼のキャラは本編外でのみ発揮される。。それも神永らしいとすれば、それもまた良い設定だw
でも、タカノ的にロビンソンは柩に次ぐ難しい任務だと思うので(だって情報流出元を証明するために一度捕まって脱獄する任務とか無茶ブリに過ぎるよ)、神永さんのスパイ能力はD機関でもトップレベルと思われる。
超優秀なチャラ男お兄さん最高か。。。
これ原作ではさらに任務の困難さがわかるからね。電文打ってから何分以内に自力で仲間のとこたどり着かないと終了みたいな時間制限付いてるからね。
神永のもっとも素晴らしいところは、この困難な任務をクリアした直後、「次はどこに行くことになるのかな」すやすや眠る。とても敵陣から脱出した後とは思えない精神力。最高か。。

6話田崎
塩顔あっさり細目イケメン田崎。
見た目の印象薄いけど、D機関メンバーでもっともキャラが立ってると言っても過言ではない。
なぜなら…彼の趣味は…手品!
あの顔で…手品!
まぁスパイの趣味としては実利も兼ねてて良さそうだけどw
でも、考え事をしているとき無意識に手品をやってしまうって、本編でも子供に見られて食いつかれてしまうって、どんなドジっ子スパイだよ!
まぁ子どもを利用してうまく事件を解決してしまうんですけどね。
あと子どもから素で「ねぇおじさん!」とおじさん呼びされてしまうの笑うw20代半ば、そんな風に言われるの一番ショックなお年頃だと思うんですがw
でも彼は「じゃぁおじさんからなぞなぞだ」と優しく返す度量を持っているうううぅぅぅもえる
そしてこの回は子ども相手だからか、優しくにこにこ笑うシーンが多くて胸きゅんすぎる。
でも全部営業スマイルだからねだからこそ萌えるううううぅぅぅぅ
あとこの回はアクションあり犯人探しの推理ありなぞなぞありスパイ道具もいくつか使い、一番いろんな要素が盛り込まれてて好きな回です。
そして最後wwwwおもむろに懐から伝書鳩を取り出す田崎wwwwあのイケメン顔で真面目な顔してハトwwwwあのかっこいいアクション中も、推理中も、どの瞬間も懐にハト抱えてたと思うとwww笑うwwwwイケメン王子枠かと思いきやwwwとんだネタ要員www

7話甘利
幼女回ですね。
名は体を表す、甘いマスクの甘利さん。神永と同じ年の最年長設定。
背が高めがっちりした体格で、前髪ふわっと真ん中わけ。割と見分けやすいと思います。
本編では白スーツを完全に着こなすダンディタイプ。
女性の扱いも心得た感じで、未亡人にさりげなく紳士的な気遣いを見せつつ、その娘もあっという間に懐柔。口笛を吹けばイルカも犬も操れる。
出頭する未亡人の娘をさらっと請負い、どうにかなるだろで済ませちゃう包容力。おとなの魅力やね。
お願いすれば気軽にウインクしてくれそうなスパイ筆頭。
この回もちょっとだけアクションがあるんだけど、最小限の動きで敵の動きを封じる所作がスマートで惚れそうになる。
あと豪華客船の上という、雰囲気のある明るい場所での活躍ってのがキャラに合ってて印象に残るね。
どの回も、他のキャラでもやろうと思えばやれそうだなと思うけど、この回は甘利以外はできない気がする。
この回ありきのキャラ造形だと思うわ。

8話蒲生
蒲生さんはD機関の人じゃないので省略(ひどい)
でも声が素敵だと思う。怪しさ満点というかw
あとグッズ関係でことごとく実井とペア組まされてるのがかわいそうw

9話実井
波多野と3センチ差の低身長組、波多野より丸っこい目可愛い系男子実井きゅん。
しかし公式設定でドS。
きゅるるん天使のあのビジュアルでドS。。。。ありがとうございますうううううううぅぅぅ
本編でもその設定はいかんなく発揮されており、気弱な眼鏡っこ書生さん姿がかわうぃぃぃぃ!!からのぉ!!
アクロバット暴力裸締めきたあああああぁぁぁぁぁ!!!超かっこいい実井様だいてええぇぇぇぇ!!
しかもセリフ「やれやれ、あなたのような小物が釣れるとは」鬼畜!鬼畜!彼らも一生懸命なのよやめてあげて!!
そしてたいして構えもせずにピストルバン!で相手の武器を弾き飛ばす、その表情がたまらないいいいいいいい
可愛い顔してドS、よくある設定だと思いますけど、なにより実力に裏打ちされてるのがいいよね。
そして美味しさ使い勝手のよさ、ほんといいキャラですわ。ドラマCDでもうまくつかわれてそう。

10話
あえて言うなら結城中佐回。
でも次に備えてお風呂入ってきます。魔王ごめん。

間に合ったさぁこいやああああぁぁぁぁあぁぁぁぁあああああ

11話三好
向かって右側に前髪を流したナルシストデコだしスタイル。
ザ・猫目のビジュアル、生意気気まぐれナルシストと猫要素揃い踏みなくせに、公式設定猫が苦手という捻くれっぷり。。どこまでタカノのツボをえぐるつもりだお前。。恐ろしいわ。。
1話で佐久間さんをからかい煽る姿がもう上から目線のなんとも言えないプライドの高さが

ってうええええええええええ追い出されたあああああああああ
うそプレミアム会員なのに!?
一万越え程度で追い出されるの?

慌ててリロードしたけどドンピシャで「この真木という男ですが。。(死体写真初お目見え)」シーン終わってたわろた
みんな見たかったんだねやっぱり。。全話通して一番ショッキングなシーンだもんね。。
タカノがショックのあまり気絶しないよう気遣ってくれたのかもしれない。。

で、三好ですが、1話の見下してる感とうって変わって、佐久間さんが能力を見せた後は見直しましたと言える素直さもある(それでも上から目線だけど)。
このへんのツンデレバランスが神がかりなんですよ。
もう本当にどストレートど真ん中まじタカノさん狙い撃ちですよすごいよ。
こいつに泥沼に引きずり込まれたというのに、責任とってもらおうと思ったら死んでるしさぁもうなんなの。。
でも12話のおかげで息を吹き返したけどね。開き直ったともいう。
スパイの未来なんてどうにも真っ暗な孤独なんだから、今を生きようそうしよう。

12話小田切
がっちり体格でタカノ的に福本と見分けづらいんですが、小田切は四角い顔のイメージ。
一般大学から選抜されてる他メンバーの中、異色の軍隊出身者。
1話でポーカーでカモられてる佐久間さんに種明かしをしてあげるのは、同じ軍人ってことで同情したのかな。
12話でも情を捨てられずにD機関を去る決断をします。
そういう、人間としての当たり前とも思える情すらスパイには邪魔なだけ。残ったやつはどんだけ化け物なのかを教えてくれた小田切さん。
でも、あの選抜試験をくぐり抜け、あの訓練をたやすくこなせるという、技術的には十分才能があったんだよね。
ただ心の部分で人間を捨て去れなかっただけ。
小田切さんは、原作では最前線に飛ばされます。
でもなんとか生き抜きそう。D機関出身者ならどうにかしそう。列車事故に遭遇するでもない限り(トラウマ)
いや生きて欲しいよね。
あとこの人、ドラマCDでのキャラ崩壊が一番激しいw
まぁ良い人って一番印象薄くなっちゃうからね。キャラ付けは必須。。。にしてもあれはなぁw

おわた。
やっぱ何回見ても面白いわ。
キャラ中心に語ったけど、これはアニメオリキャラみたいなもんです。
原作は、コナンの黒塗り犯人みたいな、個人を特定しない形で、それを生かして小説としてのギミック?っていうの?星新一のショートショートみたいなどんでん返しがあったりして面白いよ。
てっきり主人公D機関員だと思って読んでたのに違ったのかよ!D機関員モブと思ってたあいつかよ!主人公操られてたのかよ!みたいなね。
アニメ気に入った人はぜひ読んでみてください。
アニメのキャラが気に入った人は、ぜひ、、、お願いします。。。供給の少なさに耐えられない。。公式からの補給が少ないのは訓練を受けたので大丈夫なんだけど。。。お願いします。。。

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。