今がアノ時の未来なんですよね・・・

ふぅ。

レポート、おかげさまで無事、

期限が週末まで延びました(喜)

いや喜ぶところではありませんが、あと三日もあると思うと余裕ぶちかましてみたくもなりますよね?(そんなだから締め切り前に死にそうになるんです)


さて、今日は真剣なお話をしようと思います。
しばらくオタク世界から離れてたので、復帰するにも時間かかるんです。

本日12月8日はなんの日かご存知ですか?
真珠湾攻撃が行なわれた日なんですよ。
太平洋戦争勃発の日。
ニイタカヤマノボレ1208。

で、久しぶりに(涙)ネサフしてたらその話題に結構出くわしました。
さらにこんなフラッシュ見つけました。
泣いた。
声あげて泣いた。(←ほんとに泣きすぎです)
回天特別攻撃隊 音が出ます


私の母方の祖父は特攻隊でした。
もちろん志願して。
実際行ってはないんですけどね。
あと一ヶ月で出撃ってときに終戦になったそうです。

私にはメロメロの優しいおじいちゃんでしたが、祖母にはドメスティックバイオレンスばりばりの昔気質の気むずかしい人だったそうです。
祖母宅の居間には今でも歴代天皇陛下のお写真が飾ってあります。

そんな祖父は私が小学一年生のときに亡くなりました。
祖父の口から戦争の話はほとんど聞いたことがなかったです。

まだ幼かった私は戦争ってただ怖いもの、悪い人が突っ走った結果のもの、そう思い込んでましたし、祖父が戦争を否定するようなことを言わなかったので、頭固いな~年寄りだから仕方ないのかな~、さらには頑固だから昔の過ちを認めたくないのかな~とまで思ってました。(超ぼんやりですけど)

祖父が亡くなった後も、誰だったかの口から、「おじいちゃんの友達は特攻隊で死んだ」「靖国で会おうってみんな突撃したんだよ」といった話しも聞きましたが、その時も、その熱狂的なナショナリズムに恐怖を感じました。


今、いろいろなことを自力で調べることが出来るようになって、考え方も柔軟になった今なら。
祖父の話を真摯に聞いてあげることができるのに。
少なくとも頭からの嫌悪感で「その話はイヤだ」とはねつけるようなことはしないのに。

祖父は特攻に志願したとき、本気で「日本が守れるならこの身一つくらい惜しくない、家族だってわかってくれる」と考えたそうです。
又聞きなのが悔やまれますが・・・。

今はこういう話を聞くと「あーあ、当時の熱狂と政府の教育に騙されちゃってバカな人」って思うかもしれません。
若しくはあまりにも今の考え方とかけ離れすぎてて夢物語のように感じられるかもしれません。
でも私はさすがにそんな人がリアルに身内にいたので、他人事には思えません。
むしろ尊敬の念すら抱きます。
当時ハタチそこそこの青年が(今の私とほぼ同じ年だよ・・・)形の無い「大切な何か」に自分の身を懸けたこと、そしてそれが自分の祖父であること、自分にもその血が流れていることを、本当に誇りに思います。


戦争賛美したいわけではないです。
ただ、そんな純粋で素晴らしい若者が日本にいたこと。
その若者たちが身を挺して守ろうとした日本の未来が今であること。
今、日本に住む一人として、本当に考えさせられます。


靖国の話が良く話題に上がりますが、あれ、本気で腹立たしいです。
分詞ってあなた。
新しい祭祀場作るってあなた。
みんな「 靖 国 で 」会おうねっつって死んだんですよ?
魂が一同に会せる場所があればどこだっていいとかそんな話じゃないですよ。

国民がそんなこと忘れて文句言うならまだ仕方がないですが、余所のお国からの圧力でって・・・日本はそんなに弱いんですか・・・。
第一国民もウン十年前一度合祀に圧倒的支持しておきながら・・・。
自分のじーちゃんばーちゃんの代の話しなんで関係無いですかそうですか諸悪の根元はどこですか。A級戦犯だって・・・とか話し出すとノンストップ急行になっちゃうので止めます。

ただ靖国に参拝することは、自ら進んでいった人、そうでなかった人、その他たくさんの未来を奪われた(投げ出した)人への弔いと、二度とそんなことはしないという誓いを忘れないための行為じゃないかと思うんです。
靖国に参拝して欲しくないって・・・。
そのこと忘れて再び戦争していいってことですか?どうなんですか。
まぁ・・・私は行ったことないんで大きなこと言えないですけど(十分言い過ぎです)

うちのじいちゃん生きてたら本気でキレるだろうなぁ・・・。
孫の使命として祖父に代わり異を唱え続けようと思います。

ちなみにそんな祖父を父に持つ私の母は、ヨン様の大ファンです
誰か止めてやってください・・・。


日付が変わってしまいました。
詐称します。(あいたた)


あーもうすぐじいちゃんの命日だ。
まじで直接話がしたい。
感傷でなくてこんなに真剣に願ったのは初めてかもしれません。
特攻隊の話、聞きたかったよ。
っつーかじいちゃん、飛行機操縦できるの?
なんで特攻志願したの?
どんな訓練してたの?
もうすぐ死ぬと分かってる仲間とどんな話したの?
残される家族のことどう考えてたの?
死ぬの怖くなかったの?
どうやったらそんな自己犠牲できるの?
自分が行く前に戦争終わってどんな気持ちだったの?
悔しかった?
ほっとした?

あと十年長生きしてくれればねぇ・・・。
孫のために酒と煙草を止めてくれりゃよかったのに・・・。
まったく・・・そんな自制の効かないとこまで遺伝させてくれちゃって・・・。

でも特攻隊に志願する気持ちはちょっとわかります・・・恐ろしいことに。
たぶん私も戦時中なら看護婦になって戦場行ってる気が・・・。
上のフラッシュで滝涙流す女ですから。
血は争えません。
戦争にならないことを祈るばかりです。




それにしても、あと一ヶ月戦争が終わるのが遅かったら・・・

私は生まれてません。

陛下の御聖断に心より感謝します・・・。
怖っ。

Comment

これは・・・泣くよ。Flashの作りがずるい(苦笑)
でも同感です。
「靖国で会おう」って死んだ兵隊さんと、「靖国に行けば会えるんだ」と自分を慰めた遺族の共通のファンタジーを、たかが中韓の圧力くらいでぶち壊して、無宗教の共同墓地作りました~これで仲良くしてくださいよ中韓さまvって狂ってるとか…
何十年前に死んだとしても、彼等は日本国民です。その魂や想いをないがしろにしていいわけがない。
今、のんべんだらりとNEETだ萌えだとやってられるのも、彼らが負けながらも「あの国を追い込むとヤバイ」と一目置かせるくらい立派に戦ってくれたおかげなのに。
…まあ今戦争が起きたら、そんな畏怖を与えられるような戦いはできないでしょうけどね。

うちのじいちゃんも兵隊だったんだよなぁ。
15年も前に死んじゃったけど。
ちなみにその人を父にもつうちの幸いにして母親はヨン様ファンでは無いものの、結構な左翼思想です(脱力)

このフラッシュ、ほんと音と映像の選択、その組み合わせがズルすぎですよね(笑)

靖国を外交の切り札に持ってこられても、「正直困ります」としか言いようがないと思います。
それをわざわざ相手の意向に沿うようにしてまでご機嫌をとらなければならない意味が分からないですよ・・・。
靖国問題のみが外交の障害になってるってわけでもないのに。
日本の土下座外交って、周囲との揉め事を嫌う日本人の特質がそのまま現れてる気がします。
日本人同士ならそれも上手くいくかもしれないですけど・・・中韓様にそれが通じるとはとても思えない・・・。

今のんきに生活してる中でも、60年前頑張ってくれた人たちへの感謝の気持ちは忘れてはならないですよね。

>結構な左翼思想です(脱力)
親世代って、左寄りの考えの人、多いですよねー。
当時ソ連もあったし、全国的な風潮で仕方の無いことかもしれないですけど。
父がマルクス系赤の巣窟だった大学出てるんで・・・ちょっと社会情勢について話してたらあっという間にお互いケンカ腰です(笑)

しかしその論拠が朝日新聞なところが泣きそうです(笑)