リリウム 少女純潔歌劇

さて先週は(もはや先々週)春ツアーの千秋楽に行ってきましたが、今週はモーニング娘。が出演するミュージカルに行ってきました!

どれ貼ればいいかわからなかったのでとりあえず画像が多めのページ。

いやもう、なんか雰囲気からしてよさげじゃないですか?
一昨年公演されたステーシーズと似た雰囲気?ゴシックホラーというか耽美なかんじがして、女子向けだよねw
楽しみにして行ったんですが。

いや素晴らしかったわ…。
アイドルミュージカルと思って行ったら予想以上に本格的でびっくりした。
まず、みんな歌が上手い。
モーニング娘。は歌得意なメンバーが選ばれてるから当然っちゃ当然なんだけど、ミュージカルでこれは最重要だよね。
アイドルライブならズコーでもいいけど、シリアスなミュージカルだとさすがに辛いもんw
演技も良かったよ。
ステーシーズのDVDは何度も見たけど、あのときはみんなわざとらしさが残るというか、「演技頑張ってます」感がぬぐえなかったけど、今回はとても自然に演技してるってかんじ。
メンバーの成長も感じられて、大満足でした。

以下印象に残ったメンバーを挙げてみる。

・小田さくら
オープニングから痺れましたよ。あれでぐっと舞台に引き込まれた。
そして物語での立ち位置。シルベチカ役ぴったりすぎる。
小田ちゃんにしかできないでしょ。
出番はそう多くないのに、すさまじい存在感、ラスボス感。
ミステリアスで不思議な少女を見事に演じてた。

・福田花音
「~~するのだ」とか「~~であろう?」とか、芝居がかった口調のアニメっぽいツインテツンツンキャラ。
これがハマってました。さすがシンデレラの生まれ変わりw
ああいうキャラを不自然に感じさせないってのは難しい気がするんですよ。
それを嫌みなくさらっとできるのは福田さんだからだろうなと思う。
というか、スマイレージをよく知らないタカノ的には、福田さんはもとからああいうキャラっぽい不思議ちゃんのイメージがあるんで、納得の人選でしたw

・中西香菜
今回下調べゼロで行ったんですが、最初キャメリア役が誰かわからなかったんです。
中盤くらいまで誰やろかと思いながら見てた。
モーニング娘。メンバーじゃないのはすぐわかったから、スマイレージの誰かだろうとは思ったんだけど、誰かわからん。
めいめい?じゃないし、あやちょかにょんじゃないし、たけちゃんでもないし…あとはりなぷーでもないし…ってことは…かななん!!??
って消去法でやっとわかったけど、まじびっくりした。
だって歌も演技も上手くて、男役が自然で普通にかっこよかったんだもん。
またもやスマイレージをよく知らないタカノは、中西さんは歌もダンスもできないキャラで、うちで言うさゆみたいなセリフ担当だと思ってたから。
いやーまさかあのカッコイイ優男キャメリアが中西さんとはね…。
一番化けっぷりに驚いた人です。キャメリアまじイケメン…。

・田村芽実
田村さんは歌上手いの知ってたし、演劇経験があることも知ってたから期待してたんですが、期待通りの素晴らしさでした。
一人本格ミュージカルってかんじで浮いてたけどね。
子音の発声が強いんですかね。上手く言えないけどもろミュージカルっぽい。
台詞回しもこなれてるなぁってかんじでした。
パパパと早口でしゃべって、次ぎのセリフをゆっくり言って強調したり(私は誰からも好かれない好きになっちゃいけない、みたいな場面)舞台っぽいなぁと思った。
他の子たちが、すごく自然な演技なので、浮いてしまうんだけど、ミュージカル観劇経験の少ないタカノとしては、「おおこれこれ、これがミュージカルだよね~」ってかんじで楽しかったです。

・工藤遙
男役くどぅのイケメンっぷりは開幕前から聞こえてきてましたからね。おもにあやちょから笑
知ってる知ってるってかんじで見てたんですけど、予想を遙かに凌駕するイケメンっぷりでクソワロスw
そうくるかー!あーなるほど、そういう系統かー!!と超納得しました。
ノリの軽いチャラ男なんですね。女の子を見ればすぐくどく。
「ねぇ君僕とお茶しない?」「恥ずかしいのw?」「かわいいねw」
くどぅ似合いすぎててめっちゃ笑いましたw
これに加えて壁ドンやもの。
免疫のないあやちょなんてちょろいもんやろw
ちなみに壁ドンとは?→画像見たら一発でわかるだろと思ったけど検索したら思ったよりひどいネタばかりだったw
いやくどぅ良かったよ。へろへろへたれキャラだから、男役やれるのかと思ってたけど、こういうチャラ男方向ならどんぴしゃだね。この手があったかーと感心しました。
しかしメンバーがこぞって壁ドンに食いついてるのに笑うw
アフタートークで、やってみたい他のキャラを各々挙げたところ、言いよどんだあやちょにかななんが「リリー(劇中で壁ドンされる)になってファルスに壁ドンしてもらうとか?w」といじったらあやちょ蒼白w(あやちょはくどぅ演じるファルスにマジ惚れしてしまい、くどぅに近づかれると恥ずかしくて体が逃げてしまうという恋する乙女病(重症)なのです)
ちょっとやってあげなよくどぅwという周囲の押しに答え、くどぅが近寄ろうとしたらあやちょ「いやああああああ来ないでええええええ(絶叫)」拒否りすぎわろすwww結局やったんですが、ドンした瞬間顔を隠して囲いから逃げ出していたwかわいいw
あとあゆみんとたけちゃんが、劇中で好きな場面を再現するというアドリブをしたときも壁ドンが選ばれていた。
二人で再現したけどあゆみんがドンされて「きゃっv」とわざとらしく言ってたのが面白かったw
これは壁ドンする男役のイケメンっぷりを楽しむ+される女役の可愛さを堪能するという二つの楽しみ方があって良いシーンですね。

・和田彩花
すっごく自然にスノウだった。
クールで冷たいキャラだけど、和田さんがやるとどこか寂しそうな狂気が見えて、本当に良いキャラクターに仕上がってました。
見てる間は、あやちょそのままやん!良い役もらったなぁと思ってたんですが、良く考えたら彼女はもっと柔らかいふんわりした空気を持ってたはずで、それを考えるとやっぱり「スノウ」は役作りの上に出来ているキャラクターなんだろうなと。
歌も安定してたし、意外に実力派だということがわかって驚きました。

・石田亜佑美
この半年で最も実力が上がったメンバーはあゆみん。
春ツアーから思ってたけど、「How Do You Like Japan」が神がかってただけかなとも思ってたんですよね。
この舞台ではっきりしたわ。あゆみん歌めっちゃ上手くなった。
声量も出るようになったし、一番成長が見られました。
演技も持ち前のコミカルさが出てて、シリアスな劇の良い清涼剤になっていた。
こういう雰囲気を持つ人って貴重だと思うんですよね。
モーニング娘。に還元してほしいな。

・佐藤優樹
まーちゃん、舞台でセリフが覚えられないとかいろいろ聞こえてきてる子なんで、おねーさんは本当に心配してたんだよ。
でも杞憂だった。セリフも歌もしっかり…うんおおよそできてた!笑
まずソロ歌ね。あれは本当にまーちゃんの可愛さはじけててタカノお気に入りです。
まーちゃんの全力のぶりっこ歌唱が楽しめるよ!
その後のばたんきゅーもくっっっっそかわいかった鳥肌が立ったまーちゃんかわいいよかわいいよおおお
アイドルミュージカルということを忘れさせるような本格的な舞台の中、まーちゃんがあの全力アイドルをやってくれて本当に満足です。
この落差がいいんだよ。アイドルなのにっていうね。
あとまーちゃんが親衛隊たちの名前をどうしても言えないのが笑えるwああああかわいいよおおおおお

・鞘師里保
りほりほ、本当にしっかり主役やってました。
最後を除き、全編に渡って舞台を回してて、「どうして…?」「わからないよ…」と謎に振り回される役なので、これといった個性が無くて難しいと思うんですが、出過ぎることなく消えることもなく、しっかり演じられてました。
この安心感、安定感は真面目感のあるりほりほならではだなと思う。
そしてラストの狂気溢れる叫び…も良かったけどその前の何度も自分の心臓にナイフを突き刺すシーン、体がゴムみたいに跳ねまくってて、りほりほの体幹すげえええええと全然違うとこに感心しまくってたw
あと特に鞘師と工藤なんですけど、渾身の力で叫ぶシーンがあるんですよ。
迫力あるんですが、あれ喉壊さないか心配になる。もうちょっと叫ぶ以外の感情発露の演出してほしかったわ。

あー面白かった。
3回見たけど、もっと入ろうかと検討中。
シリアスさとコミカルさ、ちょうど良い塩梅で見てて飽きないんですよ。
歌もダンスもいいし。
雰囲気が独特で中毒になる。
どっかアニメっぽい中二っぽいところがあるので、好き嫌いは分かれるかもしれないけど。
タカノはドストライクでした。
そしてこれを見たら魔法少女まどかまぎかが見たくなる。
運命に翻弄される少女達、狂気に近い執着、嫉妬、少女達の人間模様とか、なんか雰囲気が似てる。
やっぱいいよね、思春期の女の子の葛藤ってやつ。
そして次ぎに入るときは双眼鏡持って行こうwくどぅの壁ドンを表情付きで見たいw

Comment