秋アニメ消化!!

よっしゃ全部見たで!!!

せっかくに3連休、たまりまくってたアニメを一気に消化完了しました!
はー見た見た。

っていっても4作品だけどね。頑張ったよね。
感想書きます!

・絶縁のテンペスト
キャラデザが好み。妹さんのキャラが立ちすぎててちょっと怖いかな、くらいで見てたんですが。
ストーリーが、もうタカノのアホ頭には難しすぎて難しすぎて。
始まりの樹でも絶縁の樹でもどっちでもいいから我にこのアニメを理解する力を与えよおおおおおお!!!
って叫びながら見てました。
8話あたりで力尽きそうだったんですが、11話12話めっちゃ面白かった!!頑張ってよかった!
11話で絶縁の御子がいるって話になり、これはあれじゃないか、既に登場済みの人物が実は・・・って展開じゃないか!?
よし予想しよう、本命じゅんいちろう兄さん、対抗吉野、大穴はかぜがどっちも兼ねてるってのはさすがにないか?とか楽しく考えていたんですが。
・・・なんかそんなレベルの話ではなかったようだ(笑)
地球が滅亡していっておる・・・w
ラストは衝撃でしたね。
いきなり吉野が攻撃されて、タカノはてっきり対抗予想が当たったかと思ったんですが、まひろも攻撃されて、あ、あれ?
用済みってちょっとひどくね?w
今後も役立つことあるかもしれないのに始まりの樹か絶縁の樹か知らんけど短気やな。(未だに樹の区別がついてない)(結局理解できなかったんだな・・・)
あれ助かるの?
じゅんいちろうさんが、致命傷(と病気)を治癒するのは無理みたいに言ってなかった?
はかぜさんならできるのかな。

ってここまで書いて、何話まであるのかな、ってか今クールで終わるのかな?と公式を見てきた。
13話予告を見てみた。(録画見るときは基本OP、ED、予告は飛ばす)
おい・・・おいこれ・・・おい・・・
いやまだわからん、まだわからんよ。大人しく次回を待とうではないか・・・。

いやーでもこのアニメはとにかく目の保養っていうかビジュアルが良かったわ。
まひろ、吉野、はかぜはキャラもデザインも超好き。
作品の雰囲気も良かったし、魔法使ったアクションがめっちゃかっこよかった。
難点とすれば、話が濃すぎて台詞多すぎて、キャラが何言ってるか理解できなくなるところ。
いや理解しようと試みるんだけど次から次に膨大な量のセリフが読まれるので、タカノの小さな脳では処理しきれずに、重要な部分が耳を素通りしちゃうんだよ。
これはフェイトゼロにも同じことが言えたな。
AだからBで、そのためにCがDしようとしてて・・・で、なんだっけ、Eは・・・ってうわああ本編もうJがKの話しとるwwJってなんなんだ聞き逃したww
はぁ自分の残念な脳みそを恨むぜ・・・。
でも逆によくわからないからこそミステリアス感が増して雰囲気楽しめるっていう利点もあるし!(ポジティブ!)
13話楽しみだなー。
これ最終話まで見たらさすがにもう少し理解できると思うから、そうなってからもう一度1話から見返したらさらに面白く思える予感。
今は全然わからんけど、複線とか張ってるのかな。


・BTOOOOM!!
Oはいくつなんだっけ・・・。
これね!面白かった!だがあのラストは何!
あれで終わりなわけ??2期に続くのかな??
原作読んでみようかなと思いました。原作の方が面白い気がするよ原作見たことないけどなんとなく。
まぁとにかく、ストーリーが好きだ。
こういう離島サバイバルってワクワクする。
限定された環境で知恵を使って生き残るってやつ。
バトロワも好きっていうか、タカノの世代はリアルタイム中学生時の直撃世代なので、好む好まざるに関わらず下地はあると思うのですよ。
流行ったよなぁ。友達から借りて親から隠れて読んだよ。
映画は当時は怖くて見なかったけど、キタノ先生が投げたダーツが中学生の額に突き刺さるCMは、かなり衝撃的だった。
話は逸れましたが、やっぱりリアルでゲームやるっていう要素は厨二心をくすぐられちゃうね。
BTOOOOM!!はネトゲの世界をリアルでやらされてたけど、ネトゲをまったくやったことないタカノでも理解できる導入があったので馴染みやすかったです。

まぁ不満点を上げるなら、
・主人公がイケメンすぎる。いやイケメンなのはいいけど、実際のキャラの背景とマッチしないというか。ニートでダメ人間っていう設定だと思うんですけど、なんかしっくりこないわ、あの顔で言われても。リアルでの行動も超良い人の上正義感あるし、なんかただのヒーローじゃねっていう。さらにあの顔ってただの勝ち組ですねっていう。ここは最後まで違和感あったなぁ。いや主人公のキャラ自体は悪く無い、嫌みもなく弱さも見せつつで良かったと思うんだけどね。キャラデザとのバランスが悪かったな。
・主人公の能力をもっと発揮させて欲しかった。そういう描写もあったんだけど、いまいち爽快感がなかったかな。BTOOOOM!!をやったことある人間なら思いつきそうなレベルに感じられて、世界ランク上位っていう能力がわかりづらかったよ。実際ネトゲやったことないからわからんけど、有名な人の動画とか見るともうわからんけどすげぇ、まさに人間止めました状態だってびっくりするんだけど、そういうのが無かった。唯一あったのが、あの電波?場所を特定できるピコーンを、同じタイミングでこちらも放つと相手のサーチをキャンセルできるっていうシーン。相手の出すタイミングを読み切って全てキャンセル発動し居場所を悟らせないってやつ。あれは格ゲーの人間止めましたクラスの人が同じようなことやっててあるあるだと思ったし、格好良かった。ああいう世界ランカーならではの凄技をもっと見せてほしかった。

こんくらいですかねぇ。
ヒメコは良かったよ!かわいかった!
自分を襲った男を殺しても罪悪感は無い、むしろ身を守れたことが誇らしいっていうモノローグはいい!
しかしヒメコに関してはあのシーンが最高潮だったので、あれをCMに多様されると詐欺だwって思うw
まぁその後も可愛くて守られヒロインとしては良かったよ。

うんなかなかまぁまぁなアニメでしたね。原作読みたい。


・マギ
これはねぇ。一応ここまで全部見たけど、うーん、無いなw
これ原作ファンはどう思ってるんだろう。
なんていうか、アニメらしい面白さってのが無いんだよなぁ。
絵にしても、ストーリー展開にしても。
こう言ってしまっては悪いけども・・・あのね、アニメのヘタリアと同じ印象を持ったよ!(笑)あとゲド戦記。
せっかくの最近珍しい中東舞台で、王子様やら魔法やらいっぱい出てくるのに、なぜにここまであっさりしているのか・・・。
キャラは悪く無いと思うんだけどねぇ。デザインもわかりやすいし。何が悪いんだろう。
ストーリーも思うところはあるけど、それ以前の問題っていうか・・・アニメ的に惹きつけるものが無いんだよ。
予算が少ないのかな?絵が単色ばっかりで平坦なイメージを受ける。実際はどうかわからんけど。
あと構図とか?なんか迫力がないんだよね。ふーんで終わってしまう。
青のエクソシストの映画のCMが流れてたけど、あれとかたった数秒なのに「おっ迫力あるなー」ってシーンがあったんですよ。
映画と一緒にしちゃいけないけど、それにしてもマギのこのひっかからなさはないわ・・・。

ストーリーは、ちょっと好みじゃなかった。残念。
アリババの成長物語って本軸はいいんだ、主人公が理想主義ってのもよくある話だ。
しかしアリババ君の活躍ももうちょっと見たいよ・・・12話やって主人公勝利シーンが1回だけって辛い。
それも本人言ってるように自力じゃなく他人がほぼ活躍しての、だし。
やっぱスカッとしたいんだよせっかくアニメ見るんだから。
フラストレーション耐えるには、絶縁のテンペストのキャラデザとか作品雰囲気みたいな、なにがしか気に入った要素が無いときつい。
描写から見るに、そういうのわかった上で描いてますよー今は我慢の時期なんですよーってのも感じられるんだけど、だからといって免罪符になるわけじゃないんだよね。
特訓シーンの結果がどう出るかだな。
あと悪役が残念すぐる。
なんでどのキャラもすぐに小物化しちゃうんだ・・・登場時はみんなカッコイイのに。

マギはちょっと残念でした。
期待してたシンドバットも今のところチートキャラって以外に魅力がわかりづらいしなぁ。
今後シンドバットも食われるような凄い敵が現れるなら期待するんだけど。


・中二病でも恋がしたい!
見たよー。
もうね、全編大津満載でタカノさんはすこぶる大満足ですわ。
しかも作品的に重要なシーンで新しいビューポイントが使われてて、追加ロケしたのかなーとか考えて超楽しめた。
嬉しかったのが、勇太とりっかがお互い告白しようとする一連のシーン。
まず石山駅の広場のベンチでしょ。
最初地面見てなかったから、あの一部蔦の生えたベンチめっちゃ見たことあるけどどこやったかなと考えてたけど、モザイク地面ですぐ場所が割れたw
見たことあるも無いもねーよ、先週選挙行く前にあのベンチ座ってきたわw
それから雨が降ってきてマックに移動するけれども、あのマックもタカノ御用達マック。
あの窓際のカウンターも座ったことあるよ。
あああもう自分のテリトリーがアニメ化されるってなんか気恥ずかしーw
さらに嬉しかったのが、中二病を止めたりっかと勇太が夜歩いてて、デコ森がりっかにけしかけてくるシーン。
あああ1号線の橋があああああの右見ても左見てもタカノが車から毎日見てた景色がああああ
あの正面の緑色の四角い建物は満喫で、右に曲がると湖岸道路に出れて・・・寸分違わず再現されておる・・・!
この勢いだとタカノの家もアニメに登場しそうなんですけど・・・!!
と思ったけど登場しなかった。無念。
でも家決めるときに候補に入ってた建物は映ったw
ちっ。あっちに住んでおけばよかったな!
それからモリサマーがデコと戦ったシーンも毎日毎日通った近江大橋!
白線の引き方ですぐわかったけど、上空投影図は見たことなかったんで、あんな風になってたのかと初めて知ったよw
そしてちゃんとイオンも映ってるwお世話になりましたw

何よりも嬉しかったのがですね。
琵琶湖の夜景の美しさを存分に描いてくれたこと!!
琵琶湖はね、湖だから波が立たないんですよ。
だから夜景が水面にくっきり反射するんです。
ほんっとうに綺麗なんだから!
ちょっと感傷的になってる日(目標未達成確定した月末とか)に見るともう涙が溢れて止まらなくなるくらい綺麗なんだから!
主人公まで「きれいだな」とかつぶやいてくれちゃって、もうありがとうありがとう!!!!
本望や!!

まぁあの辺は川だが。そこは置いておこう。
あータカノに相談してくれたらもっとアニメ的に映えそうなポイント教えてあげたのになー。
例えば湖西道路が終わって志賀バイパスも終わった先、高架から90度折れて琵琶湖沿いの湖岸道路に降りる道、あそこの景色の美しさはマジ神がかり。
湖岸道路はだいたい琵琶湖の岸辺に並行して走るので、あのポイントみたいに正面に琵琶湖がデーンと出てくる景色はなかなかないんだ。
あの180度琵琶湖ビューが広がるあの景色、特に曇り空で、いくつかの隙間から光が差してたりすると、琵琶湖に天使のハシゴ(って言うんだっけ)がぽつぽつと出現して、もう背筋震えるよ。
広い湖だからか、琵琶湖って雲が低くたれ込むことが多いんですが、そこからぼすっぼすっとスポットライトのように光が差してですね。
それも結構な頻度で見れるからね。あそこはタカノ大好きな道でした。
まぁ大概次の訪問先での行動をシュミレーションしたりしてて浸れなかったけどね・・・。

ショックなこともありました。
12話だっけ、最後の方で石山駅の看板が大写しになったんですが、「菱山駅」って描かれてた・・・。
あんだけ「実在の景色を探せ!」とでも言うように本物そのままの景色を組み込んでるのに、なぜそこでhを入れたし・・・。
穴太駅はそのままだったのに・・・。
我が石山の文字もアニメに登場させて欲しかった・・・。

あとね、石山駅ぶっこわすなしwwこれワロタwww
石山駅だけじゃないよ、近江大橋も1号線も、タカノの思い出の眠る大津の至るところが破壊されまくってワロタww
大津大好きだけど苦しい思い出ばかりのところでもあるので、すっきりしちまったぞおいww

そう、このアニメ、戦闘シーンが凄く良かったです。
もう気分爽快。
アクションも見せ方もホントに凄かった。
ラブコメのはずなのにこの完成度・・・ちょっとマギにわけてやってくれ・・・。
さすが京アニってことなんですかね。
ストーリーが全く興味沸かない内容だったのに、この戦闘シーン見たさに最後まで見てしまったわ。
そしてその素晴らしいアクションシーンの舞台が我らが滋賀は大津だからね!!!
こんなに燃える戦闘シーンもなかなか無いわ!!!

ってことでこの作品、総合評価としても面白かったです。
大津のみ目的で見始めたにしては最終的にはストーリーも気に入ったし、キャラも気に入ったし(モリサマーがイイ!)、最後まで楽しく見ることができました。


今期見てた作品は以上。
他にもあったんだけどね。
録画に押し流されて・・・(またか)

さぁ来期はどんなのがあるかなー。
春は注目作品があるんだけど、その前に冬アニメ。
楽しみ楽しみ!

Comment