夏アニメ総括

なんか気づいたら香川とモーニング娘。の話しかしていない気がするテヘペロ

今期は結構アニメも見てたんですよ。
もう今期終わりますがw
見てたアニメ紹介と感想を。

◇薄桜鬼 黎明録
やっと見れたー!
テレビ視聴環境充実してる今なら全話見れるから!シリーズ最初から放送してくれぇぇぇ!!!
黎明録面白い!土方さんかっこいい!
主人公男の子ってのがタカノ的にはぐっどでした(笑)
まぁあれだよ。けいおんと同じだよw
まだ録画全部消化してないんですけどね。
他のアニメは結構手軽に細切れ時間に見てたんだけど、薄桜鬼はしっかり見たいのでなかなか追いつかないんですよね。
でももう録画は全話保護かけてるし、いつでも見れるよ!
芹沢さん素敵やわー。
主人公が芹沢派閥ってところが、最高に素晴らしい。
本当にわかってるね、スタッフは。
大たき火とか、相撲とか、史実ネタも相変わらずちゃんと入ってていいなぁ。
あとね。
第1シリーズからいつかやろうとしてて放置してた企画なんですけど、背景もちゃんと取材してるなってのがわかるんですよね。
いくつか比較してみる。

アニメ八木邸正門前。


本物の八木邸門前前。
DSC00001a.jpg
京都旅行の記事から引っ張り出してきたのでサムネイル設定が違ってて見づらいかもしれませんが。
この門のカットは頻繁に使われてて、おお似てる!と思ったやつです。
並べて見たらますますそっくり。てか同じ。
たぶん八木邸に取材に行ったんでしょうね。えらい。


正門を内側から見たカットですが、これ本物の写真はないんだけど(邸内は確か撮影禁止だった)、タカノの記憶ではモロ同じです。
懐かしさすら感じたもんw


これは正門をくぐった地点からの景色ですが、これも本物そっくり。
門をくぐって手前に正面玄関(龍之介掃除中)、ちょっと奥に勝手口(沖田さん出現)。
タカノが行ったときの八木邸では(たぶん今も)邸内ツアーがあってて、案内の人が説明してくれるんですが、正面玄関は重要な客を迎えるときくらいしか使用せず、普段は勝手口を常用してたと話がありました。
沖田さんが勝手口から出てきたのは、スタッフもその話しを聞いたからなんじゃないかなと思ったり。
いずれにせよちゃんと調べてるんだなーと関心しました。

ちなみに、邸内ツアーで受けた芹沢暗殺の現場説明を図にするとこうなります。
八木

青が芹沢の動き、赤が暗殺者の動き。

左の部屋の上方にある赤い×は、今も現場に残っている暗殺者がつけた刀傷です。
その下の茶色い長方形は、文机。
芹沢はこれに躓いて転んだところで致命傷を受けたと言われているそうです。
その文机も現存してて間近に見られました。

まだタカノはその場面までアニメ消化できてないんですけど、どうなのかな。
ちょっとでも使われてたら嬉しいな。

そしてこちらはアニメの壬生寺。


こちらが本物の壬生寺。
DSC00003a.jpg

この角度もアニメに出てこないかなー。
DSC00004a.jpg


以上、薄桜鬼スタッフの頑張り具合の検証でした。
シリーズ1作目から思ってたけど、本当に史実に忠実に作ろうとしてるのがわかるよ。関心して見てるよ。
そうやって見てるから時間かかって消化終わらないんだよ!
1作目でも、ここ本物と同じ!って思ったシーンがあったんだよなぁ。
どこだったかな。西本願寺だったかな。思い出せん・・・。

ちなみにこの当時の新選組は、芹沢派が八木邸、近藤派が前川邸と分宿していましたが、観光地化されている八木邸と違い、前川邸は今も普通に住宅として使用されているため(会社が入ってたかな)、公開は期間限定となっています。
そういう意味では八木邸の方がアニメの舞台にしやすいだろうし、龍之介が芹沢派にいるのは合理的だと思う。

前川邸にも行ってみたいな。
たしかアニメでもよく出てくる井戸のあたりは見学可能だった気がする(んだけど4年以上前の記憶だからな・・・)

しかしここまでそっくりだと、完全にアニメ的な意味で聖地巡礼スポットとなってる気がするぞw
そしてここまで巡礼しやすい聖地もたぶんないぜw



◇アルカナ・ファミリア
キャラデザが好みだったので見てたんですが、まぁまぁってかんじでした。
キャラデザと作品の雰囲気、タロットの特性とかは良かったんだけど、十分に生かされないまま終わったかんじ。
もっとバトルしてほしかったな。
あと最後のオチっていうか、最終回がひどかったw
尺的な意味や、アニメ全体のまとまりっていうか、もうあの終わらせ方しかなかったんだろうという事情は理解できる。
でもいくらなんでも、今までかっこいいキャラ達をアピールしてたのに、最大のバトルの見せ場で、今までちやほやしてた女の子に負けるのは無いわw
一気にかっこわるいイメージになっちゃうじゃんw
お嬢だって、能力はバトルに役立ちそうもない能力なのに、身体能力だけで男どもに勝ったとかどんだけw
身体能力に際立って優れているとか、あの能力もバトルに役立つとか、なんらか理由があれば納得できるのに。
あの最後のバトルで良かったのはすみれ姐さんだけだw
終わり悪ければそれまでも悪い印象になっちゃうのが残念でした。
素材や雰囲気は良かったからなおさら。

ちなみにジョーリーが超かっこよかった。
もう9話は神回。タカノ的に。
何が良いって、キャラデザももちろんだけど、ファミリーでの立ち位置が最高よ!
ジョーリー以外の全てのキャラがお嬢命!状態で、程度差はあれお嬢を大切に扱っている中、ジョーリーだけお嬢<<<<<<<<<<モンド。
やっぱね、乙女ゲってジャンルだから当然と思って見るし、お嬢も可愛くて全く問題ないんだけど、どいつもこいつもお嬢お嬢だとどうしても胸焼けしてしまうw
そんな中での、9話ジョーリー。
それまではなんだかんだ言って、度が過ぎたツンデレっていうか結局はお嬢のため、みたいな方向に話しが進むんだろうと思ってたら。
マジでお嬢は眼中になく、ボスが全てにおける最優先事項、お嬢すらボスのために利用するっていう・・・
なにそれ萌えるんですけどおおおおおおおおおお
しかもモンドが能力背負ったその場に居合わせたのは子供のジョーリーだけ!
そのときのモンドへの信頼感!すでに賢く頭の良い子供ジョーリー!最高や!!!

はぁはぁ。
ジョーリーが素敵すぎたアニメでした。


◇超訳百人一首 うた恋
なんなのこの最近の百人一首ブームは!!!
嬉しいなんてもんじゃないよ!
しかもキャラデザ好みだし、話も面白かった!
毎週楽しみにしてたアニメです。
一週間たまったアニメの中でいつも一番最初に見てた。
まぁ史実やら当時の風俗的な点はおいといてってかんじではありましたが、平安時代を楽しく面白く、今でも十分共感できる文化として感じられる点においてはとっても良かったです。
唯一の後悔は、在原業平の話を見逃したことや・・・オリンピックとかで録画が消滅してもうた・・・。
でも面白かったなぁ。
平安の話なのにとても現代的な視点でさ。
和歌の背景に、生の人間がちゃんと生きてたんだぜっていうのがすごく伝わったよ。
和歌を楽しむ一番のポイントはそこだからね!
千年前の人間のリアリティのある生き様とか、遠い昔の話なのに今でも通じる情感とか、そういうところ。
あと地味にオープニングの曲の歌詞もよかった。
「ねぇきれいなこの月を一瞬で消せるなら、キスくらいはしてあげる」
詩的っていうか和歌的な香りのする表現だと思ったよ。
オープニングは画もよくて、男女の恋が全面に押し出されてて、かなりお気に入りでした。
毎回飛ばさずに見てた。
このアニメはなんというか、「源氏物語は内容知るとエロすぎる」っていう評価wにつながる面白さがありました。
歌にまつわるエピソードとかも、おいいいいそう持って行くのかよおおおおwwwっていう楽しさがあったw
まさか紫式部レズ説を取り上げるとかwwしかもめぐりあいてに絡めるとかwww面白すぎwww
だいたい全部こんな調子だったので、「知ってる話がアニメになってる」以上の面白さがあって全然飽きませんでしたw
原作も読んでみようかな。
有名どころはやっちゃってるけど、もっともっと見たいので2期ぷりーず。
できれば100人取り上げてくれw


◇恋と選挙とチョコレート
タカノ的に今期ベストアニメ。
予想に反して超面白い。
まぁ選挙をテーマにしたアニメなんだろうとはタイトルから思ってたけど、どうせ名前だけ選挙ってだけのトンデモ学園アニメなんだろうな、でもまぁキャラデザは好みだから3話くらいまで見てみるか。
1話の時点ではこう思ってた。
まさかここまで本格的な政治モノだとは思わなかったよ!
もしドラっぽいんだよね。
お堅いテーマを学園ものに真剣に取り入れたらどうなるか。
主人公の男の子を中心に、ヤンデレ幼なじみ、ツンデレライバルポジ、やさしいお姉さん、お色気担当大人の女性、ロリ、元気娘、双子、ネコ娘、貧乏キャラ、めがねっこ、男の娘などなど、たくさんの女の子が登場し、大部分が主人公に思いをよせるという学園ハーレムものの王道路線はちゃんと敷かれてある。
でも、このアニメで楽しいところは、そういう普通の学園コメディなのに、政治の部分が説得力を持って違和感なく描かれてるところ。
政治って言っても生徒会を中心とした委員会?なんですけど。
巨大な学園でリアルに大金も動いているという設定なので、この委員会がかなり力を握っていて派閥もある。
で、選挙というのは実際には生徒会長選なんですが、この生徒会長になるとかなりの権力を得ることができるらしく、様々な派閥が自分のところから生徒会長を出し、学園内で権力を持とうと暗躍する様子がリアルで面白い。
例えば・・・
・選挙は現政権が圧倒的に有利。お金も権力も持っているから。一度権力の座から落ちると、返り咲くには多大な労力がかかる。
・選挙には多額の資金が必要。しかしその資金を監視しているのは財務部であり、対立候補。ズルはできない。
・有力候補のマニュフェストの中で、有権者の反発が大きいと予想される公約に焦点を絞り、それに反対する候補者であることを強調する。
・自分と似た政策を持つ有力候補は、有権者の票割れの危険性が高くなるので中間選挙で落選してほしい。
などなど。
確かに学園アニメにデフォルメされているんだけど、リアル世界の縮図感がすごく出てて面白いです。
選挙の様子も、当確が出るのを固唾を飲んで待つ選対本部とか、一定時間ごとの支持率表示とか、あるあるってかんじw
もうあと1話くらいで終わりなの?先週まではもしかして2クール?とか思ってたけど、ここ2週間で一気に話が転がって、フィナーレ迎えそうだもんな。
2クールでじっくりやってほしかったなぁ。

話も面白いけど、他にも良かったところ。タカノ的に。
・対立候補の東雲皐月がくっっっっそかわいいいいいいいいい!!!!!!なにこのこ萌えるううううううう!!!!ドストライクすぎる女キャラだわ。こういうツンデレ大好物だわ。
・女の子の制服がかわいい!まぁおっぱい強調服ではあるが、ハイウエストからすとんと落ちるスカートのラインと、レースのひらひらが超かわいい!丈の短い上着もスカートの腰ラインが強調されてていいし、色もいい!この服デザインした人ぐっじょぶ!!冬は胸が超寒そうだけどね!(笑)確実に風邪ひくよね!(笑)

まぁ良かったところばかりでなく、いまいちなところもありましたが。
幼なじみキャラの子のエピソードはうーん、ちょっと怖かったw
あとお色気担当の先生ね。あああからさまに生徒に手を出そうとするのは、冗談なら問題なかったですが、本気で主人公のこと好きっぽいとわかってどん引きw
そのくらいかな。

それを上回る本編の面白さと、東雲皐月たんがいるから!!!!あああかわいいいい
ちなみに選挙的な面白さにおいては、現会長の貢献が大。
あの会長出てきてから、まるでマンチェスターユナイテッドにルーニーが投入されたかのように、劇的に話が面白くなった。
あと1話?2話?楽しみに待ってます。


以上、今期の視聴アニメ総括でした!
ラストまで見た(見るつもり)なのは、この4つですね。
あとは3話くらいでだつらく・・・録画消えてやる気なくしたのも含む・・・
いや、ほんとに面白いと思ったら、1話2話連続視聴途絶えても見るからね!
やっぱタカノ的に今期好みだったのはこれらだったということだ。

さぁ秋アニメはどんなのがあるかな~♪
サッカーフィギュアスケート旅行モーニング娘。とイベント目白押しなんだけどタカノ大丈夫なのかな~♪
今のところ目をつけているのはマギですねやっぱり。
マンガ買おうかどうしようか悩んでいるところだったので、アニメ化はナイスタイミング。
楽しみです。

Comment