オリンピック楽しいーーー!!
今日の女子柔道の松本選手が凄いキャラたっててびびったw
あの気迫すごすぎw
あんなメンチ切られながら迫ってこられたら、体が自然に逃げるわww
今日は女子も男子も寝技得意な選手だから楽しいです。
寝技大好きw蟻地獄のような寝技の連続技を見せてくれ!

ってことで、今日はいよいよ男子体操団体戦です!
頑張るよ!明日の仕事はもうしらん!頑張って起きてるよ!!
背水の陣の日本ですが、もうここまできたら、悔いのないよう思いっきり力をぶつけてほしい!

ではここで、ニワカ体操ファンタカノによる、超ライトな各種目見所解説を行います!
せっかくなので予習もかねて、本日の日本の試技順にいきます!

●つり輪
とにかく力業!二の腕の太いムキムキマッチョが勝利!この認識でおk!(えええ)
ポイントは、静止の時間が規定以上あること(2秒だっけ?忘れた。時間きっちり過ぎてますよアピールのため、最後にくいっとあごを上げることが多い)
静止の姿勢(体を水平にする技は、きっちり背中から足までまっすぐ、体が落ちちゃだめ)
静止のとき揺れないこと(手がぷるぷるしない、倒立のときゆらんゆらんしない)
と、どれも地味ながら力でねじ伏せないと無理!なポイント満載です。
でもやはり地味なので、着地の綺麗さは重要。
しかしそれでも地味なので、つり輪は、それほど演技のできばえ(Eスコア)に違いが出ません。
つまり、実施が多少乱れても演技構成点(Dスコア)が高いと、高得点が出る印象。
でも難度高すぎると、演技そのものがぶっこわれるレベルの失敗したり、他演技に影響が出たりするので、ほら、ね、やっぱ力勝負なんですよ。

●跳馬
跳馬は、着地乱れてもおkと思ってる。実際どうか知らないけど。
派手に2、3歩動いても、とにかくラインの中に入っておけば、そうそうできばえ点引かれないイメージ。
ラインは、片足でたらちょっとアウト、両足出たらもうちょっとアウト、膝や尻餅ついたらオワタ。というイメージ(適当やな)
でも、これもそこまでEスコア引かれない、とにかく枠内に立てばおkなので、技の難易度勝負。
予選で内村くんがやったシューフェルトという技は、6.6点の技ですが、これは跳馬がある程度得意なトップクラスの選手はだいたい飛ぶレベル。
次の7.0の技がいくつかあるんですが、種目別に出るような跳馬得意な選手はこれを飛んできます。
ただ、難易度上げると、それこそ枠内どころか立つこともできないような失敗も普通にありえるので諸刃の剣。
このクラスは多少尻が落ちようがラインから足が出ようが、立てば大成功!クララが立ったー!レベルで点が出ます。
一か八かだけど、とにかく二本足で立つことができれば、点が出やすいイメージです。

●平行棒
平行棒のポイントは、細かいところはわからないんですが、タカノでもわかるのはここ。
棒に手以外のところが触れたらガリガリEスコア削られる。足がちょっとかすったとかでもバレたらアウト。
あと、技の後に棒をちょこっと持ち替える人は点が出にくい。
そんなはっきりじゃないんだけど、握ったところをちょっとずらしてにぎにぎするようなイメージ。
上手い人は、つかんだところからそのまま次の技にいきますからね。
それからなめらかさも結構大事。回転中に不自然に止まったり、手がかくっとなったりして流れが止まるとアウト。
ぬるぬるした演技が美しい競技。
田中兄弟みたいな美しい実施は、見ててきもちがいいよね。
内村君の連続離れ技も好き。

●鉄棒
鉄棒はタカノのイメージでは、空中に飛ぶ手放し技と、鉄棒を手を捻らせたりしながら持ち替える技の二通りある。
で、見た目はどう見ても手放し技の方が派手で難しそうでかっこいいんですが、持ち替える技の方も劣らず難易度高くて点数が出るんですよ。
中国の選手はこの持ち替え技が多い印象で、ほとんど空中に飛ばず鉄棒の周りをぐるんぐるんしてるだけなのに高スコア。
この変が難しいw
でも鉄棒が着地ぴたっと止まると最高にカルタシスっていうか、背筋がぞくぞくするw
体操の華!やっぱ最後に見たかった・・・。

●ゆか
ゆかは、着地が超重要です。
なぜなら、着地が何回もある種目だから。
それぞれの着地で一回一回点数引かれるので、一つ一つの着地がとっても重要です。
あとラインから出たらアウト。このアウト感は跳馬の比ではない。
ゆかは沖口さんの足を90度に開いてぐるんと回るあの技が超好きだった。代表入りしてほしかった。

あああ団体決勝はじまったあああああ!以下ラスト!

●あん馬
あん馬は、ただ跳び箱の上をぐるんぐるん回ってるだけなように見えますが、正直体操選手ならみんなできるんじゃね?って思ってしまいますが、あれめちゃくちゃ繊細なバランスの上で回ってるらしいんですよ。
何よりリズムが大事。
ほんのちょっとミスするだけで、次の回転、次の回転とリズムが狂いだし、雪崩状態で台から落ちる。
落ちるときはみんなぽいっと降りるので、あきらめんな!とか思うけど、一度崩れたリズムを元の軌道に乗せるのは至難の業。
とにかくリズムよくミスなく、くるんくるんぽんぽん回ることが大切らしいです。
美しさで言うと、まず姿勢。背中が丸まらないこと、足が伸びてること、足先がぴったりくっついてること。
足先が割れるとけっこう減点。
あと腰の位置が高いこと。回転の速度が速いこともポイント。
あん馬はアテネの鹿島選手の演技がすっごく綺麗でかっこよかったです。
足が長くてしゅぱーと広がって、美しかったなぁ。


以上、もうテレビに集中します!
いろいろ書いてわかったことは、もともと好きな鉄棒、平行棒、ゆかは書くことあまりなくて、そうでもない種目の方が、感覚的に良さがわからないから意識して解説聞いたりしてて書くことあるってことw
間違ってること書いてるとこあると思うけですんまそん!
解説は今日も米田さんじゃないのか・・・。米田さん解説大好きなので楽しみにしてたのに・・・。

おおお鉄棒なかなか良いスタートではないか!
田中弟きりっとした顔が格好良く見えてきたぞw今日頑張ってね!
タカノさんは「弟」と名のつくものには弱いのです。
イギリスすげええええwwちょ、点の出にくいあん馬でそんな高得点ってどんな実施だったんだよ見たいいいいい!!!全部見たいいいいい!!!!

ああああみんな頑張れ!

Comment