今週のアニメ

土曜日はアニメの日。


「伊角の碁」

キタ━━━━(━(━(-(((゚∀゚)))-)━)━)━━━━!!!!!!

「俺は俺の碁が打てるだろうか。この中国棋院で」
みたいな台詞からのタイトルだと思われますが、そんなにカッコイイ活躍はしてない伊角さん。
それでもいっぱいでてきてくれて嬉しいです。

活躍するのはまだ先かぁ。次の回くらいかな?
と思ったら。


次は塔矢アキラ君天才ゆえの苦悩。

「え?誰だっけ」

素でそんなこと言う君が好きだ。
本当に自分にとって興味のない人間はどうでもいいんだな。
名前すら覚えないんだね。
興味さえあれば「進藤ヒカル!!!!」って学校にまで押しかけるのにね。

こういう人間ほんと好きです。
端から眺める分は。

塔矢君のこれと同様のエピソードでもう一つ好きなのは、最終巻の最後に2つ書き下ろし漫画がありますが、「庄司君と岡君」編。

ヒカル「あいつが今日のお前の対戦相手だぜ」
庄司君「こっち見た!!!」
アキラ「・・・・・。」クルッ
庄司君「無視だーー」
ってやつ。

あからさまに無視しすぎwww
そんなところ好きだよ塔矢アキラ。

さぁ来週から伊角さん覚醒です!
早く!早く!


・・・でも楽平たちがぺらぺら日本語話すのはやっぱり違和感が。
そこはアニメなので仕方がないですが。
伊角さんの言葉が分からないゆえのもどかしさも鬱で素敵なんですよねー。




種デス。

ステラの水葬からはじまりです。
いろいろ言われたシーンではありますが、純粋にきれいでもの悲しいです。

今回はAAシーンが少なかったので電波も少量で良い環境でした。
半分は議長の打倒ロゴス演説だったしね。
ここだけ聞くと普通にいいこと言ってるんですよね議長。
AAの人たちの不満顔はなんなんだ。
「そんな耳に心地いいこと言っても僕は騙されない。きっと腹の中では陰謀を企んでるんだろ」
ですか?
その台詞そのままお返しします。


ミネルバではフリーダムを倒すためにシミュレーション中のシンとレイ。
そこにアスランが・・・

「キラは敵じゃない!!!」

「(゚Д゚)ハァ?」







うちのアホがすみません
 
さ、部屋に帰るわよ。




はぁ。
シンの言い方が嫌みったらしくて素敵すぎです。
すっごく好きなシーンです。

シンかっこいいよシン!!


アスランもね。
M男の魅力全開だね☆
日本語不自由なのもデフォだもんね☆

仕方がないよね☆




orz







モンキーターンおもしろいいいぃぃぃぃぃ!!!!

洞口君イイヨイイヨ!
勘違い嫉妬( ´_ゝ`)プッ
いいわぁ。
プライドの高い男の嫉妬って、乙女心くすぐりまくります。

でも波田野君の嫌みのない熱血ぶりもさわやかで好き。

見ててイライラせず、純粋に燃えるアニメってほんと気分いいです。

漫画買おうかなぁ。(先週も言った)

Comment