スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近面白かったマンガ

マンガはちょくちょく買って読んでるんですが、最近面白かったやつを紹介しようと思います!


テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


表紙買いしたため、どんなマンガかさっぱり見当もつかず読み始めたんですが、面白かったー。

古代ローマでは公共浴場が盛んで、多くの浴場が作られていたってのは世界史で習った気がするんですが、そのローマの浴場建築士が、現代日本の温泉にタイムスリップ!
斬新な温泉文化に驚愕しつつローマに技術を持ち帰り、人気浴場を建築していくお話です。
まずね、この建築士のキャラが良いw
見た目は表紙どおりの彫刻みたいなガタイですが、くそ真面目な堅物、いかにも技術者ってかんじのキャラです。
本人はタイムスリップとは思っておらず、なぜか瞬間移動したと思ってて、日本をローマの属州だと思ってます。
誇り高きローマ人として、蛮国のはずの「平たい顔の民族」が、これほどアイディア溢れる浴場文化を持っていることにプライドが傷つきつつも、元来の技術者魂により、くそ真面目に分析し、ローマに帰って生かしていきます。

例えば・・・
ローマの浴場建築士、露天風呂に驚く!
「こんな風光明媚な場所に浴場を設けようとするギリシャ人も顔負けな美的感覚・・・我々ローマ人が水道だの巨大建造物の開発にうつつを抜かしている間に、平たい顔族はしっかりと原始的理点の便利さにも視線を向けてこんな画期的な屋外風呂を作っていたとはッ」
この真面目な驚き方が笑えるww
この後、温泉卵と熱燗にも心を奪われますw
この経験を元に、ローマの高官の家に露天風呂と、温泉卵とホットワインを紹介し、覚えめでたくなりましたw
みたいな小話がたくさんあります。

・日本の温泉とローマの公共浴場の違い
・日本の温泉文化をローマで実践したらどうなるか?
・建築士のキャラが楽しいw

の3点が面白い作品でした。
今3巻まで出てます。


次はこれ!


舞姫(テレプシコーラ) 第2部 5 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)舞姫(テレプシコーラ) 第2部 5 (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
(2010/12/22)
山岸 凉子

商品詳細を見る


あああ終わってしまったあああああ!!!
最終刊だなんて聞いてないよおおおおお!!!!
いや、この後どうするんだろうとは思ってましたよ確かに。
このお話は、綿密な取材と、作者の経験に基づいたリアルさがウリだったわけだし。
ローザンヌは取材に行ってたけど、今後プロなり留学なりしたらどうなるんだろう?
そこまで取材できるもん?とは思ってた。
だけど終わってしまうなんて…!
空美ちゃんとローラの関係も、はっきりと明示されないままだったし!
まぁ本人で間違いないんだろうけど、確かに山岸先生らしい終わり方だけれども!!それでも!!

かなり呆然としました。
だって、10年間買い続けてきたからね。
1巻表紙買いして以降、年1回の発行を心待ちにしてきた10年が、とうとう終わってしまった…。

六花ちゃんの今後の活躍が見られないのは悲しいです。
でも、よく考えれば千花ちゃん編で終わるかとひやひやしてたんだから、その先もちょっと見せてもらえたってことにしよう。
ヒカ碁みたいなもんだ。
一度キレイに?終わって、そのあともちょっとだけ続くんじゃ!みたいなさ。

ああでも喪失感…面白かったです山岸先生。
この作品と出会ったからこそ、シルヴィギエムを観に行ったし、日出処の天子も読んだし、たくさん新しい世界と出会えました。
本当にありがとうございました。
また次ぎの作品を楽しみにしてます。

まったく作品紹介になってないけど終わりw


次ぎも前に書いてるやつなので、さっくりと。


ちはやふる(12) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(12) (Be・Loveコミックス)
(2011/03/11)
末次 由紀

商品詳細を見る


ちょっと前だけど、もう6月に次ぎの巻が出るそうなので急げ!
この作品、少女漫画とは思えない発行スピードなんですけど、こういうのもあるんですね。
少女漫画って半年に1冊出たら良い方くらいなイメージだったのに、年4冊ペースだよ。嬉しいよ。

もうね、すっごい面白いです。
確実にアニメ化なりドラマ化なりすると思う。
そのときが待ちきれない。
漫画でも迫力あるカルタシーンだけど、これが動いたら!どんだけすごいことに!!
目新しい題材を使って、こんなに魅力を伝えられるってのは、本当にすごいことだと思います。
登場人物たちが、全身で「カルタって面白い」を表現してくれるのは、百人一首好きにとって嬉しいこと限りなし。

ただ、今巻一つだけ、突っ込ませてもらっていいかな?(今手元になくて記憶のみなんですが)

このシーン。
滋賀県大津の近江神宮で行われている高校選手権。
とある高校の選手が時間になっても現れない。
「まだ高速降りたとこ。事故で渋滞してて車が動かない。間に合わない」
と電話がくるシーンがありますね。

地元民タカノが嬉々としてつっこむと、
福井から大津にくるなら名神高速使ったに違いないので、この「高速出口」は大津インターと思われる。
が、大津インターから近江神宮までは様々に交差点があるので、横道で普通に抜けられます。
たとえ抜けられないところで動けなくなったとしても、JRと京阪の駅がちょいちょいあるので、走って駅までいくことも可能。
ちなみに、大津インターから近江神宮までは、車で15分くらい。近いです。

これが大津通り過ぎて京都東インターまで行ったらちょっと厳しいが、それでも横道に抜けられない場所は山科からの逢坂の峠道くらい。
ここで渋滞にはまると、車はどうにもしようがないが、この道には平行して京阪が通ってるので、駅まで走れ!大谷くらいまで走れ!

ってことで、渋滞が原因なら、他に手段あるよーって突っ込ませていただきますw


次はー


聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


これも面白かった!
結構いろんなとこで宣伝みかけますね。
イエスキリストとブッダ、世界3大宗教の創始者2人が、天国から地上、日本の東京の下町に遊びに来るお話です。
宗教観が崩壊している日本人にしか書けないお話だと思うw
二人とも「お忍び」できてるので、町内の人とかにばれないよう気にしつつ、日本文化を堪能します。
基本的な反応は「日本観光を楽しむガイジンさん」なんですが、そこは神と仏なんで、様々にカルチャーショック?があって面白いです。
ブッダは、昼寝してると涅槃と勘違いした鳥や動物が集まってきちゃったり。
イエスは、気合い入れてプール入ると、モーゼの海割れができちゃったり。
「ダメー!!ダメだよ!!私たちが神と仏だってばれちゃうよ!!」と言いながら、日本を楽しむ二人w

特に好きなのは、二人の弟子たちですw
「イエス様マジパネェっすwww」ってノリのペテロとパウロ。
ブッダに会うとズサー!!!と五体倒置して嬉し涙を流すイケメン弟子アナンダ。
あと「どうせユダなんで…」とか自虐ギャグが全開のユダ好きだw

あと好きなのは、怒ったときや、慌てたときに出る説法口調のブッダかなw

このマンガを買ったとき、本屋で隣に手塚治虫のブッダが並んでて、「何最近ブッダブームなの?」とか思ったんですけど、読んでわかった。
このマンガ手塚治虫のブッダネタが多いw
私は読んだことあるんで知ってましたが、あれ読んでおくと、ますます楽しめると思いますw
普通にさすがの名作なのでこっちもオススメしとこうwまた読みたくなったなw

ブッダ (第1巻) (潮ビジュアル文庫)ブッダ (第1巻) (潮ビジュアル文庫)
(1992/12)
手塚 治虫

商品詳細を見る



そして最後!


進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る


これを紹介したくて記事書いたようなもんですよ!
やばい、超面白い!!!

絵はそんなにキレイじゃないし、アフタヌーンに載ってそうな懲りまくった設定なんですけど、ぐいぐい読ませる勢いがすごいよ。
世界観に引きずり込まれるっていうか。
どんどん先を読みたくなる。

設定が膨大で説明大変なんですが簡単に。

この世界には「巨人」がいます。
イメージは、ナウシカの7日間で世界を焼き尽くしたあいつら。
火は吐きませんが、とても暴力的で知能が無く、人間を食べます。
こいつらのせいで、人類は滅亡寸前に追いやられ、生き残った少数は、高さ50メートルの巨大な堤防の内側のみに生存圏を狭められました。
それから100年。
巨人は塀の中には入ってこず、巨大な塀の内側で人類はそれなりに「昔は外に出れたらしいねぇ」レベルの穏やかな生活を送っていました。
その平和が壊されます。
50メートルの塀を破る巨大な巨人(突然変異?)が出現、再び人類は巨人の恐怖にさらされます。
その際親を失ったエレンが主人公。
「この世から巨人を駆逐する」と強い意志を胸に、兵士になります。
しかしエレンには、巨人と密接な関わりがある謎があり…?

というお話。
描かれる巨人がどうにもキモくてグロいんですが、それでも続きが気になって読んでしまう。
なんというか、すごい説得力があるんですよね。
これだけのファンタジー設定なのに、全てに背景というか理屈があって、「そういう世界なんだ」というのを納得させられてしまうというか。

あと、戦闘シーンがかっこいいね。
巨人は再生能力というやっかいな力があり、砲弾受けても腕を落としても目を潰しても、1分で元に戻ってしまうんですが、うなじを攻撃すると消滅するという弱点があります。
ただ10メートルとかの巨人なんで、人間が対抗するために、この世界では跳躍を何倍にもする特殊な装置を用います。
これを使っての、ひゅんひゅん飛びまわりながらの戦闘シーンがカッコイイ。
アニメにしたらハデだろうなー。楽しみだなー。

容赦なく人が死んでいくので(それも無残に)、キャラに感情移入したらこっちも死にそうになること間違いないんですが、それでもあえて言わせてもらう!
リヴァイ兵士長が萌える予感!!!!
いや、まだあまり出てきてませんからね!!
どうなるかわかんないけどね!!
なんか久しぶりに超好みの設定キャラっていうかね!!エリート萌えの血が騒ぐっていうかね!!
活躍するのを楽しみにしてます!!!

4巻出たときは、発売当日本屋に行きました。むしろ前日に早売りしてないかチェックに行きました。
当日買いとか久しぶりだよ…。
5巻が出るのが待ちきれない!!
4巻はちょっと早めに出したみたいなんで、まだ先だと思うんですが、楽しみです!! 
おすすめ!!! 

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。