スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク3日目!

前日の就寝時間3時前。
予想どおり寝坊して起床8時過ぎになってしまいました。
今日はニューヨークを離れボストンに行く予定なのに。
朝から失敗状態の目覚めです・・・。
ってことでニューヨーク3日目!
こっからすさまじい弾丸道程のはじまりはじまり~!
P1020983_R.jpg
フロアに一つくらいの共用洗面所。
ドライアーが使えるのは嬉しいけど、温風の勢い小さすぎて時間かかる・・・。

P1020984_R.jpg
こっちはシャワー。
プールのシャワー室みたいに、複数並んでいます。
もうどうせ寝坊したしってことで開き直ってのんびり朝シャン。

P1020987_R.jpg
無料の朝食で腹ごしらえ。
今回は飛行機代がくそ高かったので滞在費はなるべく切り詰めてます。

P1020993_R.jpg
ボストン行きの列車が出ているペンシルベニア駅に到着!
時刻は10時半頃。
カウンターでチケットを購入しましたが、ショックなことにチケットが取れたのは午後の列車。
何それ・・・ボストン着くの3時過ぎるやん・・・ほぼ日暮れやん・・・オワタ・・・。

P1030001_R.jpg
寿司屋?があった。
提灯もぶらさがっててなかなかの日本アピール!

P1030002_R.jpg
時間がありあまってしまったので外に出て見る。
ペンシルベニア駅はニューヨークのど真ん中にあるのです。

P1030006_R.jpg
一昨日登ったエンパイアステートビルも見えるよ!
朝日を浴びる姿もまた格別!

P1030011_R.jpg
タイムズスクエアから北側は近代的なオフィスビルが並んでたんですが、この辺は結構レトロな高層ビルが多く、1900年代前半のニューヨークって感じで雰囲気素敵でした。
大恐慌とかあの辺の時代の古き良きアメリかってかんじ。素敵!

P1030013_R.jpg
信号機。
このなんちゃらアベニューとかストリートとかの指示板がニューヨークっぽい。

P1030019_R.jpg
どこに向かっているかというとタイムズスクエアです。
昨日は夜の姿ばかりだったので、昼間の姿も見ておこうかなと。
ちょうどペンシルベニア駅から徒歩圏内だし。

P1030021_R.jpg
昨日いやというほど見てた背後の電光掲示板。

P1030030_R.jpg
そしてこちらが東芝ビジョン。
見事に逆行wwせっかくなのに画面暗いww

P1030027_R.jpg
道はもうほぼ綺麗にされていて、昨日あれだけ大勢の人間が大騒ぎした場所とは思えません。

P1030047_R.jpg
夜の方がやっぱりきらびやかでギラギラしてて、エンタメ臭やばい異世界的な雰囲気が楽しかったけど、昼は昼ででっかい建物とビジョンが華やかです。
タイムズスクエアってニューヨークの中心なんだなと納得。

P1030039_R.jpg
ライオンキングの劇場を発見。
おお見たい!
そういえばブロードウェイでミュージカル鑑賞って考えてなかったなぁ。
行ってみちゃう??行っちゃう??

P1030041_R.jpg
とはいえ弾丸旅行中。
明日なら見れるかなと思ったけど、時間的に無理そうだ。
一日二三公演するのかと思ってたけど、1日1公演なんですね。年始だからかな?

P1030042_R.jpg
ああでも見たかったなぁ。未練・・・。
なんで思いつかなかったんだタカノのバカ・・・。

P1030055_R.jpg
ペンシルベニア駅に戻ってきたよ!

P1030065_R.jpg
このでかい掲示板。
ここに電車の到着ホームが表示されます。
なのでみんなこの広場で待機して掲示版を見上げている。
到着10分前くらいにホームが表示されたら、写真のように一斉にホームに向かいます。
ホームで電車待ちってしないんだよね。

P1030066_R.jpg
これがまたぎりぎりまで確定しないんですよ。
タカノの電車は5分前まで表示されなくて、かなりどきどきでした。
あれだよね?あそこに表示されるであってるんだよね?もしかして別のところにもう表示されてるとか?だってあと5分しかないんだよ?やばくない?ドキドキ。。
無事表示されてからは超早歩きでホームに向かいます。
時間が無いなかホームにたどり着けるのかとかなり不安に思ってましたが、表示されたとたんそこら一帯にたむろしてた人が一斉に同じ方角に動きだしたのですぐわかったw
みんな同じ列車に乗る人だったんだねw

P1030068_R.jpg
自由席が速攻で埋まってしまって、タカノは座れませんでした。
しかたがないのでフードサービスのカウンターに陣取る。
小さい椅子で座り心地は最悪だけど、立ちっぱなしよりはマシだ!

P1030076_R.jpg
こんなかんじの広大なアメリカの景色が延々と続く。
大都会ニューヨークもいいけど、ここまで真っ平らな地平線が続くのも、アメリカっぽくて素敵。

P1030088_R.jpg
あの向こう側は大西洋だぜ!!

P1030107_R.jpg
ボストン着いた!
お世話になりましたアセラ。
アメリカって新幹線がないから、この特急が最速の電車なんですよね。

P1030108_R.jpg
電車より飛行機の需要が高いってすごいよね。

P1030109_R.jpg
ボストン着いたーー!!
もうすぐ4時!オワター!!

P1030115_R.jpg
さぁ日没との勝負がはじまるよー!(またか)
こちらボストン湾!
橋で隠れてしまってますが、向こう側には大西洋が広がります。
ここに来たのはもちろんこれが目的!
ボストンティーパーティの現場がここ!たぶん!

P1030126_R.jpg
ボストンの街並み。
思ったよりも高層ビルが建ち並んでます。

P1030132_R.jpg
歴史ある街らしく、石造りの建物も多いです。
この辺はたしか一番の繁華街。

P1030139_R.jpg
そんなところにももちろんあるよ!セブンイレブン!

P1030149_R.jpg
こんな感じで建物密集してます。
道が狭いんだよね、どこに行っても。
アメリカのズドーンとしただだっ広いイメージを覆す、ヨーロッパさを感じます。
いいねぇこういう歴史の重みを感じる街は大好きだ。

P1030152_R.jpg
さぁ次の目的地についたよ!
日が暮れたよ!(涙目)
ここはパークストリート教会。
ボストンの目印!

P1030156_R.jpg
パークストリート教会の前に広がるのはボストンコモン。
アメリカ最古の公園です。1600年代からあるらしい。
独立戦争時にはイギリス軍の駐屯地でした。
独立戦争の始まりとなるレキシントン・コンコードの戦いにも参加した部隊です。

P1030160_R.jpg
この赤い線はフリーダムトレイル。
ボストンの主要観光地を結ぶ線です。
この線にずっと沿っていけば、ボストンで見るべきものが全部見れちゃうというありがたい道しるべ。

P1030162_R.jpg
馬車を発見!
おお車さえなければタイムスリップしたようだ。

P1030168_R.jpg
グラナリー墓地。
独立革命時代の愛国者が眠る墓地だそうで、独立宣言書に署名したサミュエルアダムス、アメリカの父ベンジャミンフランクリンの両親なども眠る由緒ある墓地です。
一個一個じっくり見てまわりたかったよ・・・。

P1030169_R.jpg
キングスチャペル。
イギリスが市民の反対を無視して作ってしまった英国国教会。

P1030176_R.jpg
旧市庁舎の敷地内の立像は、アメリカの父、ベンジャミンフランクリン像です。

P1030184_R.jpg
うーん、良く見る写真は青々と生い茂る木々に囲まれた像なんですが、真冬の夕暮れなのでかなり寂しいことに・・・。
とはいえ、100ドル紙幣に載ってる、アメリカ人の理想象といわれる人物の像が見れて満足。

P1030180_R.jpg
近くになぜか可愛いロバの像もありました。
フランクリンってロバに縁あったっけ?

P1030187_R.jpg
オールドサウス集会所。
1700年代には市民の討論開場として使用されていた教会ですが、ここでの茶税についての討論が、ボストンティーパーティを引き起こすきっかけとなったそうです。

P1030196_R.jpg
本日メインの場所に来ました。旧マサチューセッツ州議事堂。
ボストンで最も古い建物です。
そしてアメリカ独立宣言がボストン市民にはじめて読み上げられた、独立史における記念すべき場所でもあります。

P1030198_R.jpg
独立宣言書が読み上げられたのは2階のバルコニーからということなんだが・・・バルコニーなくね?

P1030199_R.jpg
反対側に回って、あったあった、思いっきりバルコニー。ここか!
今タカノが立ってるこの場所で、240年前はボストン市民が万歳三唱してたのか・・・と思うと感無量。

P1030201_R.jpg
これはマンホールじゃないよ。
ボストン虐殺事件の跡地の目印です。
ボストン虐殺事件は、イギリス軍人とボストン市民の小競り合いが大きくなった結果イギリス軍が発砲して死者が出た事件。
反イギリスの風潮を大きく後押しすることとなった事件で、アメリカ独立宣言の中でも触れられています。

P1030203_R.jpg
場所は旧州会議事堂のすぐ前。
距離感こんなかんじです。

ボストン巡りは以上。
もうほんとにね、8割暗闇だったっていうのが心底悔やまれる。
ボストンの史跡を巡ってみて、アメリカの独立にとても重要な土地だったということがよくわかりました。
この街で独立の考えが生まれ、正当性が討論され、気運が高められ、実際に行動に移され、最終的に独立宣言書が読まれたと。
ボストンは思った以上にこじんまりしてて、独立関係の重要な史跡もそれぞれ徒歩5分とかそのくらいしか離れていません。
それだけに、実際に人々が生活していて、その中で独立の考えが浸透していったのがよくわかりました。
やっぱり本やテキストで読んでるだけでは得られない生々しい実感を体験できるのが、現場に足を運ぶ醍醐味ですよね。

P1030225_R.jpg
本日の飛び込みホテル。
連日相部屋が続いたので今日は1人部屋にしてもらいました。
真っ白でかわいい壁の続く廊下。

P1030241_R.jpg
ちょっと休憩してすぐ晩ご飯を食べに外に出ます。
目的のお店へ向かって歩いてる途中、ふと見たらこんな建物。
よく読んだら「バークリーカレッジオブミュージック」。
バークリーかよ!超有名な音大だよね?ボストンにあるのか。ってかここかよ!!
さすが学術都市ボストン。
ハーバードとかMITしか知らなかったけど、バークリーもあるんだねぇ。

P1030245_R.jpg
さて今日の晩ご飯。
ボストンと言えばクラムチャウダーとシーフード。
ビールも一緒に頼みました。

P1030246_R.jpg
このクラムチャウダーがね。
くっっっっそおいしかった。
背筋がしびれるくらいおいしかった。
もう本当に、濃厚でクリーミーでシーフードたっぷりで、上手く言えませんが衝撃的なおいしさでした。
今回の旅でぶっちぎりのナンバー1。
今でも思い出すもん。ふっと食べたくなるもん。
日本でもお店で頼んだり自分で作ったりしてみたけど、似ても似つかないんだよなぁ。
マジでこれおいしかったです。
このクラムチャウダーを食べるためだけにもう一度ボストン行きたいなってくらいに。

P1030250_R.jpg
もう一つの名物、ロブスター。
もうクラムチャウダーがおいしすぎてもう一杯おかわりしようかなって頃にでてきたんですが。
まずは量にわろたwww
クラムチャウダーのセットについてたパン食べなきゃ良かった・・・。
このロブスターサンドは、とにかくロブスター山盛りで、物理的に口に入らなくて困りましたw
ロブスターって初めて食べたんですが、予想を遙かに上回る弾力でびっくりした。
なんとなくカニ肉っぽいのかなと思ってましたがとんでもない。
ぷりっぷりなんですが、とにかく噛み応えがある。
というか噛んでも噛んでも口の中からなくならないというか、若干カサは減るもののずっと一定の体積を保ち続けて存在する。
ぷりぷりしたガムみたいっていうか。
最後はガムを丸呑みするように、ロブスターの塊を飲み込むしかない。
ただでさえ量が多いのに何度も噛みまくって最後は丸呑みなので、異様にお腹が一杯になります。
せっかくの海外だし、多少の無理はしても平らげたかったんですが、本気でどうしても全部食べられませんでした。
全部食べなくてごめんなさいと良いながら会計をお願いしたら、テイクアウトする?と聞いてくれた。
そんなことできるのか!ぜひお願いします!!ってことで包んでもらいました。
朝ご飯になってちょうどよかった。

このレストラン、食べたのはカウンターだったんですが、従業員のお兄さんが気さくな人でいろいろカウンターの中から話しかけてくれて楽しかったw
ありがとうございました。

P1030254_R.jpg
帰り道、日本のどんぶりもののお店を発見。

P1030256_R.jpg
本日の寝床です。
夜遅くまで歩き回ったからぐったり。

明日こそは早起きして出発しなければいけません。明日は必須。
飛行機でワシントンに飛びます!

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。