スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画シャーロック・ホームズ

書き忘れてましたが、もう一年滋賀にいることになりました。
転勤できなかった…あれだけお願いしたのに…
まぁそうですよね、イレギュラーが認められるのは結果を出してる人だけですよね。
でも正直、私がここにいても会社に何のメリットもないばかりか、デメリットばっかりだと思うんですけど…
そんな細かいこと気にはしてられないですよね。うんわかる。
わかるけど…もう一年この部署とか…やっていけるだろうか…
しかもなぜか滋賀でトップポジションとかないわ…
逆やって。逆にしてほしかったんやって。
滋賀オワタ。実情知ってる人は必ずそう思ってる。滋賀オワタ。
この一年、本気で死ぬ気で仕事しないとやばそうです。
来年は確実に転勤できると思うので(たぶん)それだけが心のよりどころです。

と言っておいて、金曜はレイトショーで映画を見てきました。
結構夜遅くまでやってるんですね。
映画見たのとか久しぶり…4年ぶりくらい?
就職してからは確実に初めてです。

見に行ったのはシャーロックホームズ。
オリンピックのCMでちょくちょく流れてるのを見てたんですが、何がいいなと思ったかって、ロンドンの街並みですよ!
国会議事堂、タワーブリッジ、おおおおお行ったよそこ行った!って映像が多くて、絶対見に行こうと思ってました。
ラジオで今日公開!と宣伝されてるのを聞いて、今日なのか!と突発的に行ってみることにした。
なので公開初日です。

シャーロックホームズ自体は、ほとんど知りません。
何度も言うが、私はルパン派だ。
一冊くらいは読んだことある気がするんですが、何も覚えてない。
なので、ごく一般的なイメージと、コナンからの知識wしかない状態で見てきた。

推理モノかと思ったらアクション大作だった。

ホームズとワトソン、イメージ的に逆だったので衝撃だった。

漂うガチ○モ臭さに唖然とした。

この三点が印象に残りました。(特に3つ目)

一つ目、推理モノっていうよりアクション映画、これはCM見たときからそうなんじゃないかなーと思ってました。
逆に、渋い推理モノだったら見に行かなかったかもしれない。
アクション映画としてはかなり満足の出来です。
ピストルや武器を使用するよりも肉弾戦が多く、ドゴーン、バコーンっていう殴り合いがかなり爽快。
私のホームズ像は、性格はぼんやりとしかイメージ無いですが、見た目や振る舞いは「イギリス紳士」を体現したような人だったので、そのギャップには爆笑でした。
こう、あの有名なマントと帽子をかぶって、虫眼鏡とパイプを持ってて、革靴コツコツいわせて歩いてるような。
それが、地下の賭けボクシングで肉々しい上半身露出して殴り合いとかw
スナッチを思い出すなーと思ってたら、監督スナッチと同じガイリッチーかよ!
ちょwそれって逆に表現の幅的にどうなのww
まぁとにかく、この映画のホームズは、スナッチ見たことある人なら、あれにでてくるブラピですって言えば雰囲気わかってもらえると思います。
要するに、私のホームズ像とは何百マイルもかけ離れてて面白かった。
でも調べてみたら、本家ホームズもボクシングはプロ級の腕前なんですね。
私のイメージが間違ってたのかもしれません。

推理の点は、正直よくわかりませんでしたw
それなりにあやしいなってところはあるんですが、その種明かしがラスト10分くらいでダダーっと一気なもんで、あ、そうだったんだ?とよくわからないながらも納得するしかないっていう。
それよりゴリ押しアクション展開が面白いので、気にはなりませんでした。
というか忘れていた。推理モノってのを忘れていた。
だってこのくらいの謎解きはそのへんのアクション映画でも普通にあるからね…。
ということで、この映画のイメージというか心構えは、「推理サスペンスの要素がスパイスとして効いているアクション映画」です。
面白いよ!

ホームズとワトソンのイメージについて。
上でも触れましたが、ホームズはイメージと真逆で面白かった。
痩身でインドア派だと思ってたんですが、テラ肉体派で吹いたwww
ムチムチボクサーなホームズってwww
原作もこうなの?たしかに一般に流布してるイメージは原作には出てこないとか聞いたことある気がするけど、ここまでってアリなんですかwww
むしろ、ワトソンの方が私のイメージするホームズってかんじでした。
というか最初素で逆だと思ってて、話がよくわからなかったw

ワトソンについては、ホームズ以上に前知識が無いので、そういうもんだといわれればそうかもしれないとは思いました。
ワトソンのイメージは、ごく普通の一般人というか、ホームズがサイヤ人としたらワトソンがクリリンというか、ホームズに比べたらそりゃ能力劣るかもしれないけど、一般的に言えばごく一般的な人、というイメージでした。
でもホームズによく皮肉られてるイメージが強く(君はそんなことにも気づかないのかね?ワトソン君、みたいな)ちょっとドジっこ属性あり?くらいのイメージでした。
それがこの映画では。
超かっこよかった。ジュードロウかっこよかった。
むしろホームズが変人すぎて、ワトソンの常識人ぶりが際だっててかっこよかった。
能力差はあるけど、のだめと千秋みたいなボケツッコミコンビでよかったです。

ワトソンの出来ない人イメージは、ルパンとごっちゃにしてるのかもしれないな。
ルパンにも、語り部として「わたし」という存在が出てくるんですが、これは本格的にルパン>>>>私な形で、「私」もそれを当然(だってルパンが凄すぎるし)と思ってる。
皮肉や(愛のある)バカにした発言を受けても、ムッとするくらいで、ルパンなら仕方ないと許すんですが、ホームズとワトソンは、結構対等な関係なんですね。
少なくともこの映画では、ホームズがワトソンをかなり頼りにしてて、信頼してんだなってのが伝わりました。

というか。

続きの三つ目については隠して語ります。
腐視点全開なのでご注意ください。

あとこの映画はやっぱロンドンの街並みを中心とする映像が良かったなぁ。
国会議事堂もね!思いっきり舞台でしたからね!
国会議事堂から飛び降りてテムズ川ドボーンとか、まさにあの光景のあそこから!ってリアルで思えたのが楽しかったです。
クライマックスはタワーブリッジだし。
そこ、その場所こないだ行ったよ!登ったよ!ってね。
全体的な雰囲気も、ロンドンの渋さが存分に出てて、見てるだけで幸せだった。
映像だけでも何度でも見たくなります。

映像といえば、一場面でのカメラの切り替えが多かった気がする。
映画を見たのが久しぶりなので、そういうのが流行ってるのかこの映画の特徴なのかはわかりませんが。
視点がころころ切り替わって、ちょっと目がまわりそうでした。
しっかし映像技術は進歩したよなぁ。
ロンドンマジ綺麗だった…。

あ、あと、ロンドン舞台なだけあって、出てくる人がみんなクイーンズイングリッシュなのは痺れましたね!!
もうほんと最高。これイギリス好きにはたまらん作品だった。
観て良かったです。

続編も既に決まってるそうで、今から楽しみだ。
久しぶりに観た映画が当たりでご機嫌なタカノでした。





どうでも良いが、ジュードロウが年取ってたのが衝撃だった。
私にとっての彼は、AIから止まってますからね。
そしてよく考えたらそのころから10年近く経ってるっていう…時の流れは恐ろしい…
あの美青年は「年を取る」とかそういうところからは外れたところにいる気がしてたのに、やっぱり人間だったんだね…w

あとこれもどうでも良いですが、ホームズ観たらやっぱり思ってしまう。
誰か最新映像で、アルセーヌルパンを映画化してくれ!!!
セーヌ川にドボーン飛び込ませてくれ!!
華麗な柔道を披露させてやってくれ!!!!お願いいいい!!!!!
普通にびっくりした。
え、これ普通にゲイとかそういう関係?とナチュラルに思った。
怪しいとかいうレベルじゃねーぞ!
ホームズ、ワトソンのことどんだけ好きなの?

舞台が、ホームズとワトソンの同居解消ってところから始まるんですが。
まず、原作知らないタカノとしては、この二人同居してたんかい!ってところからツッコミの対象だったんですが。
同居解消の理由として、ワトソンが結婚を決めたんですね。
その婚約者をホームズに紹介しようとするんですが、ホームズが拒否。
嫌だ嫌だとだだをこね、結局連れて行かれた食事の席で、婚約者を口撃。
その態度に切れたワトソンから「コンビすら解消だ!」と言われ、ショックを受けるホームズ。
どうにかワトソンの気を引こうと忘れ物してみたり、事件を匂わせてみたり(好奇心旺盛なワトソンへの撒き餌)。
ルームメイトが結婚するからって、どう考えてもその反応はおかしいだろ…と、萌えを通り越して呆れるくらいのワトソン好きっぷりでした。
ワトソンはワトソンで、ホームズを見捨てる発言を何度もしておいて、ピンチに駆けつけて身を挺してかばうというツンデレ全開。
まぁワトソンは、まだともかくとして、ホームズはおかしいだろ。
明らかに不自然だろ。

ガチじゃないと言い張れる要素がどこにもないくらいのガチっぷりでびびりました。
これ一般の人引くんじゃない?どう考えてもおかしくない?大丈夫?
日本で作られてたら、「腐女子迎合乙^^」とフルボッコにされそうだ…イギリスすげぇ…。

続編では完璧に結婚してると思うので、そこでどういう態度を取ってくるのか、ちょっと楽しみだったりしますw
完全スルーでもそれはそれで今回の錯乱ぶりが際だつというおいしさw
個人的には、アイリーンアドラーが峰不二子みたいで好みだったので、そっちももうちょい掘り下げてほしいな。
最後の、「弱みを握られてるの」は、「弱み」=「ホームズ」ってことですよね。
何その萌えるシチュエーション…!!
今回、ホームズとワトソンのいちゃいちゃっぷりに霞んだ感があるので、続編ではぜひ頑張ってほしいところです(笑)
もうちょい男勝りでもいいんじゃないかと思うんだ。
続編に期待!

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。