スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスオアアライブ

先日会社の後輩と飲んでたんですが、彼女、大学時から長期休みの度に外国に放浪の旅に出るという猛者なんです。
それも観光コース♪とかじゃなく、もちろんパック旅行でもなく、ガチでサバイバル上等の放浪の旅。
こないだはベトナム、その前はヨルダンなどの中東。
アメリカは一周してるしアフリカはモロッコ行ったそうだし、もう地球上行ったことない大陸は南アメリカ大陸だけっぽい。
一度その話をじっくり聞きたかったんですけど、やっと機会ができた。

やっぱ行動力ある人の話は面白いですね。
中でもへえと思ったのは、トルコの話。

トルコの親日っぷりはガチらしい。

いやネットではエルトゥールル号の話が有名だし、トルコは親日というイメージもあったのですが、話半分に聞いていたもので。
本当だったんだなぁとびっくりでした。

どのくらいかというと、どの飲み屋に行っても、日本人と知るや否やスペシャル待遇を受けられたとのこと。
「何人?」「日本人」「おおおおジャパニーズ!!ようこそようこそ!!」てなかんじで。
デザートが一品多かったり。
ワンドリンク無料になったり。
ちなみにとなりの席の韓国人はガン無視されてぶち切れていたそうな。
そりゃ同じ金出してる客なんだから怒るわw

親日の理由も、やはりエルトゥールル号の件だそう。
「この話はみんな普通に知ってるし、日本人は礼儀正しくて良い人ばかりだから、トルコ人は日本人が好きなんだ」
と言われて、ものすごく感動したそうです。
どのトルコ人も皆優しくて、世界各国渡り歩いている彼女イチオシの国とのことでした。

トルコいいよねトルコ。



さて次は。

クイーンズイングリッシュって萌えるよね。

ってお話をしようと思います。

もともとヨーロッパ好きのタカノですが、きっかけは小学生のころの愛読書、アルセーヌルパン全集の影響。
ルパンテラカッコヨス。
あのキザっぷりと紳士っぷりは、純粋な少女タカノ(元)を虜にしまくってました。
おかげでフランス大好き、フランス語もフランス通過も大好き。
ユーロ導入されたとき、フランスの誇りはどうしたああああああああ!!!!!!と喚いてた気がします。

で、ルパンファンにありがちなことだと思うんですけど(いや私だけかもしれないけど)
アンチホームズでした(笑)
いやだって、「ルパン対ホームズ」って話があるんですけど、そこでルパンの恋人?がホームズに殺されるんですよ(やむを得ない事故だけど)
あれはルパンの作者が書いた話なので、ルパンがヒーローなのは当然わかってるんですけど、それでもああああああああって気持ちがねw

というルパン好きが高じて、フランスという国自体があこがれの国でした。
で、当然というかなんというか、

イギリスをライバル視。

なんやねん…お前アジアの端から関係無いにも程がある…。

でもルパンだけじゃなくてですね。
中学生のころからは洋画と洋楽に嵌りだしたんですが。
アメリカ英語どっぷりで、イギリス英語が鼻につく鼻につく。
洋楽で好きジャンルが黒人系ヒップホップなのもダメだったんですよねw
ブラックアメリカンの英語はかなり舌足らずでジャンクなかんじというかなんというか、イギリス英語と対極なんですよね。
アレに慣れたらイギリス英語は、超上から目線に聞こえるんですよ(笑)
ハリウッド映画でイギリス英語しゃべるキャラが出てきたら、8割がたプライドの高いキザったらしいヤなキャラの役なのもあるかなw

だがしかし。
社会人になってから、これに萌えを感じるようになろうとは。
クイーンズイングリッシュかっこいいいいいいいい萌えるうううううう!!!
きっかけは全てへたりあですけどね。
このイギリスが無条件に苦手なタカノの嗜好を直してくれた、これだけでもへたりあ様様です。

だいたい今までもイギリス英語の感じ方が「プライド高そうで鼻につく」だったって、それタカノのストライクゾーンまんまじゃねーか!なぜ気づかなかった!
一度好意的に捉えると、そこから坂を転げて行きますよね仕方がないですよね。

今まで「こいつの話し方がヤダ」と思ってた映画を片っ端から見直してきました。
あああああなんかもう出てくるだけで萌えるしゃべるだけで萌える。
オススメは、タイタニックのヒロインの婚約者、キャル可愛いよキャル。
あとドラマ「24」シーズン3の敵役。あの人のあのキャラのしゃべり方はまさにクイーンズイングリッシュ萌える。

ということで、イギリス拒否症状が完治、むしろ逆に萌えたぎってどうしようもない病にかかってしまっています。
180度にもほどがある。
ハリーポッターも好き、マスターキートンも好き、そうだよ私イギリスの雰囲気大好きじゃん!!
ああ萌える!

へたりあありがとう。
心おきなくイギリス好きになれて本当にうれしいです。
あ、へたりあのキャラのイギリスも好きですよ。



ということで。
聖地巡礼に行ってこようと思います。

ちょっくらロンドン行ってくるわ。

上の後輩の話と一つにまとめたのは理由があったんですよふはははは。
だって彼女、今年の年末旅行はロンドンに行くって言うんだもの。
ちょ、今人生初にして最大のイギリス萌えがたぎりまくってるタカノの前でなんてこと言うんだよ。
しかもロンドンってフランスもすぐそこじゃん??パリも目と鼻の先じゃん???
つかヨーロッパ好きなんだってそして行ったこともないんだって行きたいんだってお願い私も連れて行って!!!

パック旅行は嫌い、国内なら断然個人旅行というか一人旅行が最高。
だけどさすがに国外は一人じゃ無理。でもパック旅行はやだ。
このもやもやを一気に晴らしてくれる救世主登場ですよ。
しかも来年は私が移動の可能性もあるんで、今を逃したらもう一生行くことはないかもしれない。

彼女は快くOKしてくれました。
「全然いいですよー!でも、私の旅行やばいですよwスーツケースとか持っていかないですからw」
「??じゃあ荷物どうするの?」
「バックパックの方が移動に便利なんですよ」
「??移動ってそんなにする?ホテル置いておけばいいんじゃないの?」
「泊まるところ毎日違いますから」
「(…なぜに?)どういうところ泊まるの?」

「野宿とか?」

「はい?」
「あと空港とか?」
「はい?」
「ホテル泊まってもまずお湯出ませんねーwむしろ水も出ないのも普通ですしw男女相部屋も多いですねーw」

予想外なサバイバルでした。
というか予想できません。どんな宿やねん。
外国で野宿って、そのまま死にそうなんですけど大丈夫ですか。

いつもいつも外国旅行って、お金どうやって工面してるのか不思議だったんですがなるほど。
飛行機代以外ほとんど使わないらしいですよ。
とりあえず向こうに着けばあとはどうにでもなるそうで。
毎回成田に戻ってきたら「生きて戻ってこれた」達成感に満たされて、やみつきになるそうです。

私早まったかも…(笑)
付いていける気がしない。




以上、10月18日に書いた記事でした。
その後、申し込んでも飛行機が既にキャンセル待ち、行けるかどうかわからない。

北京乗り換えフランクフルト着をゲット。つかこれしかない。

パスポートとったり仕事で死んでたりバタバタ。

頼みの後輩はホテルを予約するなんてしたことないよ美味しいの?

仕事に追われてあっという間に出発が目の前

あれ…ホテル予約…すでに満席…そりゃそうだよね…取るの忘れてた…てか…ロンドンまでどうやって行こう…

結局、後輩は南ドイツを堪能できれば良いらしいので、意地でもロンドン目指したいタカノとは別行動。
タカノはフランクフルトから一人でロンドンを目指す旅に出ます。

「目指す」というのは、もしかしたらたどり着けない可能性があるから…です。
とにかくフランクフルトに行く→特急(基本予約制)に空きがあればフランクフルトからパリ経由、ユーロスター乗り換えでロンドンへ。
満席でどうしようもなければ、鈍行で※に向かって行けるところまで。
というほぼ初めての海外旅行にしては恐ろしいまでに計画性皆無でもう突撃します。
ホテルはお湯も出ないような安宿なら当日でも余裕で泊まれるという後輩の言葉を信じる。
※ちょ!西!西!これ以上東に向かってどうする!ロシアとか行く気かよ!

今回の旅の目標
1.生きて帰ってくる
2.仕事始めに間に合うように帰ってくる
3.ロンドンにたどり着く
4.ロンドンにたどり着けなかったら大人しく引き返す
という、徐々にグレードダウンしてやっとロンドン出てきます。
ロンドン観光したいなんて贅沢言わない。
たどり着ければすごいよ。たどり着かなくても、きっとヨーロッパ面白いよ。
うん頑張ろう。

…ここ数日、マリッジブルーならぬトラベルブルーです。
ああもう大それたことしなきゃよかった!!!
もう死ぬかも!!ヨーロッパで凍死するかも!!
死ぬなら死ぬで部屋綺麗にしとけば良かったせめて同人誌全部売れば良かったもうそんな暇ないよお願い積み荷を、積み荷を燃やして!!!!!!

後輩の「もう来週はドイツですね♪」なルンルンノリとはえらい違いだ。
経験者すげえ。



というわけで、今年のニューイヤーはヨーロッパのどこかで迎えますタカノです。
響きだけ聞けばえらいカッコイイのに…。

生きて帰ってこられるよう頑張ります!!!



それでは皆様、今年もお世話になりました。
一足お先に新年を迎える準備に入ります。
来年もタカノ雑記をよろしくお願いいたします。

残り数週間、良いお年を!

Comment

一人旅いいですね~

もうこのコメントを読まれる頃には旅立ってらっしゃるのでしょうか?
ロンドンいいですよね!私も今年の春行ってきました。
パリからユーロスターでロンドンに(笑)
ロンドンは緯度が高いので空が近く、天気がいいと感動するほど真っ青です。といっても今の時期は雪景色でしょうか?

ロンドンは治安が良いですし、近代日本はイギリスをお手本としたということで、車も地下鉄も日本と同じなので親近感沸きやすいかと思います。

監視カメラばかりですがw治安がいいというか、監視抑制社会という感じもしました。でも我々危機意識の低い日本人にとっては安心して観光できる所だと思います。
私が旅行したのは4カ国だったのですが、他3カ国の治安があまりよろしくなかったので、(ナイフ持ったおばさんに付け回されたりとかw)
最後に訪れたロンドンでの解放感はハンパなかったです (笑)

パリに行かれるのであればセーヌ川クルージングもオススメです。(今の時期だと寒くて拷問と思いますが 笑)
ルーブル美術館の前とか走るコースがオススメです。
あと、オペラ座近くのジュンク堂もお時間があればwフランス産オタクがうようよしてて面白いですよ。アニメイトみたいな空気です(笑)

長々と失礼しました!よい旅を!よいお年を!
旅行記もひそかに期待してますw

あけましておめでとうございます!!
時野さんのコメント、携帯で拝見してたんですが、お返事遅くなってすみません(土下座)
実は時野さんがヨーロッパ行かれてたのも、背中を押すきっかけになったんです。
記事拝見してかなりヨーロッパが身近になり、いいなぁ私も行きたい…と心の奥にあったもやもやが、リアル知人の話で着火!ってかんじでした。

>ロンドンは緯度が高いので空が近く、天気がいいと感動するほど真っ青です。
真っ青な空のロンドン…羨ましい!というか想像できない!(笑)
私が行ったときは、常に冷たい雨の降るどんよりお天気でした(笑)
ある意味ロンドンらしい天気なんですが…w
次は夏前後で行こうと思います。青空ロンドン見てみたい!

>ロンドンは治安が良いですし、近代日本はイギリスをお手本としたということで、
>車も地下鉄も日本と同じなので親近感沸きやすいかと思います。
おっしゃるとおりそっくりでした!
ドイツフランスで日本との違いに若干疲れていたところのロンドンで、かなり癒されましたw
特に地下鉄、山手線あるし!(笑)

>(ナイフ持ったおばさんに付け回されたりとかw)
こええええええええええ!!!!!
え、そんな恐ろしい体験されたんですか!?
私だったら完全トラウマですよ!
ちょっと詳しく聞いてみたいかも…(笑)

>パリに行かれるのであればセーヌ川クルージングもオススメです。(今の時期だと寒くて拷問と思いますが 笑)
拷問です!(笑)
いや本当に寒かったです…(涙目)
セーヌ川は川べり歩いてみたんですが、カップルいっぱいでいろんな意味で寒さに震えながらでした(笑)

>あと、オペラ座近くのジュンク堂もお時間があればw
行きたかった…!!ジュンク堂本当に行ってみたかった!!
パリは今回スケジュールの都合で(といっても前日決めたという行き当たりばったりですが)一日だけ(正確には半日だけ)だったんですよ…。
いつかリベンジしたいです。
でも時野さんのお話思いだして、ドイツの空港でワンピとドラゴンボールを弟へのお土産に買いましたw
お手頃で面白いお土産がないかかなり悩んでいたので、本当に助かりました。

旅行記はちまちま書いていきたいと思います。
ブログ用に簡易日記つけてたんですが、3日で力尽きたという…w
気長~にお待ちいただけたら嬉しいですv

それではコメントありがとうございました!!
今年もよろしくお願いします!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。