一日選抜漬けの幸せ

あああああ面白いなぁ面白いなぁ高校野球は!!!!!!

久々に開幕試合をがっちり見ました!が!
こんなに高校野球らしい開幕試合も近年なかったんじゃない!?

両校立ち上がり不安定な投手を打って乱打戦の予感。
常に金光大阪がリードする展開で、一時は4-1に。
しかし倉敷工業は4回裏に3ランホームランを放って同点。
しかし次の回表、金光は2点追加で再び2点差の6-4。
しかし倉敷工の勢いは衰えず攻めまくり、8回裏で再び6-6の同点に追いつく。
しかし9回表、金光がさらに3点追加して、さすがに試合は決まったかと思った9-6。
しかしその裏、倉敷工が土壇場での集中打、3点ねじ込み再再同点9-9。

しかししかしってくどいですが、見てる間も二転三転の展開に、「ええええ、ちょ、ええええええ」と息つく暇ありませんでした。
両校とも打撃力がありましたが、それ以上にエラーが…お互いにオウンゴール決めあってるような…
でも…これぞまさに高校野球!でもあるんですよね。

でもこの試合のハイライトは、ハイライトリプレーで絶対流れない9回裏、疑惑のスクイズ判定です。
9-9、9回裏1アウト3塁、絶好のサヨナラのチャンスでスクイズを選択した倉敷工。
ちょっと打球の勢いが足りない中、ピッチャーからキャッチャーにボールが返ってくる…3塁走者が突っ込んできて…アウトおおおおお!!!
タイミング的には完全にアウト、キャッチャーもしっかりブロックしててのプレーなんですが。
直後のリプレー見たら、キャッチャー思いっきりこぼしてるwwこれはひどい誤審www
その後一切流れなくなった幻のリプレーですが、このネットの時代、すぐに探せちゃう…
よく見たら、空のグローブでアピールするキャッチャーがまず凄い。
でも直後にファーストがダッシュで駆け寄ってきて落ちたボールを拾ってるんですよね。
そしてアウトを信じて恐らくベースを踏んでいない3塁走者にタッチ、それからファーストがアウトアピール。
審判の感じも、
アレ?もしかしてボールこぼしてた?→アウトコール中にファーストアピール→改めてアウト確信
動作はずっとアウトコールなので、パッと見、落球を見逃した誤審に見えますが、ファーストのアピールを認めての最終決定だったんじゃなかろうか。
でも、もしそうだとすると、あのキャッチャーのブロックは走塁妨害になるんじゃないかなぁ。
ボール持ってないのに、走者がベースに足が届かない程手前でブロックしてたわけですからね。

まぁどちらにしても、高校野球らしい、ちょっとドキドキプレーが続いた楽しい試合でした。

一応結果。
金 210 120 003 001 = 10
倉 100 301 013 002 = 11


今は神村学園-中京大中京やってますが、第一試合に比べると、「高校野球らしからぬ」引き締まった試合で、これも凄いです。
…ちょっと物足りないけどw

中京大中京のピッチャー、投げるテンポが早すぐるww
ちょっとボケっとしてたらあっという間に三振だよ!
こういうピッチャーは好きだな。

神村学園は、とりあえずこのピッチャーを攻略しないと勝ち目ないよ!頑張って!





追記)
最終結果、最後まで打ち崩せない神村学園に対して、2巡3巡目に明らかにきちっと対応してきた中京大中京が勝ちました。
思ったより大差になったな。
中京大中京は攻守バランスの取れた良いチームでした。鍛えられてるってかんじ。
これは良いとこまで行くかもね!


光星-今治西
これもどちらもピッチャーが良く、サクサクした投手戦となりました。
最終的には光星のエラーが響いて今治西の勝ち。
でもそのエラーも、ほんのちょっとしたタイミングだったんですよ。
サヨナラのランナーが出たのも、セカンドゴロを一瞬待って投げたのが際どいセーフになっただけだし。
たぶん丁寧に行こうとして、心持ちゆっくり拾ったんだろうなぁ。
ミスと言えるほどでもないと思う。
サヨナラ打も、浅いヒットの返球を途中でショート?がカット、投げたボールが若干低めで交錯の結果セーフだし。
でも、この微妙なミスが、こういうところで命取りになるんですよね。
引き締まった良い試合でした。


ああ、甲子園見過ぎて頭ぼうっとする…幸せ…

Comment