スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月1更新とかもう…ね…

だから時が過ぎるの早すぎって言ってんだろおおおおおお!!!
もう11月終わるって!
なんだそれ!
何もやってないんですけど毎日!

完全に引きこもりのニートですが、それは以前にも経験あります。
今さらだから何?ってかんじ。
でもね、あの時と大きく違う点がひとつ。

両親のお膝元であること。

毎朝毎晩両親と顔を合わせて……NEET。
これはハードなりょ辱だぜ。
毎日凄まじい精神修行です。

勉強しないとなぁ。
でも勉強しようとすればするほど意識が霧散してゆくのはなぜなんだぜ?
机とテキストにむかったとたんに集中力が切れるってどこの中学生。
しかも考えてることが死にたくなるほど非生産的な。
例えば今日のお題は、

「妹萌えとは」

いや…シンもルルも、どうしてそこまで妹が好きなのか。というテーマ。
実は私これがどうしてもわからなくてですねぇ…。
運命見てたときもギアス見たときも、ほんとこれだけは理解できなかった。
しかし理解できないからといって、主人公の行動原理の8割以上を占める萌えなんて、避けて通ることできませんよね。
なので妹萌えについて考えてみました。

結論。妹とは、この世で最も庇護欲を刺激される存在である。

この結論にたどり着くまで紆余曲折あったんですが省略します。
そしてこの結論を自分に当てはめると、確かに庇護欲ってあんまないなーと納得。
被庇護欲もないけどさ…。
とにかく守ってあげたい、頼られると嬉しい、そういう気持ちじゃないかと思ったんですけど。
世界のお兄さんどうですか。

オレが…オレが守るから…!!!(兄代表:シン)

でもそれって妹は嬉しいのか?(ここから今日の主要テーマです)
まゆたんはもうこの世にいないのでわからないですが、ナナリーはどうなのかな。
あのルルーシュの猫可愛がりって嬉しいかな。
ナナリーは賢そうだし、そういうのに疑問なく甘えられるタイプに見えないんですがどうなのかな。
まぁ、そういう疑問を持たない天使的存在っていうのもアリだけどさ。
でもそこで、ルルーシュは「オレがナナリーを守ってる」ってことに自分の存在意義も見出しているようで、ナナリーはそれを理解した上で「守らせてあげてる」のだとしたら、もえる。というか、私にはバランスの取れた関係に見えます。(つまりただの願望)
シンもそうだけど、あれらのシスコンぶりはある意味自己陶酔というかナルシストの極みに見える。
相手のことを考えてないというかね。

妹がいい子であればあるほど、自分のせいで兄が辛い目に合うのは嫌だと思う。
それをわかってて、それでもやるルルみたいなのが一番傲慢なんだよ。
お前それナナリーのためじゃなくて自分のためだから!

…と、ここまで考えて、まぁまぁ落ち着こう。
もし、もしですよ?

あいつらのシスコンが、妹じゃなくて姉だったとしたら。
つまりまゆたんもナナリーも、彼らの姉だったとしたら、どうですか。

……………こ、これはやばい。
もえ…もえ…る。
きゅーーーーんきた。
思った。
いろいろ偉そうに考えたって、結局は自分の萌え範囲に手が届くと形無しなんじゃん。
妹に嫉妬乙w

でも実際妹萌えの兄は多いけど、姉萌えの弟主人公ってあまり聞かない気がします。なんでだ。
何か姉に問題でもあるんですか。
きれいなお姉さんを守ってあげてもいいんじゃないですか。ダメですか。

妹を守るのはある意味当然だよだって妹だもの。
でも、守って当然のものを守ったからといってそれが何の自慢になるのか自己満足にしかならないではないか。
自分より年上の姉を守ることができて、男たる者はじめて誇れるのではないですか。
今こそ立ち上がれ!世の中の弟よ!
下克上!下克上!


どうしてこんなに攻撃的かというと、弟の部屋でこんな漫画を発見したからです。

妹は思春期 1 (1) 妹は思春期 1 (1)
氏家 ト全 (2002/08/05)
講談社

この商品の詳細を見る


orz

お姉ちゃんじゃダメですか。そうですか。やっぱり。

内容が普通に面白いのもムカツクよね。(発見即読破)
お兄ちゃん大好きであの手この手で誘惑してくるどこまで本気かわからない妹と、全て冗談だと受け止めてる冷静な兄との日常4コマ。
妹エロネタとか、お姉ちゃん、本当に、本当に泣いちゃうから!(本気で涙目)
内容が普通に面白いのが許せない。

オススメです☆

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。