スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀さんはどれだけ私を惚れさせれば気が済むのか。銀魂読むたびに、銀さんを見るたびに、ぱっちんぱっちん赤い実はじけまくりなんですが。

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


すいません。
甲子園終了サイレンではないです。
ただの嫌がらせです。(誰へのだよ!)

ジャンプ感想。
感想。

感想…。

感想て……。


伊東さん。
無理だとはわかってても、やっぱり定キャラ化してほしかったよ…ウッウッ
しかし先週で、ああこういう最期なのか、裏切った仲間を助ける過程で命を落とす、ありがちだけどいいね、と思ってたら。
今週の終わり方、予想以上に良かったです。
弾丸に倒れるのではなく、仲間を救うなんて生ぬるい感情のままでなく。
あくまで戦いの中で、刀を持って死ねる、彼らにとってそれが一番いい死に方なんだろうな。
こういう落とし前の付け方って、銀魂らしいというか空知先生らしい気がする。

もう、ほんとに誰も彼もが格好良かったです。
銀さんも土方さんもみんなみんな血まみれだしどうしよう。
はぁはぁ…はぁはぁ
だってさぁ、隊服銀さんの大ゴマがいっぱいな上にだよ?
ロックな野郎が「白夜叉ァァ!!」なんて呼ぶし、攘夷時代の回想はくるし、名前だけだけど晋助様出てくるし、もうさ。
これ以上、もうさ。
水面でぱくぱくしてる金魚状態なのですが私。
はぁはぁって、呼吸が浅いのですが本当に。

万斎と銀さんの戦いで、万斎の言ってることがいまいちわかりませんでした。
銀さんの思いは、「刀の届く範囲が俺の国で、守りたい範囲」的な、そういうことだと思うんですけど。
白夜叉だとか、結構いきなりでびっくりしてしまった。

万斎のセリフを総合すると、万斎は銀さんが真選組に寝返って本当に仲間になっちゃったと思ってるってことでしょうか。
まぁ、隊服着てるからね。仕方ないけどね(笑)
そしたらそれってかなり大変な勘違い(濡れ衣?)じゃないですか?
え、それでいいの?私が勘違いしてる?

検証。
「貴様は何がために戦う!」
「この国はぬしが一人あがいたところで止まりはせん!!」(あがく=戦う)
「この国に護る価値など最早ない!」(=銀時は護ろうとしている)
「亡霊がうんぬん」(銀時はまだ侍の国を護ろうとしている)
つまり、お前は何のために戦うのか?侍の国を護るために戦って(あがいて)るんだろ?って言いたいんですよね、このポエマーさんは。
とすると、銀魂で「国を護ろうとしてる」人は、真選組と桂がいますが、このどちらを指してるのか。
(高杉は「国を壊そうとしてる」んですよね)
桂だったら「亡霊」にはあてはまるかもしれないけど、それなら今(隊服着てる)この状況だったら、「桂が許すと思うか?」的な、そんな言い方になりませんかね?
桂と真選組は敵対してるんだからさ。
なんで真選組の味方してんだよってもっとツッコミ入る気がするんだけど。

まぁ、あれかな。
「国を護る」VS「国を壊す」で、万斎からしてみれば桂も真選組もどっちも敵ってことには変わりないのかもしれないな。
ぐだぐだになってきてしまいましたが、あのくだりは、銀さんのことをかなり見てきて理解wしてる読者には、ちょっといきなり何の話?ってなるような気がしたんですよ。

…萌えたけどね。(結局それかよー)

あと
・ジャンプで「練炭自殺」って単語は許されるのか。
・あの糸は、いったいどうやって張ったのか。念を使わないと無理だと思うんだけど。マチかと思ったよ。

それにしても…(まだ言うことあるんですか)
銀さんは、攘夷時代も同じスタンスだったんだね。
いや、過去思想云々追い求めて(侍の国を護ろうとかの理想を掲げて)挫折して、「手の届く範囲」を護るくらいしかできないっていう自分の限界を知ったとか、そういうのもアリだと思ってたので。
そうではない、もともと身の程を知った上での攘夷時代だったとしたら、その銀さんを突き動かしたのはいったい何だったんだろう。
やっぱ松陽先生?
そのあたりの過去も、そのうちきそうではありますね。


今回の話、ホントに長いですよねー。
オールスターだもんねー。
まるまる一巻動乱編きそうですね…紅桜編越すかな。

「決着をつけようじゃねーか」の土方さんが、あまりにも、あまりにも、……。
そんな今週でした。

血まみれってイイね!!(最低)



追記。
「どうでもいいんだよ俺ァ昔っから」
「今も昔も俺の護るもんは何一つ変わっちゃいねェェ!!」
この言い方がね。
もう…こう…なんていうか…

さっちゃんになりたい。

↑これで察してやってください。

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。