プレーオフタカノ案

日本シリーズ、今日はとても面白い試合展開ですね。
4回?だっけロッテのあの内野ゴロの間に3塁走者生還シーン、うわお!って叫びました。
それにしても阪神ファン、多いですねー。



で、そんな日本シリーズ見ながら、私は真剣にプレーオフ改正について考えてます。
なかなか難しいんですよ。これが。
あちらを立てればこちらが立たず。
それでも頑張って考えてみました。


プレーオフタカノ案

まず改正すべき点は、1位チームに優位性が少ないこと。
これはどなたも異論ないと思うんです・・・。
なので、ここは無条件に1位チームに1勝与えるということで、軽くスルー。

次に不満なのが、「リーグ優勝決定戦」という肩書き。
たった5試合で、年136試合が無意味になる危険性をはらんでいるというのはあんまりじゃないかと。
プレーオフは「日本シリーズへの出場権を争う場」で十分だと思うんですね。
しかし、これにも問題があります。
そしたら日本シリーズで、セリーグの1位はパリーグの優勝チームと必ずしも闘うことにはならないかもしれない。
(肩書き的に)これは失礼ではないかと。

ならセリーグもプレーオフすればいい!!

しかしこれもまた問題が。
いやこれはパファンの悲しみの問題が。
両リーグが同時期にプレーオフやっちゃったら、どう考えても中継が(もしあるなら)セリーグ重視で行われると思うんですね。
パリーグがまたもや蚊帳の外に置かれてしまう可能性大。
なのでこれも普通に行われたら困ります。

ならもう両リーグごっちゃにやっちゃったら?

具体的には、プレーオフに出場できるのは両リーグ1・2位のみ。
3位は無し。
で、セ1位vsパ2位、セ2位vsパ1位でやる。
もちろん1位チームは上記の有利条件で。
3勝を早くあげた方が日本シリーズ出場。
こうしたら優勝の肩書きがどうこう問題にならないし。
3位を考えに入れないことで、1位チームの空き期間という不満点も解消されます。

どうですか?けっこうイイと思うんですが。





いやそれ既にプレーオフやなくて日本シリーズの予選やん、とか
日本シリーズの価値(リーグ優勝者同士の対決)薄れるやん、とか
そこまでしてプレーオフする意味無いやん、とか

批判はどっからでもつっこめそうですが。
問題点を一つずつクリアしていこうと思ったら、こんな方式に。





・・・あれ?
阪神・・・あれ?

・・・・・あちゃー。

Comment