終わっ…た

…内定でました。

良かった…
一時はどうなることかと思った…

これで毎日メールボックスを開ける苦行から逃れられる…
今日はどこから落選通知が来ているか、もしくはなんの連絡も来てないか(イコール落選)…嫌だ嫌だ開けたくない!
恐怖に負けて開けないこともあった…おかげで通過通知見逃してタイムオーバーとかアホなこともあった…

日経には毎日毎日「氷河期終わる!」「新卒大量雇用!」「バブル期並み!」「超売り手市場!」なんて文字が躍ってて。
やめてくれ…そんな時代に恵まれても就職できない私何…と鬱になる日々。
最後の最後でホントに恩恵受けたと思います。

それにしても、毎日福岡に足を運び、会社によっては一社で6回近く往復したこともありました。
説明会、社員懇談会、一次面接、筆記試験、二次面接、三次面接…
そんで最終目前で「残念ながら」と言われた日には…交通費…半分でいいから…と泣きそうに。
一回往復したら5000円かかるんだよ!
なのに内定出たとこは、説明会&一次面接を同日開催、一次終わってもう本社。
え、もう?と驚きつつ行ってみたらその日に二次面三次面、4時間ぶっつづけでしゃべり倒して、もう帰って良いですか…鞄の中の飲み物口に含んで良いですか…となったところで「選考の結果ぜひ我が社で…」
ポカーン
実質二日しか費やしてないんですが。
お金も一回福岡行っただけ、大阪へは会社が出してくれて総計5000円ですが。
というか今日最終まで行くとか…え?ネットの噂ではここ6、7回面接するんじゃないんですか…?
決まるときはあっさり決まるという体験談、本当だったんですね…。

しかしこれはたぶん全て時代の恩恵。
いろいろ情報見てみたら、この会社通常の選考は3月で終わってるw
私エントリーしたのが4月も中旬なんですけどw
売り手市場のおかげで内定辞退が相次ぎ、慌てて二次募集かけたみたいでした。
1月くらいから既にリク面出てたらしいし…私は補欠の滑り込みってかんじのようです。
ありがたや…

でもなぁ…あれだけ企業研究してエントリーシートも作り込んで面接練習頑張った、ついでに福岡に何度も何度も足を運んだ、総時間どのくらい費やしたかわからない社に落ちて、一ヶ月前まで名前しか知らなかった、実は今でもあんまわかってない会社に内定を頂ける…
体験談ではよく「就活は縁」だと書かれてますが、今まで嘘ばっかりw本人の努力に勝るものはないでしょwとか思ってましたが、やっぱり縁ってことなのかな。
面接慣れしたとか、もうどうにでもなれって開き直りが良かったとか、「ぜひ御社にふじこ!!」と鼻息荒くがっつかず「欲しいなら取れば?」とエセクール気取ったのが良かったとか、いろいろあるかもしれないけどさ。
こう…お金も時間も精神もありったけつぎ込んだこの5ヶ月を考えると、終わりがあっさりしすぎて…いいのかな?って気持ちになってしまう。
というか、私本当にこれでいいの?ここでいいの?いやダメだって言われてももう駒ないし、ここ行けるだけでありがたいんだけれどもさ!
内定ブルーってやつですか…ナマイキに。

躊躇してる理由は、ほんとたいしたことないんですが、そんなこと言ってたら社会人やれないですが
・全国転勤アリ(しかも2、3年ごとに)
・長期休暇無し(正月だけ)
・アフター5とかありえないらしい

実はもう一つ内定頂いているんですけどそこは
・営業になったら全国転勤だけど、本社勤務(女性は可能性高い)は実家から通える
・残業はあまり無い、ゆるい業界
・お休みもそこそこ取れるぽい

本当はもう一つ頂いてたんですけどそこは
・職場が福岡天神、永住できる
・完全歩合制の営業

居住条件なら3つ目、労働条件なら2つ目、仕事内容なら1つ目…という一長一短ぶり。
二つ目の会社で、習い事とかオタク趣味とかを堪能するのもいいかなと…思うんですが、実家通勤ってのがな…さすがにちょっと…一緒に住むにはきつい感じで…
あえて一人暮らししてもいいかもしれないけど、それにしてはお給料が…
三つ目は、営業はもともと希望してたし、なにより先輩が素敵な方ばかりだったんですが、3年内離職率70%越えという恐怖の数字に怖じ気づき(笑)
一つ目の会社は基本希望通りなんですが、忙しい。らしい。みたい。
でも配属次第で差があるようだし、一応土日は休みということだし(そんなの信じてるんですか!?)。

いろいろ悩みますが、でもまぁ、いっか。
頑張ろう。
資格いっぱい必要な会社だけど。
頑張ろう。
採ってくれたってことは私でもやれるってことだよね。
頑張ろう。

よし決めた!一つ目の会社で行く!日本全国どこにでも行ってやる!
函館勤務になるまで頑張ろう私!(目標逸れすぎです)

ともかく無事社会人になれそうで良かった良かった。
今週末はさっそく遊びに行きます東京へ!
就職決まってなくても行くつもりで予約してたけど!
土壇場で決まって心おきなく行けるよ!
良かった良かった。(本当にな!)

どうか倒産しませんように!
外資に喰われませんように!
団塊世代と入れ替わりの売り手市場だってことは、不況になればリストラの目玉世代だってことかもしれないけど、どうかそんなことなりませんようにぃぃぃ!!


以下、就活中のちょっとした小ネタですw
私は腐り果てたオタクのくせに、想像力がないみたいで。
説明会等で社員懇談会なんかがあっても、それが男の人だと、リアリティを持って自分の将来像を想像できないんですよ。
よく入社の決め手として「先輩社員に憧れて」とか「目標にしたいと思える人がいた」とか言う人いますけど、私それが男の人だと、全然感じないんです。
若手ナンバーワン、見た目からしてデキル営業マンってかんじの人見ても、「わーいかにもって感じ。しかしデキル営業マンはなぜホストの香りがするのだろう。やっぱ人を惹きつける何かを持ってるんだろうなぁ」とか「年収凄そう。でもこういう人と結婚したら大変だろうな。家帰ってこなさそうだもんね。逆に子煩悩とかでも萌えるけど、そうなるとサラリーマン萌え度が下がる気がするのは贅沢ですね」とか、ほんとろくでもないことしか思い浮かばない。

女の人もたまにいるのだけど、男に混じって営業第一線でバリバリやってますって人、説明会に来てくれないんですよね・・・あくまで私が行ったとこは。
総務とか経理とか。
それも大切なお仕事だし私もぜひやってみたい仕事ではあるのだけど、やっぱ一番大変な(あくまでもイメージ)営業を、同じ女性がどうやってこなしてるかが見たい。
たまにいらっしゃっても、入社一年目二年目とかの若い方。
最近やっと女性も営業で取り始めました~ってのが透けて見える。
就活のアドバイスなんかは貰えても、やはり参考にしたいのは30歳くらいの方なんです・・・。

まぁつい最近まで、女性はお茶くみ上等だったわけで、そういった中で上を目指そうと藪をかき分けかき分けやってきた諸先輩方にしてみれば、何を甘っちょろいことをって感じなのでしょうけど。
でも、でもね。

そういう目指したいと思える女性の先輩を見つけたら、その会社にぞっこんになるのは仕方がないですよね?

上の3つ目の会社。
そこは女の花園。
説明会も先輩社員との質問会も全て女性。
営業で今年成績一番だったというその先輩。
もうね。まさにね。

 こ の 人 に な ら 抱 か れ て も い い 

て感じだった。
ほんき惚れた。
何もかもが格好良かった。
部屋に入ってくる足音からもう格好良すぎだった。
カツカツカツカツって。
でも、気張ったフェミってかんじじゃなくて、女らしさというか、ものっそフェロモン凄かった。
笑顔で柔和な話し方なんだけれども理路整然としていて、脳みそ打たれた。
本当に格好良かった。
まさに私のなりたい女性像だった。
営業の大変さとか、誤魔化さずにはっきりおっしゃって、でも
「本当に大変な業界だけど、若いうちは多少の苦労をした方がいいと思うのよ」
って言われたときには、本当にそうだと思った。
下を指導する立場として心がけていることは?って質問で、
「褒めるときは思い切り褒めるけど、怒るときはちゃんと怒りますからね」
って言われたときには、この人に怒られてみたいと切に思った。むしろ鞭で叩かれても快感感じられると思った。

次の面接で、その人に憧れました的なことを面接官に言ったら
「あー、○○さんね、あの人結婚して子供いるのに、すごいよね」
って教えられて、頭を殴られたようなショックを受けた。
正直泣きそうになった。

そこで初めて私は本気で道を踏み外しかけていると悟った。

どうしたらいいですか。
これは本気で恋ですか。
こんなところでカミングアウトですか。
でも本当に格好良かったんです。
この先輩のためだけに入社してもいいかも…ってくらい。
一つ目から内定でなければ、私は何か決心していたかもしれない。


もう一つ。面接のお話。
面接いっぱい受けました。
その中で、私は一つはっきり苦手な面接官のタイプがありました。

それまで「はきはき学生らしく元気よく」と本に書かれてるとおりにやってた私。
でもあまり受けがよくない。
どうやら私の場合、はきはきを通り越してキャピキャピに見られてるんじゃないかと思い、しっとり落ち着いたお姉さん風にキャラチェンジしてみたんです。
すると途端に面接通りだし、やっぱそうなのかと自信を深めてた私。

そんなとき、当たってしまいました。
その名も「褒め殺し面接官」。

面接は緊張するって人多いけれど、私はそこまでないんです。
むしろ緊張しなさすぎて素の自分出し過ぎるくらい。
なので、ドアを開ける前に深呼吸し、キリッと自分を引き締めて入ることにしています。
その日もそうやって中に入り、にこやかな笑顔を向ける面接官の前に座りました。
背筋を伸ばし、笑顔で「よろしくお願いします」と言った次の言葉。

「リラックスしてくださいね」

えっ…リラックス?リラックスって…リラックス?
私緊張してますか?
リラックスって…これ以上リラックスしたらタメ口入りますがいいんですか?
いや自分でリラックスしてると思っても、面接官にはそうは見えないのかもしれない。
でもじゃあこれ以上どこをどうやったらリラックスして見えるの?
足を緩めてもダメでしょ、背を曲げてもダメでしょ、もう表情筋動かすしかないんですか。
でもこれ一番リラックスした笑顔なんですけど、どうしたらいいですか。

初っぱなから変な攻撃を受けパニックに。
頭はぐるぐるするし脈は速くなるし。
これまで面接で感じたことがないような極度の緊張感に襲われ。
手が…手が震えてきた…
これじゃあ敵の思うつぼ!私リラックスして!

「とりあえず自己PRをお願いします」

頭真っ白ーーー!でも口が勝手に動くーーー!助けて誰か助けてこの口止めて!
せっかくお姉様キャラで扉をくぐったというのに全てが水の泡なんですけど!
こんな状態で自己PR。
当然ろくなプレゼンではないわけです。
我ながらこれまでで最悪の内容だと思ってたら。

「簡潔で分かりやすい、素晴らしい自己PRでした」

何その感想ぉぉ!
お世辞とかいうレベル超えてるから!
明らかに意味不明な自己PRだったから!
無理して褒めないで!「無理して褒めてあげないと緊張してしまう学生」と思ってるんでしょどうせ!
なら心の中で留めておいて!余計パニックになるからさ!

時事問題について聞かれても、ろくに動かない頭ではたいしたこと言えなかったのですが、
「そのようなしっかりした考えをお持ちの方はあなたの年齢ではなかなかいませんよ。私も勉強になります」
と…鳥肌立ってきた…

とにかく笑わなきゃ、もう笑顔しかないよここは!
でも…筋肉が…顔の筋肉が…引きつってるんですけど!
ヒクヒクってなってるんですけど!もう嫌ぁぁぁ!!
するとジャストタイミングで
「笑顔が素敵ですね」

なんというか…もうね、嫌みに聞こえてましたよ最後の方。
どんな嫌がらせだと。
きっと全て善意からの言葉、リラックス発言も全ての学生に言ってる常套句なのかもしれませんけど、私の中で最も悪質な圧迫面接でした。
落ち着いたしっとりキャラが崩壊していく音をリアルで耳にしました。

近頃は「面接官が学生を選ぶのではなく、学生が企業を選ぶべき」とか言われてますが、どうしたって学生は「落とされるかもしれない側」なんだし。
それはどの面接官も当然承知のことだろうから、それでも学生を持ち上げるのにはどんな裏があるのかと勘ぐってしまう。
「学生を大切にする企業ですよ」ってアピールされてるみたいで、もう生理的にダメ。
ダメもなんも当然次のステップには行けなかったんですけどね。
今でもあの面接官のにこにこ顔は忘れられない。
逆に上の女性みたいに「うちは厳しいけどついてこれる?」ってくらいばしっと言ってもらったほうが、好感度上がるんだけどな。

この面接官だけでなくて、何回か「褒め殺しタイプ」に当たりましたが、どれも私は上手く話せなかった。
「素晴らしいですね」と言われると、正直ハァ?と思いながらも、そんなの態度に出したらただの性格の悪い子!と思い、
「ありがとうございます」とにっこり笑顔。
ここに予定外の精神力を使い、あとは散々。
圧迫気味に「…で?だから?それが?」と冷たく質問してくる面接の方が、よっぽど日本語が上手く回ったよ。

しかし良い経験になりました。
今まで会ったことない年齢、職業の方とお会いして、本当に勉強になった数ヶ月でした。
お金が残ってたらもうちょっと見て回りたいくらい。
お金…うん十万吹っ飛びましたからね…
あんなに頑張ってバイトで溜めたのに…東京とか頻繁に行ったならともかくほとんど福岡だったのに…
どう考えてもマンスリーマンション借りた方が安かったです本当にry

でもまぁ、一応決まったので、終わり良ければ全て良しということで。
来年から社会人!頑張ります!

Comment

こんにちは、タカノさん内定おめでとうございます!!
以前から度々就活話を書かれていたので気になっていたのですが、無事内定が出たようで読者の私も嬉しい限りです。

タカノさんの就活体験記、いずれ経験するであろう私には本当に貴重なお話でした。

>函館勤務になるまで頑張ろう私!(目標逸れすぎです)
すみません、ここ物凄く笑ってしまいました(笑)

本当におめでとうございます!
そして失礼しました!

お返事遅くなりました…すみません!

ありがとうございます!
就活中にも感想とかネタ話とか書こうと思ったのですが、書き始めるとどうにも愚痴ばかりで…(笑)
悲惨すぎて笑い話にもならず…自らが痛くてたまらないこと山の如し(笑)
なので内定出たら書こうと思ってたら、ずるずるこんなとこまでずれ込みました…。
ご心配おかけしました。
そして本当にありがとうございます。

参考になるようなこと、あまりないかもしれませんが…
「時間とお金と萌え」
は、いくらあってもありすぎることはない、と痛感しました。
略してTMM。どうぞお心に留めおきください(えええ)

目指せ函館で社会人頑張りますw
本当にありがとうございました!!
時野さんも、大学、大変だと思いますが(というか爪の垢を煎じて飲ませて頂きたいほどです…)頑張って下さい!!
TMMで!(←くどい)(笑)