日本メガネ党

こんにちは。
学校が始まり、めっきり忙しくなったタカノです。
・・・なんでこんなに忙しいんだろ。(単位を必死で取る必要があるからです)

今週末は、夏にお世話になった事務所で講演会を開くらしいので、お礼参りを兼ねてお手伝いに行ってきます。

・・・。

またね・・・。
「三連休だし、タカノさん来てくれない?」
「はいvわかりましたvこちらこそ楽しみにしてま~すv」
とかね・・・スケジュールも確認せず調子こいてしまいしてね・・・(遠い目)

今週末は・・・。
土日月でプレーオフでしょ。
加えて日曜日は鈴鹿でしょ・・・。

何やってんだろう私・・・。

日曜の昼までに、なんとか帰ってきたい気持ちでいっぱいです。


ところで静かな噂になってるこのサイト。
日本メガネ党
img_seal_d.gif

行ってみたんですけど、面白かったですw
メガネストアーが作ってるらしいですが、宣伝臭はほとんどせず。
入党試験には出ますが(笑)(カンニング)
できるだけ政党っぽく模している必死さが素敵です。

党宣言より抜粋
メガネは、偉大だ。
メガネをかけた瞬間、人は皆、「メガネの人」になる。等しく平等に。
メガネは、強い。
たとえ名前を忘れられても、「あのメガネの人」で伝わったりする。
メガネは、優しい。
どんなに美しくない顔でも、それなりにカバーしてくれる。
メガネは、美しい。
人間に一番近い芸術作品、それが、メガネ。


ああメガネ!
メガネの底力を讃えまくる美しき党宣言ですね。

党則には、
「メガネをはずした姿は、決して他人に見られないようにすること。」
などの、当然守るべきものから、
「「俺はメガネには目がねぇ」などのダジャレは品位を損なうので禁止する。」
などの厳しいものまで様々です。


私は残念ながらコンタクトなのですが、家ではメガネ・・・でした。(過去形)
引きこもっていた間、ずっとメガネだったんですけど、そのメガネ、うっかりぶつけたり落としたり踏みつぶしたりして、かなり歪んでたんですよ。
それでも気にせずかけてたら、鼻に跡がつきましてね。
一過性のものでなく、右側だけ異様に濃いものが、ずっと。治らないんです。
外に出るようになってしばらくして思った。

これ・・・シミになってきてない?(真っ青)

右側だけ、あのメガネの跡そのままに、少し肌の色が濃くなってる・・・気がする。
慌てた私は、それ以降、なるべくぎりぎりまでコンタクトをつけ、メガネをかけるときはティッシュでクッションを作ってかけるという生活です・・・。

はやく眼鏡屋さんで歪みを直してもらえ。

日本メガネ党の入党試験もやってみたんですけどね。(話題を変えてみる)
私はまあまあメガネ好きの準メガネ党員でした。
ので、上の青いシールが与えられました。
ブログに貼って下さいとまで言われたのですが、上記の理由により、メガネに関してあまり大きなことを言えないため、ここで紹介に留まらせて頂きます。
しかし、準とはいえ党員の資格を与えられたことは真に光栄であり、メガネ党の今後ますますの発展を、影ながらお祈りいたします。


ちなみに、自分はアレですが、メガネの人、好きです。
男女問わず、奇妙なフェロモンが漂う気がする。

男の人のメガネは、知的っぽい金縁若しくはフレームなしが好きです。
女の人のメガネは、黒縁が好きです。(←黒髪の友人が黒縁メガネをつけたときは、ヒールで踏まれたい衝動に激しくかられました)(禁断の女教師臭がするとこもイイですよね・・・)


それにしても・・・
「メガネストアーは日本メガネ党を応援しています」
この一言を載せたいがためにここまで手の込んだことするなんてスゴイなぁ・・・(笑)

Comment