第88回全国高校野球選手権大会総括

さてと。
第88回甲子園の総括といきます。

まずはこれをやっておかないと。けじめけじめ。

8強予想結果発表~。(こんな遅くに発表も何もありません)

A 駒大苫小牧 ○○
B 東洋大姫路 ○○
C 福岡工大城東 ○●
D 日本文理 ●
E 清峰 ○●
F 関西 ●
G 智弁和歌山 ○○○
H 熊本工 ○○●

ということで、最終結果は3勝5敗。
去年と一緒ですが、去年は勘で引き当てたのもあったので、満足です。
なにより一回戦終了時に6校が残りましたからね。
城東と熊工が頑張ってくれたよ。

しかし課題も残しました。
うん、来年から九州入れるの止めた方がいいよ>自分
勝つ勝たないじゃなくてですね、試合見てらんない(笑)
地元ひいき+予想の相乗効果って、凄いものがありました(笑)
決勝みたいに、どっちにも応援する理由があった方が良い。
プロと違って高校野球は、肩入れしすぎない傍観者の位置が一番深く味わえます。
覚えておいてください>未来の自分
たぶんまたどこか入れるだろうけど、なるべく覚えておいてください>成長した自分

予想としては、やっぱりどこかに穴って言ったら失礼だけど、えっここ?みたいなところいれとく必要があるわけですよ。
一応城東と清峰のつもりだったけど、どっちも踏ん切りが甘かった(笑)
もっと思い切って選ぶ必要がありますね。
まさか鹿児島工がくるなんて・・・。

あと、地方予選で選ぶときは、得点や打率よりも、エラーと防御率を見ていった方がいい。
そっちの方が県のレベルに左右されることが少なそう。
・・・でも、得点結果はすぐわかるけど、防御率やらどこで調べたら良いんだろう。
結局分かりやすい方向に流されていくような気がしないでもないですが、一応ポイントに挙げておこう。
やっぱ投手は大切です。
ベスト8までは連投とかないので、人数は関係ない。
投手の能力を良く見た方が吉。
力のある投手がいて、守備がしっかりしている高校が上に進んでました。
当たり前のことかもしれないけど、どうしても二桁得点みたいな打撃の凄さの方が目に付いちゃうんですよね~。

それから日程と組み合わせが意外に大切。
2試合あるブロックから意外な高校が出てきやすい。
3試合のところで冒険するのは控えめに。
回数こなすほど地力があるところが勝ってる印象です。

こんなところかな。
こういう予想は、目を養うという点でとてもためになる気がします。
去年よりだいぶちゃんと見てたと思う。
試合を見て受けた印象と地方予選の結果を比べたり・・・。

今年は思いっきり試合を見れなかったので、そういう分析に凝ったりしてました(笑)


そうはいっても見ましたけどね。結構。6割くらいは。(見過ぎです)

印象に残った試合ベスト3~。

①苫小牧vs早実、②熊工vs天理、③桐蔭vs早実

決勝戦のことは散々語ったので、おいといて。
印象に残った試合をわざわざメモってるのでそれを書いておきます(笑)
日誌をつけなきゃいけない時間を使ってまでも書きました(笑)
長い上にうざいことこの上ないです(笑)
しかも、これ見ながら決勝戦の感想を書いたりもしたので、ところどころかぶってます。
まぁせっかく書いたし、一応記録として残しておくということで~(笑)


<-- 桐蔭vs早実 ここから -->

いやー早実強い!
投げては斉藤君が絶好調、中田君を真っ向勝負で押さえ、打ってはHRまでもが飛び出した。
早実は、斉藤君の投手力と守備を中心とした守りのチームの印象があったんですが、今日はよく打ちましたねー。

中田君は緊張しすぎだな。
緊張じゃないかもしれないけど、やる気が空回っちゃってたかんじ。
欲がでたのか、力みがひどく、ぎちぎちになっちゃってました。
バットぶっ飛ばしてたし(笑)
斉藤君の強気の攻めも良かったのかな。
かわすような投球だったら力も抜けたかもしれないけど、真正面から力勝負挑まれたもんね。
買っちゃうよね(笑)
斉藤君。中田君は一年のときからその名が轟いてて、その名前だけでびびる投手も多いだろうに、緩急内外使った伸びのあるいーピッチングしてました。
んで最後はぐわっといったしね。
あれは見事だったよ。
見てて気持ちのいい投球でした。
完璧に真っ向勝負で中田君を押さえたのは、かなりの自信になるんじゃないかな。

というか、迫力があった。斉藤君。
細っこい子なのに、もわーんと闘志がみなぎってるのが見えたよ。
オーラでてた。
凄い凄い。
というかかわゆいな(笑)
ああもうかわゆいな(笑)
お姉さん釘付けでしたよかわゆいな(笑)
なんだろう、あのユニホームがいいのかね?
こう、お上品だよね(爆)
なのにあんな闘志をたぎらせる投球もするんだねぇ。
春はあんな風には投げていなかったと思う。
全体に貫禄というか・・・風格が出てきたよ。
ちょっとびっくり。
本当に高校球児って半年で変わるものなんだと驚きました。
春はかわゆい&頑張ってる姿にキュンとしてましたけど、今夏はそれにたくましさと精悍な男らしさが加わって、なおさらキュンキュンします(笑)
なんだこれ。
またギャップ萌えなのか?
私萌えパターン少なすぎない?(笑)

中田Pも見たかったんだけどなー。
思ひ出登板でもいいから出してほしかったな。
そんなに肘悪いんですかね?

とにかく、今年は打高投低なチームが多く、撃ち合いの打撃戦が多いんですが、やっぱり良いピッチャーがいるところは強いですね。
守備もまとまってて良かったし。
桐蔭はどっかちぐはぐだったなぁ。
横浜に勝利して気が抜けちゃったかな?
最後の方は、ちょっと見てられなかったですよ・・・桐蔭。
まぁ、桐蔭は2年生が多いし、来年に期待です。
3年になった中田君、ホントに期待してるからね。
今年斉藤君に正面切って負けたのは、中田君にとっても良い経験になったんじゃないかと思う。
上には上がいるってね。
あまりぶんぶん振り回さないようになるといいんだけどな(笑)
天性の才能でHR狙うんじゃなくて、地道な職人ワザも身につけて欲しいですよ。
こうやって一年のころから見てきた選手っていないので、本当に毎年ワクワクしています。
頑張れー!!

<-- 桐蔭vs早実 ここまで -->

<-- 城東vs帝京 ここから -->

審判市ね

<-- 城東vs帝京 ここまで -->

おいィィィィ!!
ね、だからもう地元校予想に入れるのはやめなって。
ね?
最後は結局力負けってかんじでしたしね。
帝京は強かったよ。(後になると冷静になれるんだけど・・・笑)

<-- 熊工vs天理 ここから -->

熊工・・・!!
素晴らしかった!
天理に勝ったというのからしてすごいけど、あの試合内容は素晴らしすぎた・・・!!
鳥肌が立ちました・・!!

序盤、どちらもまずまずな立ち上がりで、接戦が予想される展開に。
と思ったら結構すぐに天理が一点ゲット。
タイムリーの出方が素晴らしく、効率よくあっさりというかんじ。
熊工も早くに追いつき同点としましたが、満塁だったのに一点しか取れなくて嫌な予感。
その裏天理が再び一点勝ち越し。
一点を争う好ゲームですが、得点の効率の良さは圧倒的に天理。
さらにもう一点加え、2点リードした天理に、後半またも熊工が追いつくも、逆転はできず。
これも1アウト満塁だったかの大量得点が期待されるシチュだったのに同点がやっと。
4番がゴロ打った間に一点とか・・・。
熊工・・・やばいって。
なんかヒット打てる気がしませんよ。
さて3-3で8回裏天理の攻撃。
攻撃っていうか・・・フォアボールとエラーで一二塁、バントで二三塁。
ろくにヒットもないのにあっさり1アウト二三塁。
ひいいいいいい。もうダメだぁぁぁっぁぁ。
と思ったところで天理が意表をついてスクイズ!
しかししきれず飛び出した2塁走者をタッチして2アウト。
もう・・・呼吸する暇がない・・・酸素・・・・。
その回はそれからなんとか防ぎ、9回熊工の攻撃。
2アウトながら二三塁まで進めるも、今まではあと一歩がでなかった。
打者は今日いいとこほぼ無しの4番。
勝負を選んだバッテリー。
そこを・・・タイムリーヒット!!この試合初めての勝ち越し!!
9回で二点差とし、裏はなんとか守りきり、熊工3回戦進出決定!

もうね・・・どっちもエラーはほとんどしないし、投手もいい球投げるし、いつ試合が動いてもおかしくないのに守備の良さで動かないしで、本当にいい試合でした。
息をつく暇もないとはこのことで。
座って見てることができなくて、8回からずっとうろうろ歩き回って見てました。

それからどちらも応援が有名で、ブラバンも上手く、そっちも盛り上がってました。
天理の「チャーラ ララララ わっしょい!!」という独特の応援歌はただでさえ緊迫した試合にさらに心理的圧迫加えるし。
熊工の「オーーー オーオーオーーー」ってやつも、ドキドキ感を募らせるし。
これらの効果音が、この試合の緊張感をさらに高めまくってましたよ。

いい試合だった。ホントに。
ありがとう。

ということで、熊工が二回戦も突破してしまいましたよ!!
実力のある高校ですが、それでも地区が地区なので、甲子園だとそうでもなかったりするんですよね。うん!このままイケルんじゃ!?
・・・次は福知山成美ですが。
・・・京都勢かぁ・・・。
このグループって、派手ではないけど実力のある中堅が揃ってますよね。
・・・京都勢かぁ・・・。
京都は毎年応援してるんだよなぁ・・・。
今年は熊工とかぶったから入れなかったけど。
京都外大西やら平安やらいるところを勝ち上がってきてるんですよね・・・。
京都勢かぁ・・・(くどい)

ここまできたら頑張って意地を見せてほしいです。

<-- 熊工vs天理ここまで -->

↑↓同じ日

<-- 16強出揃った感想 ここから -->

というか、九州が16強に4校残ってるんですよ。
青峰負けたのに!
・・・この試合は車の中でラジオ聞いてたんですけどね。
はぁ。
最後のあれ、ホームランじゃなくてツーベースくらいにしとけば逆転もできてた気がするなぁ・・・。
早実に負けるならともかく・・・こげなとこで・・・。
いや、相手が強かったんですよね。

ということで、九州が4校もまだ残ってます。(あっちこっち話飛びすぎ)
福工大城東
熊本工
鹿児島工
八重山商工

正直・・・鹿児島は・・・どうした鹿児島工。
びっくりしたよ鹿児島工。
やるじゃないか鹿児島工。
ここまできたら九州勢で開き直って予想しとけばよかったよ鹿児島工。
八重山は、智弁スキーなのでどうしようもなかったんだけど。
まさか鹿工がこんなことになるなんて・・・。
章南や鹿実ならともかく・・・すごいなぁ。

<-- 16強出揃った感想 ここまで -->

<-- 苫小牧vs青森山田 ここから -->

ベスト8を懸けた闘いが始まりました。
んでいきなり苫小牧登場です。
いやね、事務所のテレビでみんなで見てたんですよ。
しかも序盤で6点差とかついて、挑戦者の気持ちでとか言ってたのに山田相手に田中温存ですかそうですか。
まーしゃーないと思い、お使いを買ってでまして戻ってきたら、2点差まで追いついているw
どーしたんだ苫小牧wと思って見てましたらまた3点差に突き放され。
タカノが見てるのが悪いんじゃ?な雰囲気をよみ、すいまっせんお茶でも煎れてきますと出ていったところで同点に追いついて。
こりゃわかりませんよとお茶を飲みつつ見てましたら、再び点をとられて9回一点差。
もうお前出ていけば?な空気にしょぼんと後ろを向いたとたんにホームラン同点→さよならヒット。

・・・私相性悪すぎ(死)
いや、ある意味いいのか?見なきゃいいんだもんね?
まぁ、どうせ温存したからには田中君をもっと後で出したかったろうし、P陣に不安のこりまくりまくりな苫小牧ですが。
この勢いのまま頂点目指して頑張れ頑張れ。

ということで、8強一番乗りは大半の予想通りに苫小牧と相成りました。

<-- 苫小牧vs青森山田 ここまで -->

と、ここで途切れています(笑)
この後忙しくて、ほとんど見れなかったんですよね。
それでもベスト8に出揃った高校はほぼ全て、少なくとも一回は見れました。
ただ、鹿児島工業だけ。
この高校だけ一度も見れ無かったんですよ。

ああ、今吉君!!鮫島君!!
君達を見たかった!なんとしても見たかった!早実戦見たかったよおおおおおお!!!

今年は忙しい中、それでも頑張って見て、それなりに満足してるんです。
ただ、鹿工が見れなかったことだけが心残り。
九州の高校だったのになぁ・・・。

欲を言えば、八重山vs智弁も見たかったな。
でも今年は頑張った。
見れないことがむしろ私の胸に火をつけた。
なんとしても食い付いてやる!と心の炎に点火した。
携帯使いまくって、移動時間のバスの中でリロードしまくって、2時間ぶっ通しで携帯いじくるイマドキの子になってました(笑)

あ、あと、今年は4強が、苫小牧、早実、智弁和歌山、鹿児島工と東西南北揃ってたのが印象残ってます。
キレイに分かれてて、なんだか見てて気持ちがよかった。
いっつも九州がいないんでね(笑)
九州の頑張り次第なんですけどね(笑)

それから一応8強を羅列。
駒大苫小牧、東洋大姫路、帝京、鹿児島工、早実、日大山形、智弁和歌山、福知山成美。
やっぱり意外なところ二つ、あとは順当・・・ってところかしら。
山形勢は初ベスト8なんだそうですね。
おめでとうございます!!
最近北の高校が強くなってるなぁ。
来年も苫小牧は強いんでしょうか。
田中君が卒業しちゃったらきついかな。
これからも甲子園を沸かせて欲しい高校ですよ。

ああ、今年も楽しかったです!
やっぱ高校野球っていいね!(毎年言ってますよタカノさん!)

あの、真剣に一つのことに熱中して、身も心も燃やしている姿というのは、本当に素敵です。
潤いとエネルギーをわけてもらったおかげで、また半年乗り切れますよ!


みんな、本当にありがとう!お疲れ様でした!!


Comment