スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨死!!江古田ちゃん

最近漫画の話をしてなかったなーと思い、復帰第一弾としてこれを選んだところがどうなんだタカノです。

臨死!! 江古田ちゃん 1 臨死!! 江古田ちゃん 1
瀧波 ユカリ (2006/04/21)
講談社

この商品の詳細を見る


もう、一番大きい画像にしました。
予想以上にでかいw
これが江古田ちゃんです。よ。
アフタヌーンに連載中、したがって毎月読んでます。
回を追うごとに面白くなってる気がします。

さて。
どういう漫画かといいますと。
まず四コマなんですが。(四コマ漫画の単行本買ったの初めてだ・・・)
女の生態を、これでもかというくらい赤裸々に、オブラートなんぞひっぺがして、むしろ普段は無意識下で行っているような行為をえぐり出すように描かれています。

主人公?は江古田ちゃん24歳フリーター。
東京で女一人暮らし。
バイトは保険のオペ、フィリピンパブ、ヌードモデル等多彩です。
特定の彼氏はおらず・・・というか、何故かいつもナンバー2として選ばれる。
きょとんとしたお目々がぱっちり、モテ髪で寝顔がかわゆく乳がでかく、ボケボケしてるようで狙った獲物は逃がさない、そのくせ雑魚も「友達として好き」とか言って飼い殺す、そんな女を「猛禽」と呼び心の中で(決して口には出さず)こき下ろすのが江古田ちゃん流。(肉食獣系ってのは同意)

そんな、女のドス黒い心の内を暴き出している漫画です。
たまに、女である私が読んでも「きっつー」と思うことがあるくらいです。


例えば。

やっぱりNOと言えないアフタヌーン読者の皆様こんにちは
NOと言えないふりが得意な江古田ちゃんです

くらいの、まだ自分でも確信犯(使い方間違ってる方の意味の)で行っているやつなら良いのですが。


(アフタ8月号より。ネタバレすいません・・)
電話で
「何してた~」
「ん~?なんも~」(←ウケのよい寝起きっぽい声)
「寝てたでしょ~?」
「ん~?ねてないよぅ・・・」
「君は嘘ついてもすぐバレるんだから~v」
これは
いざウソをつく時疑われないための下地作りです


とかになると。
無意識でやってることをズバリと突き付けられ、かなり自己嫌悪に陥ります。(やりますよね?お姉様方、誰でも一度は経験ありますよね・・・?)


タカノが考える、江古田ちゃんぽい思考回路。
「○ビちゃんってかわいーよねー」
「だよねー」
「やっぱ違うよねー」
「ねー」
というように。
そんなに仲が良くない女同士の会話で、別な女を褒めることがありますが。
これは。
「自分以外の女を褒めるという心の広さのアピール合戦」
に他なりません。
心の中では、「んなもんメイクとヘアーでどうにでもなるんじゃい」と呟いています。


まぁ、こんなかんじです。江古田ちゃん。
女が読むと、あるあるwwで面白い(と思う)。
男が読むと、ただのえぐい教本になる(と思う)。

ちなみに、江古田ちゃんは家では全裸で過ごします。
理由は「服を洗うのがめんどくさいから」
あるあるwwww
なので、窓際に立つときは、カーテンを巻き付けて体を隠します。
あるあるwwげほっ
あれ、食器に白ごまがついている。よく見たら・・・こばえのさなぎだった・・・。
あるあ・・・る・・・

やばい。この辺でやめとこう。

読んでてもそんな気分になる漫画です!
オススメ!(えええ)


そうだ。最後に。

地方のジャス○は
スーパーではなく「思いっきりおめかしして行くところ」
ですから!
これは個人的にツボでしたw

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。