スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の果ての夢

こんにちは。

最近のマイブームが新選組。(またですか!)
新選組というか、土方さん。
函館に行きたい。
行きたい。

もうですね。
どうしてこんなに惹かれるんですかね。
自分が謎ですよ。
何か泣いてますよ。
年表見て泣いてますよ。
ありえないですよ。

九州に生まれ育った私にとって、どちらかと言えば、討幕派の方が近しい存在です。
小学校のころ、長州の武家屋敷に社会科見学で行きましたし。(橋を渡ればそこは山口県)
でもだからかな、理解できないころに「勉強」として、面倒臭いのに無理やり行かされた記憶が強く、魅力を感じる心の余裕がありませんでした。
高杉晋作資料館のようなもの(記憶あやふや)なんて、はぁ?って感じで・・・。
高校も、幕末~明治が嫌いという理由で、地理と世界史を選択しました。
今日本史を選択すれば、もんのすごい高得点が期待できる予感。

ああ、戊辰戦争が漢字で書けなかったあれから数年。
その言葉を見るだけで、体が震えるくらいの萌え・・・じゃなかった燃えを感じるようになるなんて。
人間どこで何にはまるかわかりませんね。

ちなみにはまった切っ掛けは大河ではありません。
大河は山南さん切腹の回と、最後の2回くらい見ました。
あとはビデオを借りて、ところどころ。
だからこそ年始のヤツ楽しみにしてたのに・・・(それは言わない約束)

大河も終わりかけの12月くらい、私はバイトで運転手として借り出されました。
相方が契約を取ろうと奮闘している間、車で2時間暇な時間ができたタカノ。
こういうとき、とりあえずコンビニに行って漫画を買います。
「オール読み切り」と書かれてあるような、分厚い漫画雑誌。
そしたら、ちょっと目をひかれるものがありまして。
「新選組青春伝」と題された、プリンセスGOLD増刊号。

あー、新選組。大河やってるからねぇ。
視聴率のためにジャニーズつかうの、いい加減にした方がいいと思うけどなー。
つか新選組っていつの時代よ。
江戸?室町?

この無知っぷり。
冗談じゃなく、赤穂浪士との違いがわかりませんでした。
でも幕末だと知ってても、日本史上嫌いな時代ベスト3に入ってましたから、余計に拒否感強まってただけだと思います・・・幕末~明治キライ。ムズカシイ。

今思うと、中学校の社会の先生がちょっとアレな人で、征韓論や富国強兵をかなりアレな感じで教えられ、明治時代の幕開けは、欧米各国への変な憧れによる、背伸びしすぎ無茶しすぎな時代への突入だった、みたいなイメージで教えられたといいますか・・・負のイメージが強かったです。
北九州なんで(涙)アレな教師の巣窟なんで(涙)無防備ryとか(涙)


それでも、知識として知っておいた方がいいよね。漫画だから取っ付きやすいだろうし。暇だし。
くらいの気持ちで購入しました新選組漫画。


新選組の様々なエピソードをいろんな漫画家が描いた短編集、という感じだったんですが。
知識ゼロから読み始めて、やっぱりさっぱりわからない。
とりあえず幕末、ということはわかりましたが、幕末というともうそのまま坂本龍馬や西郷隆盛なものですから、幕府側に物語性のある記録が残ってるなんて思いもしません。
しかも初っぱなから御陵衛士の話だったので、え、尊皇攘夷?それって討幕派の思想じゃないの?なんで敵対してんの?は?仲間割れ?そもそも仲間って何さ?と意味不明。
やっぱり背景知らないとわからないな。奥深いんだねぇ、くらいで読み進めてました。

そしたら。
真ん中らへんに。
函館戦争の話が!!!
タイトルは「北の果ての夢」。
市村を主人公に土方歳三を描いたものでした。
市村が入隊するところからだったので、市村と一緒に一から新選組を理解できて面白かった。
さらに土方さんが戦い続ける理由を、思想云々ではなく「薩長というケンカ相手に頭下げたくねぇんだよ」とあっさりな解釈してて、それもわかりやすかった。
背景知らなくてもすんなり物語に入れたというのは上手いな~と思います。
土方さんも、無口で怖くて何考えてるかわからないけどどこか天然、というウルトラストライクゾーンな描写でした。

市村の目線で、初めは恐ろしくて顔を直視することもできなかった土方さんだけれど、転戦に継ぐ転戦の中、徐々に等身大で見えてくる。

そして。
函館で土方さんから戦線離脱を命じられ・・・。
市村と一緒に号泣です。
「こんな不器用な こんな生き方のヘタな人に ただどこまでもついて行きたかっただけなのに」
とかね。
もう、泣けと言ってるとしか思えませんよね。
泣いていいですか?
ちょっと今読み直しててまた涙g(アホすぎる)

そのあと簡易エピソードとして土方さんの一ノ木関門突入シーンと、市村西南戦争で死亡のモノローグがあって、もう・・・しゃくり上げて泣きましたよ。

思う存分泣いてから、車の中でコンビニで買った安っぽい漫画雑誌を読んで泣いてる自分の図に笑いました。

とりあえずバイト終わらせて、家帰っていろいろ検索開始。
代表的な隊士を覚えた頃に、燃えよ剣を読んで主人公が土方さんということに驚喜。
文学部の先輩から「風光る」と、有名なドラマの総集編を借りてイメージを固め。
後はもう、オススメ資料やら小説やらを片っ端から読みまくりました。
ああ、充実した日々だった・・・。

新参者で良く分かりませんが、新選組好きな方って「燃えよ剣」で転ぶ方が多いらしいですね。
(今は大河かもしれないですが)
私は軽い漫画から入り、そのまま史実エピソードをネットでかき集める形だったので、創作との混同はあまり無い・・・と思いますたぶん。
所詮ネットだし、信頼できるかというのがそもそも怪しかったりするので、「怪しい情報は鵜呑みにしない」をキモに命じることができたというか。
本当に信頼できるのは公式記録に残ってるものくらいで、それ以外は一律半信半疑です。
おかげで、どんな創作品でも嫌悪感ゼロで受け入れられるという副産物が(笑)
信頼できると私が思う情報自体が少ないので、どんな妄想でもどんとこい。


それにしても土方さんへの愛は、あの漫画を読んだ日からいっこうに衰えません。
今読み直したら史実と違うところもありますが、60ページであれだけの起承転結を詰め込んで、土方さんの描写もしっかりしてて、わかりやすくて、秀作だなーと思います。

作者はさちみりほ。
公式HP人生脳天気
今このHP初めて見たんですが・・・。
土方さんのカラーがあwせdrftgyふじこ
ちょ、びっくりしました息止まるかと。
というか、上で言ってる漫画の表紙ではないですかこれ。
雑誌では白黒だったのに、それがカラーで・・・・。
トップ画像はランダムですが、プロフィールの画像は土方さん。
美しい・・・・。
実は、はまった理由は「絵が好み」というのも多分にあったので。
新作買ってみようかな。(その気になるの遅すぎ)(いやもう土方さんでいっぱいいっぱいで)


ところで。
もし男の子ができたら「トシ」って付けたいんですが、いわれが「土方ファンだから」ってひきますか?
「トシロウ」とか「トシヤ」とか。
どうにも「トシ」と呼んでみたくてたまらない。


さらにところで。

タイムマシンって、私が死ぬまでに完成しますかね?

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。