スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ 13巻

やっと読めました!
実はR☆SオケのCDと、selectuionCDも一緒にアマゾンに注文していて、どっちかの発売が22日だったのでそれまで待ってました。

ネタバレされたくない方は回避してください。

それでは13巻の感想から~



◆ のだめカンタービレ 13巻

4063405605のだめカンタービレ #13 (13)
二ノ宮 知子

講談社 2005-09-13
売り上げランキング : 9
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



感想と言ってもそんなに無いんですが。
今好きな漫画を挙げろと言われたら確実に入れるくらいの面白さだということしか。
そしてこの面白さは読まないとわからないし・・・。

のだめにクリスマス振られて寂しそうな千秋が萌えだったとか・・・そんな果てしなくどうでもいいことなら山ほどありますが。


そうだ。
男に振られる理由が「もーやだ。おまえ変態」ってどうなんですか。
のだめは反撃するパワーありましたけど、普通、死にたくなるくらいの破壊力を持つ別れ言葉だと思います。
いくらなんでも千秋ひどすぎ(笑)
のだめには効きませんでしたけど(それもどうよのだめ)


マルレオケ、今後が楽しみです。
あのコンマスさん、いいかんじですね。
しかし昔の千秋ならブチ切れていたと思います。
Sオケ効果ここにも。


千秋の偽名が「ニッサン・トヨタ」には笑いました。
ミルヒ・ホルスタインはいまいち感覚がつかめませんでしたが、ドイツ語が母国語の人にはこんなかんじなんですね。
ニッサンとか呼ばれてるし。
ニッサントヨタ。
いい名前です。


あと面白いところは・・・もう・・・全部?
クラシック曲に関しては私はピアノ曲しか知らないので、のだめがピアノを弾かないことには・・・。

だからこそCDを心待ちにしていたんですが。
オケの曲も聴きたいよ!
ということで、さっさとCDの感想へ移ります。






◆ selection CD BOOK

4063646467のだめカンタービレSelection CD Book
二ノ宮 知子

講談社 2005-08-10
売り上げランキング : 19
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こういうの、出してくれるとファンにとってありがたいですよね。
クラシックのCDは(実家に)全集持ってますが、のだめに出てきた曲を選び出して自分でセレクト集作るなんて、なかなかできませんから。
個人的にモーツァルトのオーボエ協奏曲と、ラヴェルの「亡き王女」が聞きたくて仕方がなかったので、ほんと嬉しいです。


さらに解説がとても面白く、勉強になりました。
海老原大作先生は緻密で論理的な解説、もぎぎさんは親しみやすい面白い解説で、バランスとれてました。
欲を言えば、全ての解説、どっちも載せてもらいたかたったな。
どちらか片方ずつしかなかったのは残念。


残念と言えば。

曲を途中でちょん切るなーーー!!!

1楽章だけとかならまだいいんですよ。
一応の形は一区切りついてますから。
でも曲の途中なのにフェイドアウトっていうのは勘弁してくださ・・・。
よりによって千秋様のラフマニノフでーーー!!!


あとはですね。
ロンド・トッカータが聴けたのが嬉しいです。
なんといっても海老原大作先生(違)の書き下ろしですよ。
レッツサーチフォートゥモロー、中学のとき合唱で歌いましたよ!
現代曲ってかんじで良くわからなかったけれど・・・。
でも!うん。フランクが意外にもの凄い人だということはよくわかった。
こんなの初見で・・・絶対無理。
のだめと千秋様の名前から取り出した音階が元になってるとかで、そういった裏話も面白かったです。



クラシックに精通されている方には物足りないかもしれませんが(途中でちょん切れるし)、解説読むだけでも十分面白かったですし、なによりのだめカンタービレの世界がぎゅっと濃縮されている感じで、とても楽しめるCDでした。
名前と曲が結びついてないのもあったので、あああの曲だったのね!との発見もありました(無知)






◆ R☆Sオーケストラ(千秋真一デビューシングル)

B000ALJ16Sブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレ
R☆Sオーケストラ 千秋真一 千秋真一 R☆Sオーケストラ

キングレコード 2005-09-22
売り上げランキング : 22
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブラームスの交響曲第1番が第4楽章まで入ってました。
これ、実際に演奏したオケの名前がどこにもないんですよ。
あくまでR☆SオケのCDとしての扱いみたいで驚きました。
そのせいか、勢いのある演奏になっているような。


それから真一君が指揮者コンクールで行った間違い探しゲーム
あれの間違い版と正しい版が収録されています。
いや面白いですね!

私にはどこが違うのかさっっぱりわかりませんが。

千秋様もこれ聞いたのかと思うと感涙です(大げさ)


しかしほんと、指揮者ってすごいですね
ただ棒振ってるだけじゃないっていうのは、のだめ読んでれば私のようなアホでもわかりますが。
こんなの違いがわかるわけないじゃんか・・・。
いくら総譜があるとはいえ、それはもうものすごく大変なポジションだということを改めて感じました。
これから聞き込んで、意地でも違いを見つけてやろうと思います。
ヒントは一応漫画にありますしね・・・それでも私にとっては気の遠くなる作業だな。





いろいろまとめて買ったせいでのだめワールド展開中です。
やっぱクラシックっていいですね。
早く14巻読みたいです(気早すぎ)
というかのだめはオケとちゃんとやれるんだろうか・・・。
あの独特な癖はもう直ったのかな・・・?

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。