スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すげぇネット繋がった!

海外でWi-Fi、なんかよくわからんので避けてたんですが!
簡単やん!!普通にできた!!
とりあえず目の前の光景を写メるよ。


何処かわかるな〜


左の地図でわかるよね!

今はホステルで手紙書いたりしてましたが、今から外に行ってきます!
雨が降ってるよw
スポンサーサイト

ポルトガル7日目!

ポルトガル最終日です!
今日はリスボンに戻り、初日らへんで行き損ねた場所をカバーして帰国します。

リスボンで思いだしたんだけどさ、これ帰ってきてから気づいたんだけどさ。
初日に行ったこの展望台。

DSC00085.jpg
これ、どっかで見たことあるような気がしてたんですよ。
まぁ有名な観光スポットだし、どっかで写真でも見たのかなぁと現地に行っても気づいてなかったんですが、やっと判明したよ!

エステー 消臭力のCM

これ!この男の子が高らかに消臭力の歌を歌い上げる、この印象的なCM。
これのロケ地がリスボンのサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台だったんですよ!!
なるほど、これがサブリミナル効果か。
どこで見たのか思い出せないけどなんだか見覚えがある、懐かしい風景。
この印象が残ってたんだなぁとすっきりしました。
結構話題になったCMだから、きっと皆さん見たことあるよ。

しっかし写真がクソやな…w
いやーこの展望台の景色、本当に美しかったんですよ。
返す返す、ズームやら色調やらマスターした旅後半で撮りたかった。
最終日の写真と比べてみてくださいよ↓

DSC02686.jpg

DSC02760.jpg
一目瞭然じゃない??
そりゃ初日以降3000枚くらい撮ったからね。
多少の向上はしてないと悲しいよねw
それでも、タカノのこの7日間で、我ながら写真撮るの上手くなったと思うわ。
とりあえずはまっすぐ写せるようになったし、瞬間的にビビっと来た景色をきちんとそのまま納められるようになった。
自己満としても難しいんですよ。
普段は無意識にフォーカスしながら眺めてる景色を、ファインダー越しに焦点正しく捉えるっていうの。

とにかくポルトガルは最高でした。
景色も人も何もかもよかったけど、タカノ的に一番は「マイナー国」ってところかなと思います。
自分だけが知ってる美しい景色。
まぁ本当はそんなことはないけど、そう思い込むと、よりいっそう美しく見えてくる。
ポルトガル、ほんとによかった。
まだまだ行きたい村がたくさんあった。
また行きたいなぁ。
いつか行くと思います。10年後とかに。それくらい良いところだった。
本当にありがとうポルトガル!!

さて勘の良い方は、1年以上放置してた旅行記を必死で書き始めたタカノを見て、もうお気づきのことでしょう。
タカノは次ぎの旅行に行ってきます!

明日から!!!

またかー(笑)
国は今度はメジャー国です。
旅行中にブログ更新できたらいいな。
期待しないで待っててください。

ああああああやばい準備やばいまじやばいいやでもポルトガル旅行記書き終わっただけでも奇跡だろ絶対無理だと思ったもんああああもう本気やばい地球の歩き方まだ一切見てないんだけどホテル予約どころか空港到着時間以降の全日程が完全白紙なんだけどどうなるのおおおおおお

ポルトガル6日目!

楽しいポルトガルの旅も終わりを迎えようとしています。
明日は帰国。
まだ居たいけど、毎日歩き回って疲れが出てきたし、そろそろ頃合いかな、あーでもやっぱりまだ居たい。
そんな気分で迎えた6日目。

ポルトガルの旅において、タカノはここまで一切予約をせず、行き当たりばったりを貫いてきています。
が、ポルトガル最後の夜だけは、ホテルを予約していました。
ポルトガルに旅行に行く人にはぜひお勧めしたいのがこれ。
ポザーダ。

ポザーダとは国営ホテルの総称ですが、その特徴は修道院や古城を改装してホテルにしているんです。
つまりですね、リアル古城に宿泊できるんですよ!!すごくない!??
いつも外から眺めて写真撮って、はぁーん胸きゅんとかうっとりしてるあの古城やら修道院の中で眠れるんですよ。
もうね、行くしかないじゃんね。
地球の歩き方に特集があって、どれもすさまじい可愛さでどうしようだったんですが、翌日はリスボンで帰路に着く身。
リスボンの近郊でめちゃくちゃ可愛い古城があったので、そこに予約を取りました。
しかもスウィート!!!だってあの一目惚れした石造りの部屋がスウィートだったんだもの!!
10万とかだったら諦めるけど、2万切ってたんですよ。びっくりするくらい安かった。
だって古城ホテルのスウィートだよ!?

本日は、古城ホテルとその街を堪能することがメインです。

ポルトガル5日目!

英語圏外に本格的に行ったのは初めて(ドイツフランスあたりもあったけど1~2日だったし)でしたが、全く問題ありませんでした。
日本人レベルには英語通じるし(つまりカタコト&単語並べるだけなら余裕)、インフォメーションやホテル、チケット売り場のカウンターの人は英語できる。
あとはその場のノリと雰囲気でだいたいわかる(笑)
ポルトガル語も少し覚えたよ。
もともとスペイン語と似てるそうで、あとで調べたらスペイン語だったんだーってのは結構ありますが。
いくつか紹介。

・ありがとう
最重要単語。しかしポルトガル語のありがとうは、男性が使うか女性が使うかで単語が違う。
男性:オブリガード
女性:オブリガーダ
こんな語尾の違いなんてわかるかい!同じようなもんやろと思ってましたが、意外にはっきり違う。
男性の「オブリガード」は、アクセントが「オ」にきます。最後の「ド」は聞こえないくらい。「オブリガー」って聞こえる。
女性の「オブリガーダ」は、「ガ」にアクセントがきて、「ダ」まで丁寧に言う。むしろ「オブリ」が聞こえないで「もにょにょガーダ」みたいな。
全然違う単語のように聞こえました。

・やあ!
英語のHi!にあたる、気軽な挨拶、「オラ!」。
でもこれスペイン語らしい。みんな言ってたのになー。

・おはよう!
「ボンディア!」
ホテルの受付の人、バスの運転手さん、朝に会う人はみんな「ボンディア!」。
たくさん聞いたからすぐに覚えたよ。

・ばいばい!
みんな「チャオ!」って言ってた。けどこの発音はスペイン語らしい。ポルトガル語は「チャウ」らしい。違いわからんかったw

・どういたしまして
いたるところで「オブリガーダ」言ってたから、この言葉もしょっちゅう聞いた。「デナーダ」どういたしまして。
数回自分が言う機会があったんですが、一方通行じゃない会話をポルトガル語で往復できたことに感動した。

・はい
英語のYESの場面で「スィ」。「このバスリスボン行き?」「スィ、スィ」みたいな。

このくらい覚えておいたら、旅行中困ることは無いと断言できる。
あとは身振り手振りです。
場所を聞くときは、地球の歩き方の地図やアドレスを指し示す。
料理を注文したいときは写真を指さす。
「オラ!(にっこり)」スィスィ相づち打ちながら身振り手振り「オブリガーダ!(にっこり)」
これで万事OK。

英語も、ネイティブよりわかりやすいかもしらんです。
だって自分と同レベルだから。難しい単語使わない(使えない)から。
この旅行中、言語に困ることってほとんどなかったな。
書いてる文字が一切読めなくて残念wてくらい。
英語だったらうっすらわかるときもなきにしもあらずだけど、ポルトガル語は宇宙文字レベルだからね。無理ね。
あとなんか反応が、わからなくても許してもらえる感があるというか、もとから通じないだろう前提でそれでも伝えようとしてくれる感があるというか、そんなかんじでした。
英語だとさ、「英語できないって…」みたいなかんじがうっすら無きにしもあらずだけど、ポルトガル語は「アジアの人がポルトガル語わかるわけないわよねwじゃあねぇ、なんて言ったらいいかなぁ」みたいなかんじでとにかく優しかった嬉しかった。

ってことでポルトガル5日目!
今日はブラガvsマンチェスターユナイテッドの試合がありますよ。
どうしよっかなーどうしよっかなー。
悩んでいましたが、今いるポルト近郊で行きたい街が2つあるんですよ。
ギマランイスとブラガ。
サッカーは夜なので、午前中ギマランイス、午後ブラガの順でハシゴすることにした。
なのでこの日は強行日程ですよ。
頑張ります!

ポルトガル4日目!

ポルトガルの人って、本当にいい人ばかりでした。
なんというかですね、純朴なかんじ。
田舎にたくさん行ったからかもしれないけど、みんなのんびりしててゆったりした空気感。
日本人というかアジアンが珍しい、しかも女一人だから超珍しげにこっち見てくるんですが、みんな孫を見守るような優しい視線でにこにこしながら見てくるw
レジに並んでるときも、孫の初めてのお遣いを見るように、「大丈夫?5ユーロってわかる?ユーロわかる?」と今にも声かけられそうなかんじでこっち見るw(そしてわかってないタカノをすごい助けてくれるw)
お店の人とかも、みんな陽気で優しくて、めっちゃ歓迎してくれて、会う人会う人「やさしいなー」としみじみしてしまうような、そんな出会いが多かったです。

たぶんね、アジアンがまじで珍しいんだと思いますね。
旅行中、アジア人の旅行者ほとんど見なかったもんね。
こんなことは初めてでしたよ。今までは日本人はもちろん、中国人の団体さんとかめっちゃ見たもん。
ロンドンとか普通にアジア系住民多そうだったし。
そういう地域だと、アジア人が一人でいたところで特に気をとめないと思いますが、ポルトガルはそれが無い。
タカノが声をかけると「うおーガイジンさんに声かけられちゃったよ!!」ってかんじでテンション↑↑
そして聞いたこっちが引くくらいめっちゃ丁寧に教えてくれるw
そんなスレてないというか、都会っぽくないというか、のんびりした素朴な気風が本当に心地よかったです。
ポルトガル大好きになりました。ずっとこんな国でいてほしい。

ってことで4日目です!
今日は北部に移動するよ!
ほぼ一日中バスに乗ってるよ!

ポルトガル3日目!

唐突に再開します!
一応ポルトガル旅行記これまでのまとめ。
旅行中の中間ハイライト
帰国報告
プロローグ
1日目
2日目

そして3日目!
2日目も前日と同じホステルに泊まったんですが、このホステルでは、バックパッカー同士の仲を深めるため、希望者を募って毎日みんなでディナーを食べる会が催されてました。
タカノは自分の観光優先だし、そんながっちりした人付き合いは無理なので希望しなかったんですが。
喉渇いたので食堂にお水をいただきに行くと、まさにディナーの真っ最中。
うわタイミング悪かったかな?まぁいいやお水だけもらって即退散しようと食堂に足を踏み入れたら。
前日仲良くなったアメリカ人のおばちゃんが声をかけてくれた。
というか、ちょうどカメラを持って立ち上がったところにタカノが来たらしく、
「リノ!ちょうどいいところに!みんな、日本人のカメラマンが来たわよw」と紹介されるw
日本人カメラマンタカノは快く写真を撮ってあげましたw
お水もゲットできたし良かった良かった。

3日目はチェックアウトの予定だったので、毎度のごとく鶴を折って、翌朝プレゼントしてあげた。
彼女は起き抜けに洗面所に行ってきたところだったみたいでちょっと寝ぼけてたけど、涙目になるくらいめちゃくちゃ喜んでくれました。
やっぱりこういう交流は心が温まるね。
いい人だったなぁ。


さて本日はとうとうリスボンとおさらばして内陸に向かうよ!
エボラとモンサラーシュに向かいます。
モンサラーシュはタカノがポルトガルで一番行きたかった場所。
この日が一番心に残ってる。最高だった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。