モーニング娘。の新曲?がお披露目されました。



これ新曲なの?違うの?どっちなの?
新曲だったら普通何日リリースの~とかコメント文に書いてるよね?
なんなんやろか。つんくの気まぐれ?
でも新曲のタイトルバレ、こんな名前やった気がするんですよね。ブレインなんとか・・・
でもれいな卒業曲でこの扱いはないやろうし、なんなんだろね?

曲が微妙だけど、ダンスがかっこいい!
鞘師vs石田の感想とか、最初と最後に4人で踊り狂うところとか。
特に最後、ふくちゃんがすごすぎる・・・!
鞘師はさすがにかっこいいね、どんだけ激しく動いてもポーズが決まってるねってかんじだけど、ふくちゃんはポーズはそこまでピシッとはしてないけど、腕も足もそんなに動かしたらもげるぞ!っていうダイナミックさがすごい!!!
そしてここのダンスメン選抜4人に小田さくらが食い込んできたーーー!!!
歌割が多いのは納得だけど、ダンスで重用されるとか凄いやん・・・!

あとこのダンス、今までどちらかというと脇を固めてたメンバーがいいポジションにきてる!!!
特に工藤と生田!前にでてきたやん!おめでとう!!
お陰で初見は誰が誰かわからなかったよw
やっぱサッカーのポジションと同じで、だいたいの位置を予測しながら見てるんだなというのがよくわかりましたw
しかし工藤センターとか新鮮でいいねぇ。
センターってやっぱ重要だね。誰がくるかで雰囲気ががらっとかわる。
工藤センターはやっぱりボーイッシュでやんちゃでみずみずしさがあるよ。面白い。
そして鞘師センターでの間奏、この安定感とかっこよさといったらどうよ。
もういっきに画面が引き締まるっていうか、ほんとぴりっと胡椒振ったみたいに全体がキビキビしてみえるよ。
ああああありほりほかっこいいよりほりほおおおおおお!!!!!

あと小田ちゃんはさすがに声が違うね。
あれなんて言ってんの?「み~れ~お~き~れ~」にしか聞こえんw
小田ちゃん、初めて見る髪型で、今までと印象が全然違うもんだから、3回目くらいまでいるの気づかなかったよ。
めっちゃいいやん!ああいうイケイケな雰囲気も出せるんやん!
気づいたときびっくりした。
というか生田と髪型とか体格とかかぶりすぎて、生田が二人おるかと思ったわw
いや普通に考えたら生田は一人だろ、でもじゃああれ誰だよ、わからん、消去法でいってもわからん。
鈴木か?いや鈴木は青で目立ってる。まさか飯窪さんか?いや飯窪さんも違う。誰なんだよ!!!
小田ちゃんのこと忘れてたわけじゃないよ。でもこの誰かわからん子はめちゃくちゃ視界に入ってくるからさ。
小田ちゃん前作では目立たなくて埋もれてたし、イケイケな髪型だし、まさかだったよ。
本人ほんわかほよほよした感じだから、まさかこんなにイケイケ路線が似合うとは思わなかった・・・!!
これは嬉しい驚き・・・!

今回みんな髪型がスポーティというか、あげてるんですよね。
よけいな髪飾りはついてないし、意外に似合う!って思う子も多いんだけど、いかんせん見分けづらい。
タカノですらこの画質だと初見で判別できなかったよ。
もうちょっとほら、、、ね。
まぁ衣装は可愛いよ。というかまともにアイドル衣装。
欲を言えばもうちょいスカートっぽく見えるようにしてほしかった。
しかしこんなにまともだと、逆に物足りなく思えてくるのはもうハロにはまりすぎたゆえの業ですかねw
衣装かわいいし、撮影にもお金かかってそうだし、本当にこれは何のPVなんだ?

あと今回靴!
なんかいつもと違うというか、バリッとかっこよく見えるなぁと思ってたら、身長の低いメンバーのヒールが高い!!
大丈夫か・・・とくに怪我歴のある鞘師と石田はひやひやしてしまうわ。
かっこいいんだけどね・・・!!!
特に鞘師・・・高いヒールでガツガツ踊ってるのもうマジかっこいいんだけどね!!!!
怪我だけはしないでおくれよ・・・。

その他一言
・まーちゃんセンターきたーーーーーーー!!!!まーちゃんまーちゃん!!!やったねまーちゃん!!!人見知りするのが残念なタイプ♪
・小田ちゃんってちょっと猫背?だったら直してほしいな。
・工藤が赤い服にあのキャップだと完全にシンデレラコンプレックスのゆうかりんな件。
・青チームのタカノ推しメン率が異常。
・ワクテカと同じコレオグラファー?振りかぶりすぎだろ・・・曲も被ってるが・・・。
・児島よしおはないわ。
・最後の4人が何度見てもかっこいい・・・!一瞬沈んでバッと両手を広げるところ・・・かっこよすぎ・・・りほりほ・・・かっこいいよりほりほ・・・。
・前から思ってたけど、ダンスの上手い人って、髪の毛の動きまで制御できるもんなの?りほりほの髪の毛の動きが完璧すぎるんだけどいつもいつも。ぶわっと広がってしゅっとまとまって、振り付けの一部になってんだけど。りほりほ・・・最高だよりほりほ・・・どうかこのままカッコイイ路線を極めてください・・・頼む。

昨日は時野さんのチャット会にお邪魔してきました。
とっっっても楽しかったです!時野さん、参加された皆さん、ありがとうございました!!

いろいろ情報を仕入れたので忘れないようにメモしておこうと思います。

まず春アニメ「カーニヴァル」。
これマジで好みのキャラがいるんですけど。なにあの人。なんなのすごい。
まぁまだキャラデザと、あとキャラ概要しか見てないんですが、この時点ですでにすごい。
キャラデザがまずどストライク。
そしてアニメ公式のキャラ概要によると「口は悪いが、面倒見がよく、知能レベルが高い」
え・・・なにこれ・・・文節ごとにタカノ的最強萌えワードが出てくるんだけど・・・(驚愕)
NO6のネズミがこの萌えキーワードを凝縮させたキャラだったんですが、またきたのか・・・しかもキャラデザはネズミを上回る破壊力・・・ネズミで唯一惜しいと思った長髪が短髪になってる・・・すごい・・・これはすごい・・・。

・黒髪
・短髪(結べない程度以下)
・きつい目つき
・ツンデレ
・そっけない
・口が悪い
・頭がいい、頭脳派
・(実は)面倒見がいい
・組織のNO2
・孤独
・どM
・エリート
・軍服
・陰

↑タカノが食いつくワード集。
あのガレキとかいうキャラはこれ凄い確率で当てはまってね?
とくに「黒髪短髪」「口が悪い」「頭がいい」「ツンデレ」このタカノ的萌えワード四天王のうち3つがストレートに当てはまるとかすごい。
もしかしてツンデレだったらさらにすごいことになる。タカノさんが。っていうかキャラデザ的に可能性高くないかこれ・・・。
ままままぁ動いてるとこ見ないとなんともね。わかんないよね。
ちなみにツンデレの定義は「『お、お前のためじゃないんだからな///』に類似するセリフを言うか、もしくは言ったと仮定してタカノ的に違和感がないか」どうかなので、こればっかりは自分で見てみないことには。
ちなみに過去出会ったキャラで、四天王をすべて満たしたキャラは、今のところ銀魂の土方さんと、おお振りの阿部君のみです。
特に土方さんは四天王以外もほとんど当てはまってどれだけタカノ的に神キャラなのか改めて思い知らされるね。

四天王の中でもさらに絶対なのは「口が悪い」と「頭がいい」なんですが、これを両立させるのがなかなか難しいんですよ。
頭がいいと口調も丁寧なことが多いから。(口の悪さ判断は「○○やってんじゃねーよ」というセリフがタカノ的に違和感ry)
この二点に絞っても追加されるキャラはヘタリアのイギリス、NO6のネズミ、最近絶縁の真広がきたくらいだ。
口の悪さでやや劣るものの次点でルルーシュとかかな。
まぁタカノのサーチ能力が低いってこともあるので、他にもいたらぜひ教えてほしいです。
ガレキとやら、あの短いキャラ概要で既に満たしているとはなんなのこの人・・・。

ということでカーニヴァル、春アニメ最注目になりました。
漫画原作みたいだけど、せっかくだしアニメまで我慢しよう。


あとはゲーム!ゲームね!!!
時野さんから咎狗について詳細を聞いたらやってみたくなっちゃいましたw
18禁BLゲームなので反転
とりあえずシキルートを全ルートやって、他にもやれそうならケイスケもちょっとやってみたい。
シキルートは軍服エンドを何をおいてもまず先に見たい。
つーかシキ様まじかっけぇ!武器日本刀ってなにそれ萌える!!
自分でもちょっと調べてみたんですが、これシキ様はもちろん、普通にアキラのスペックが好みな気がする。
というかゲーム開始時から意外にハイスペックなんですね。
操作キャラがこういう設定って珍しくない?
あとシキ様がかっこいい。総帥かっこいい。軍服超もえたもえたあれは良い軍服
残された問題はリンルートだな・・・これは本気でタカノさんには致命的な大問題。
なんでそんな鬼畜設定にするの・・・だれがそんなことを考えたの・・・。
こういうのはもう理性でも感情でもない、ただの本能的な反射で無理なものは無理なのよ・・・。
でもBLゲームではよくあること。
キチメガだって御堂さん攻めルートにある御堂さんの秘密暴露シナリオを涙を飲んで諦めたじゃない。
あれはマジで見てみたかった。というかアレは話を聞くに、御堂さん受けルートにこそあるべきシナリオだった。
くそぉ!くそぉ!こんな不自由な体じゃなければ萌えが何倍も味わえるのにくそぉ!!!
しかし今回は、リンルートを避けてたらゲームの主目的が果たせないという鬼畜眼鏡以上に鬼畜な設定ということで、もう本当にどうしたらいいの!!
まぁもしかしたら大丈夫かもしれないし。もしかしたらだけど・・・。
様子を見つつ教えていただいた技を使ってみようと思います。


あと、チャット会で話題にあったのが「ラブプラス」。
前からラブプラスやってみたくてですね。気持ちが高まってきてしまったふつふつと・・・。
かわいい女の子の育成ゲームっていうくくりで、あとアイマスもやってみたかったんですけど、まずはラブプラスだな。
まなかたんてらかわゆwあとねねさんもいいなねねさん!
やっぱさぁ、日々仕事に疲れると癒されたいわけですよ。
男の子キャラは癒しっていうより能動的な萌えになってしまうから、ちょっと違うんですよね。
かわいい女の子に癒されたい。
自分自身が好みの外見ならさぁ、鏡見たら即癒しになるだろうけどさぁ、無理じゃんこれじゃ何の癒しにもならないじゃん。
妹とかいれば良かったんだけどなぁ。
でも妹いたとしても大きくなるからね。やっぱ10代のきらめきよ永遠にだからね。
不安なのは、はまりすぎたら現実に戻ってこれなそうな点。
大丈夫かな・・・これ大丈夫かな・・・w
あとDS持ってないから買わないと。
まぁこれも1つくらいはあった方がいいんじゃないかと思ってたので問題ない。
数年越しになるかもしれませんがw手をだしたいリストにメモメモ。


あとゲーム関連で言うと、一つやってみたいゲームがありましてですね。
何のゲームかと言うと「ハーツオブアイアン」です。→こういうゲームです。たぶん読んでもさっぱりわからんと思いますw
第二次世界大戦を舞台にした、歴史戦略シュミレーションゲーム。
国を一つ選択して、その国をプレイしながら強くしていって、第二次世界大戦に勝ち残っていくゲーム。
偶然プレイ動画を見たんですが、もう面白そうで面白そうで。
ゲーム音痴タカノがやれるのかわかりませんが、やってみたい。
とりあえずどうやっても死にそうにないアメリカでやって、ゲームに慣れたら日本で世界征服して、その後はヨーロッパのどこかで生き抜いて、最後に小国プレイをしてみたい。
ただこのゲーム、パソコンスペックがそこそこ無いとだめっぽくて、まずパソコンをどうにかしないといけないところがハードル高すぎるw
オフが落ち着いたら挑戦してみようかと思ったけど、厳しそうです。
数年越しの長期プランに変更だなw


あー時間がほしい!!!
今は仕事がやばくてですね。年度末は殺人的なことになってくるんですよ。
4月に入ったら娘。春ツアーが始まってゴールデンウィークまで一色になるし。
その間に地味に試験もあるし。
5月終わりくらいならできるかなーどうかなー春アニメも期待度高いやつがたくさんだしなー。
スケジュールみつつ挑戦してみたいと思います!

ポルトガル1日目!

さてようやく本編です。

1日目は、金曜の夜23時関空を出発。
イスタンブールで乗り換えてリスボンに向かいます。
リスボンには土曜の昼2時くらいに着く予定。
到着したらホテル確保して、できる限り観光します。

使ったのはトルコ航空だったんですけどね。
もう本編前だけどここで言っていい??

トルコ航空神なんだけど!!!

いやもうタカノさん大絶賛ですよ素晴らしすぎる。
まずね、関空を夜11時に出発する便があるってのが最高。
これで半日多く現地滞在できるし、明るいうちにホテルに移動できるもんね。
到着日の半日ってのは大きいですよ。当日に少しでも現地を観光できたら、その後の予定の余裕度が段違い。
あと、夜11時日本発だと、イスタンブールに現地時間朝6時くらいに着くんですよ。
そこから各ヨーロッパ行きに乗り換えるんですが、朝6時に着いてたら、そこから午前中以内にたいていの飛行機は出発する、つまり乗り継ぎ待ちの時間が少ない。
これが夜10時中継地到着の便だったりしてごらんよ。通常の出発ラインナップが揃う前にまず夜明かし必須なんだよ?
さらに料金が安い。タカノの手配タイミングでは最安値だった。
中国とか韓国の格安航空会社と比べてだよ?
この時点でもうトルコ航空一択だったんですが、乗ってみてさらに良かった。
機内食まじうめえええええぇぇぇぇ!!!!!
トルコの味付けマジで日本人の舌に合うっていうかうめええええええ
今まで中国系とアメリカ系に乗ったけど、今回が飛び抜けてベスト。本当に美味しい。
さらにいろいろ気の利いたグッズをくれる。
あと乗り継ぎ地点のイスタンブールの空港が中東臭すごくて目新しく、かなり新鮮で楽しかった。
思ったよりキレイだったし、ベンチ多くて余裕で座れたし。

ほんっとトルコ航空良かったです。
マイナス点は、リコンファーム(帰国便の予約確認)が必要である点。
これは面倒だったな。電話自信ないから現地のカウンターで済ませたけど、到着日は1分1秒が惜しいもんね。
あとは、あの料金でこのサービスは、サービス良すぎて逆に怖いってくらい。
どこで費用捻出してるんだ・・・大丈夫か・・・倒産しないのか・・・。

でも次回からもできれば使いたい、すっかりトルコ航空のファンになりました。

ではそんなトルコ航空の機内食から旅行記スタート!!

2012年ポルトガル旅行記~プロローグ~

ふー。
やっと写真のUPが終わったし、そろそろ書こうかな。

ということで!
2012年11月のポルトガル旅行記のはじまりはじまり~!!

ポルトガルはねぇ、本当に楽しかったですよ。
・マイナー国であまり知られていない、自分だけが良さを知ってる特別感
・温暖で11月でも南の方はあったかい
・ヨーロッパでは有名観光地なのでホテルや交通が発達してて旅行しやすい
・外務省ホームページの注意喚起でも「スリに気をつけましょう」レベルという治安の良さ
・まったりほのぼの素朴な雰囲気
・ご飯うまー。海の幸山の幸、甘いお菓子にお酒、なんでも美味しい
・14世紀には世界の覇権をとっただけある重厚な歴史的建築物、ローマの遺跡、歴史好きにはたまらん雰囲気
・海からいきなり盛り上がる丘地帯に街を立ててるので坂道がきついけど景色最高
・物価やっす!!

とね!
挙げてはキリが無いくらい良いところでしたよ。もう大好き。
また行きたいなぁ。

日程は、11月2日(金)夜関空発~イスタンブール乗り換え3日リスボン着 → 11月9日(金)リスボン発イスタンブール乗り換え10日関空着。
飛行機はトルコ航空。9月半ばに手配して、手数料燃油サーチャージもろもろ含めて128,310円でした。
2週間早ければ2万くらい安くできたけど、もたもたしてるうちに(トルコやスペインもついでに行こうかとか悩んでるうちに)跳ね上がってしまった・・・。

今回は出費をほぼ全部記録することに成功したんですよ。
毎回気持ちだけはあったけど途中で忘れて放置してたんですが、奇跡的に今回最後まで覚えておけた。
なのでざっくりと使ったお金も紹介っていうか記録残しつつ書いていきたいと思います。

では!まずはポルトガルの地図ね!


より大きな地図で ポルトガル全図 を表示

ポルトガルってそもそもどこにある国なの?
→スペインのお隣です。

いやもう会社でこれ聞かれたときはさすがにショックでした(笑)
スペイン・ポルトガルって結構セット扱いで出てくると思うんだけど・・・。
一瞬とはいえ世界の覇権を握ったこともあるのに。

まぁ場所はここです。
で、行った地域をざっくり目印つけてみたんですが、どうやこの縦横無尽っぷり!!
正味6日でここまでうろうろしまくったのはかなり頑張ったろ!!

さぁここでポルトガルの基礎知識をタカノと一緒に勉強しましょう。
ポルトガルは、地域的には南部・中部・北部に分かれます。
南部の中心都市は、言わずとしれた政都リスボン。日本で言う東京。
中部の中心都市は学都コインブラ。日本で言う名古屋。
北部の中心都市は商都ポルト。日本で言う大阪。
「日本で言う」イメージそのままなので覚えやすいね。
言語はポルトガル語。植民地時代の名残で全世界で話されています。筆頭はブラジルとか。
事前に知ってたのは気軽な挨拶「オラ!」と、ありがとう「オブリガード/オブリガーダ」のみ。
気候は温暖で過ごしやすい気候。冬は東京より暖かく、夏は東京より涼しい天国。
でも日本と同じで縦に長い、また海と山が両方あるので、地域によって気候に差があります。
日本との歴史的縁も深い。織田信長時代の、いわゆる南蛮貿易の相手国はポルトガルです。
天ぷら、カステラ、火縄銃と、ポルトガルが日本に持ち込んだものは数知れず。
みんな知ってるザビエルさんもポルトガル人ですよ。
なのであの辺の南蛮文化にロマンチシズムを感じる人は、ポルトガルの文化芸術はストライクだと思います。
タカノは戦国時代はからっきしダメだけど、あのビロードにふわふわの白襟みたいな雰囲気が大好きなので、それが今でもどことなく感じられるポルトガル文化にはメロメロになりました。

最後にざっとポルトガル史。
イベリア半島は1000年くらいまでスペインと一緒くたですので、まずローマの支配→西ゴート王国→イスラム支配→レコンキスタの流れ。
ポルトガルが独自色を出すのはここからで、レコンキスタの結果できたポルトゥカーレ伯領が独立してポルトガルになります。
そして13世紀にレコンキスタが完全完了すると、わーいイスラムに邪魔されず自由に船で行き来できる!とテンションの上がったヨーロッパの北海周辺と地中海周辺を結ぶ中継地として重要な役割を果たし、一気に商業が盛んになります。
エンリケ航海王子という海が大好きなロマンの男が現れたこともあり、彼をパトロンとしてガンガン外洋へ進出。
喜望峰到達でアフリカ航路開拓、ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路開拓。
大航海時代を切り開き、東方貿易大いに栄え、日本にもちょくちょく顔を出します。
最終的にブラジルに到達、世界各所に植民地を持つポルトガル海上帝国として最盛期を迎えます。
その後イギリスやオランダなどの後乗り組にお株を奪われ一時衰退するも、ブラジルに全力を注いだ結果再度経済的に潤います。
しかしその後ブラジルの旨みがなくなり始めじわじわ衰退。
決定的となったのがナポレオンのクソ野郎が攻めてきて首都陥落、「ブラジルの植民地」と言われるほど没落してしまう。
ぐだぐだしてる間に最大の植民地ブラジルに独立され完全に骨抜きに。
その流れで王政から共和制へ移行、第1次世界大戦は連合側で無難に参加、大恐慌でただでさえギリギリだった経済が大打撃。
お隣スペインの真似をして?サラザール独裁政権となり、第二次世界大戦では体制の似てる枢軸側っぽくみせかけて連合側に愛想を振りまくという日和見中立外交でなんとか切り抜ける。
しかしその後も経済はどん底。
戦後の植民地独立ブームに逆らい、残り少ない植民地を手放したくないと粘った末の血みどろ独立戦争のせいで本国経済も立ちゆかない事態となったうえ、アンゴラやティモールなどに紛争の種をまく。
いい加減独裁政権が時代遅れとなったところでカーネーション革命と呼ばれる無血クーデターを成功させ民主化、植民地を全て独立させて、名実ともに帝国終了。
その後ECに加盟、ECから援助を受けつつ堅実経営で財政も持ち直し、90年代から近代的な発展をみせ地味に好景気に突入。
しかし2000年代から地味に国外貿易の赤字幅が増え初め、2008年以降のユーロ金融不安の影響を地味に受けた結果、ギリシャアイルランドに次いで地味にIMFのお世話になることに。
しかし他二カ国のような巨額の損失は無いため、完全ギリシャ化は避けられるだろうと専門家からも地味な評価を受けており、IMF卒業に向け現在地味に頑張っているところです。

まとめると、生まれてから最盛期まではノリノリ大暴れ→その後没落の一途、一時は貧困極まる→最近持ち直して中堅国家として地味に頑張っている、という流れ。
この流れを頭に入れて行ったからか、リスボンの雰囲気とか、マジでそのへんがイイ感じに融和してて、かなり独特な空気感がありました。
詳しくはまた書きます。

さて、渡葡前のタカノのポルトガル知識はこんなところでした。(出典:地球の歩き方)
出発前、こういうの調べてたらもうワクワクマックスで爆発しそうになるよね!
それではやっと!本編に入ります、と思ったけど長すぎるので今回は序章扱いで。
次から旅行記に入ります。
終わるのいつになるんやこれ・・・。

レアル戦

香川先発どころかトップ下だったよ・・・。
おじいちゃん冒険しすぎ・・・試合前緊張して吐きそうだった・・・。
その他のメンバーもパスサッカーできそうな人ばかりで(ウェルベック除く)、まさに今現在のまんうパスサッカー全力陣!みたいな。

でも、何よりもすごいのは、


その布陣でまんうは放り込み縦ポンサッカーをやりおる。


おいいいぃぃぃwwwww
何のための人選だったのかwww

というか、レアルが強すぎワロタ状態で、前半何もさせてもらえず防戦一方。
数少ないまんうボールの機会も、付け焼き刃のパスサッカーなんて通用する気配すらなく、ボール前に運べず、我慢できなくなって縦ポンみたいな。
香川トップ下布陣ダメだったぬぬぬ。
これは風当たり強くなるかもわからんね。

香川の状態自体は、最初の数タッチを見たタカノセンサーによると、そう悪くなかったんですよ。
しかし最初数タッチ以降、守備でしかボール触ってないんじゃねってくらいボールがこなくなってトップ下なのに。
つーか香川のいる敵陣までボールが運べなくて。なので縦ぽんなのだが。
ルーニーはチームメイトに切れてるし、もうなんかチームがまとまってないのが丸わかりで、つーか攻撃なんて無理レアルのこの波状攻撃で1点しか取られていないのが奇跡的。

まぁもっと奇跡的なのは、そんな状態でまんうも1点取ってることなんだが。

もうまんうらしすぎてワロタwww
どんなに押し込まれてて防戦ばかりの一方的フルボッコ状態でもセットプレー一発でなぜか点を取るっていう。
そこからウェルベックの覚醒タイムになったこともあり、ウェルベックの足を生かした放り込みになるのも仕方ない。

後半はユナイテッドがややましになり、攻撃の時間もあったけど、でもやっぱりプレミア下位に魅せたようなボール回しは無理ですよねてかんじ。
レアルの勢いもちょっと停滞して、膠着状態に陥ったところで香川交代。
いいとこなしの香川でした。あーん残念。
一応、ウェルベックの1点を生み出したコーナーキックは、香川が取ったんだよ。そのくらいかな。
まんうパスサッカーやれるようになってきたっつってもやっぱり強いとこ相手だと厳しいねぇ。
プレミアですら相手によっては上回れるってかんじだし、まぁ付け焼き刃ですよね。
レアル強かったなぁ。ラフプレイするわけでもないのに、鋼の肉体っていうか何やっても倒れなさそうな力強さがあるね。
ルーニーが10人いるようだったよ。
レアルって名前しか知らなかったけど、十分強さがわかった。
その相手にアウェーで1-1。よくやった!守備強かったよユナイテッド!
90分が、今までにないくらいのあっと言う間だった!
タカノ採点デヘア8、ウェルベック8。香川もみんなもお疲れ様!OTでは勝とうぜ!


さー仕事いってくるか・・・寒い・・・外寒い・・・。

まじっすか・・・

ショック・・・
長年お世話になってるサーチ様をちょい久しぶりに利用させていただこうと思ったら・・・
今日閉鎖されてた・・・えええぇぇぇ・・・

ちょっとショックすぎて手と足の指先がしびれてます。
うそだと言ってよお願いだから・・・
前から告知されてたんやろか。他の人に引き継ぎとか無理だったのかな・・・。

普段は気にして無くても、こういう現実を突きつけられると一気に斜陽感っていうか、どうしようも無い感が出てくるよね・・・。
今までは斜陽とともに自分の興味も薄れていったからそんなに辛くなかったけど、歳を取って腰が重くなったのか、タカノの好みにドストライクすぎるのか、このジャンルだけはこのまま骨埋められるレベルでまだまだどっぷりなだけにこの現実は辛い。

タカノは同人は単体イラストなどにあまり興味がなく、漫画が好きです。
さらに漫画は厚ければ厚いほど嬉しいのでオフ本の方が好きなんですが(なのでピクシブとかアカウント取ったきりほぼ見たことない)、小説はオンラインの方が好きなんですよ。
小説もボリュームがある方が好きだけど、あまり長すぎても難しい。
中編がちょうどいいな。本で言うと80ページくらいのやつ。
やっぱり同人読むからには好きなキャラたちが濃い関係を持ってるのが読みたいんですが、長編すぎるとそのへんが薄味になっちゃうのがね。
例えばミステリーパロだとすると、犯人捜しやらどんでん返しやらがあって一つのお話としては面白いんだけど、肝心のキャラ同士の絡みが薄いとか。
燃えるけど萌えられないっていうか。
中編だとその辺のバランスがいい場合が多いので、オフはそのくらいの厚さを探してます。
そしてオンラインには短編~中編のお話が多いんだよなぁ。
あとやっぱりオフ本って体裁を整えるからか、話もまとまってて上手い本が多いけど、萌えって意味では荒削りで起承転結何もない、書きたい部分だけをピンポイントで書き殴ったようなお話の方が超萌えたりするんですよね。
そしてそういう掘り出し物はオンの方が遭遇率が高い。
まぁ何も生み出せないタカノが言うことじゃないけれどもね。
何が言いたいかというと、小説に限ってはオン重視なんだよタカノは。
あのサーチが無くなるのはマジで痛恨の一撃。

他のサーチ探したけど、やっぱりどこもデッドリンク。
あの大手もなくなってたのか・・・時の流れって厳しい・・・。

っていうか今日閉鎖って・・・。
1日早かったら死にものぐるいで片っ端からブクマして自分専用サーチ作ったのに・・・マジショック・・・。