ニューヨークに行きたいかー!!

先日やっと去年の旅行記を書き上げたばかりですが、今年はアメリカ、ニューヨークで年越しします!!
今回は最初から最後まで一人旅!
さっそく鬱になってます(笑)

ああもうやめればよかった。ってか無理。一人とか無理。飛行機に乗れない。この時期ニューヨークとか凍死する。

まぁ行ってしまえば絶対楽しくなることはわかってるんですが、この出発前の不安感は、まだまだ払拭できないようです。
マジ心配…大丈夫かな…。
今回も第一目標は「生きて帰ってくること」です…。

場所がニューヨーク☆なのは、実はかなり悩んだ上に消去法なので、そこまでガッツリ目標があるわけじゃないです。
今回は日程が厳しくてね…今年のカレンダーはなんなんだ…嫌がらせか…。
飛行機が関空から直行便があること(乗り継ぎで余計な時間を遣ってる暇はない)と、行きたい場所が多すぎない地域であることが絶対条件でした。
ヨーロッパに行きたかったけど、乗り継ぎが必須だったり、直行はクソ高かったり、行きたい場所が多すぎたりしてどれもボツ。
最終的に、現地の時間が一番多く取れそうなNY☆になりました。

NYで行きたいところはそうなくて、自由の女神の写真が撮れればいいなーくらい。
あとカウントダウンをタイムズスクエアでって一応企んでます。
でも無理そう。100万人集まるらしいよ。普通に無理だよね。
まぁ日本のニュースでも毎年やってるので(タイムズスクエアカウントダウン)、もし見たら、そこから10キロ以内くらいにタカノがいるかもなって思ってください(笑)

ニューヨークはそうでもないんですが、近場の都市を、また弾丸で無計画に行けるだけ行こうと思ってます。
ボストン、ワシントン、フィラデルフィア…
こっちの方が楽しみだ!
アメリカの原点を感じられたらいいなぁと思います。

それでは皆様、今年も残り少なくなりましたが、良いお年をお過ごしください!
来年もタカノ雑記をよろしくお願いします!





で、終わらないのがタカノなんだぜ☆
ってことで、以下は、ヘタリアについての話題ですので、全力で回避をお願いします。

真央ちゃん世界選手権出場おめでとう!!

きれいでした。すごくきれいでした。
もう昨日のショートで泣いて、今日は曲始まってすでに涙目で応援してました。
美しかった…女神様みたいだった…。
世界選手権でも見ることができそうで、ほんと良かったです。
苦しかっただろうに、結果出して、ほんとに凄いよ!おめでとう!!

安藤さんは格好良かったです。
ガッツポーズに痺れた!
カッケーー!!!と声に出たよ!
優勝おめでとう!!
安定感はさすがですね。
世界選手権でも高得点期待しちゃうよ!

男子は羽生君のショートプログラムが凄かった。
なんだか胸にきたよ。
全体的に良かったとは思うけど、決定的に何かが違ってた。
なんだろうとGPSの映像と見比べてみたけど、音の取り方が全然違うと思う。
振り付けと音楽のタイミングが完璧だった。
ああ、こういう振り付けだったんだって初めてわかりました。
試合ごとに成長が見えるのが、この年代の選手を見守る醍醐味ですよね。

高橋君も、フリーは今期一番良かった!
あれで4回転が決まると最高だ。頑張って!
高橋君の演技自体はすごく良かったんですが、ファンの声がちょっと。
もともと声援の多い選手ではありましたが、声の種類が明らかに変わったというか。
ジャニーズのコンサートじゃないんだから…。
スケアメのキスアンドクライでのファンの様子にドン引きだったんですが、なんとかならないものか。
世界選手権が正直心配です。もう1年くらい間があった方が良かったかもね…。

しかし、こんなにハイレベルな全日本、本当に凄い時代ですね。
こんな日本を見れるなんて、幸せすぐる。
男女3枠全てが、世界的評価を受けていて、台乗りが期待できる選手なんて、まさに黄金期まっただ中。
今後数十年は語り継がれますよ。
世界選手権も楽しみだ!
みんな頑張れ!!

ヨーロッパの旅(最終回)

やっと終わったーー!
今回が最後、ケルンから帰国までです!
もうあっという間に今年が終わっちゃうからね!
早くしないと次ぎの予定が詰まってきてるからね…!

ということで、最後まで書き終わりました。2009~2010ヨーロッパの旅。
いろいろ思いだしながらでしたが、一年経った今思うと、よくこんなことできたなーと人ごとのように感じてしまいます。
お前英語しゃべれたっけ?
なんで普通に会話できてんの?
列車とか、外国でどうやって乗ったの?
ホテルどうやって泊まったの?
道はわかるの?
よく死ななかったね?

自分でも不思議だ。
どうやってたんだろう…?

とにかく楽しかった思い出ばかりです。
なんとか最後までこぎつけて感無量…。
最終回も、ハプニング続出ですが(本当に最後の最後までネタに尽きない旅だった…)、おつきあいください!

では、ブリュッセルの朝から!