スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じマシンならアロンソとどっちが速いか気になるので、ルノーとかどうですか。・・・嫌。やっぱり。

ライコネンの話をしますというか、昨日の映像をまた見て笑いがぶり返したタカノです。

いやもう笑うんじゃなくて。

やっぱ、もうマクラーレンにさよならした方が良さ気ですねぇ。
なんだろ。
ライコネンの力に車がついていけてないような。
や、あの走りに合わせろっていうほうが無理なのかもしれないですけどw
アロンソのインタビュから察するに、ワザと押さえてたらしいですもんね、前半。
ライコネンがいくらプッシュしたところで、ラインさえ抑えておけば抜かれないでしょうし。
無茶だったのかもしれないけれど、それでもあれだけ押しまくってドキドキさせてくれたライコネンが好きです(告白)

ライコネンがスピード落として路肩に止めたとき、マシンから黒い煙がモクモクでてましたよね。
なのにライコネンは車降りなくて、早く消せって待機員に指示。
煙とまったとこで、車をきちんと用意されてる場所に移動させ、よっこらせとやっと降りた。

一度や二度の炎上リタイアじゃ、醸し出せないこの余裕っぷりはどうよ。

改めて見てみると、煙出た時点(きっとその前から予兆はあったんだろうけど)で、「あーまたかよ」って思ってたっぽい。
車降りてから「うーわ粉だらけ」って払ってるしw
ステアリング叩きつけたウェバーと対照的すぎるw
そりゃあさっさとクルージング楽しみたくなるよね。
でも実際にそれをやるのがライコネンだとも思いますけどね。
思っててもやらないだろふつーww

・・・マクラーレン、出て行くだろうなぁ確実に。
どこ行くかな。
やっぱフェラーリなのかな。
シューマッハがいなくて1stならそれでもいいんだけどな・・・。

まぁなんていうか、開幕時あれだけ騒いだタカノですが。

マクラーレンの今の車体カラー、どう見てもダサイんだもの。

もういいや。
マシンから煙のでないとこならどこでもいいや。

タイトルはもう無理ぽいので、残りのシーズンは純粋にライコネンらしい走りを楽しみにしときます。
それでエンジン死んでもオッケイだよ!
好きなように思いっきり走ってくださいな。





シューマッハ、「故意にやった」って裁定が下りましたよね。
なのにフジの持ち上げっぷりが解せなかったです。
「勝負にこだわる姿勢は変わってませんね~」的な方向ならわかるんだけれども。
ズルを試みたと正式判定が下ったのに。
なんだかなぁ・・・と思いました。
行為自体は好きなんですけどね。そういうヒール役w
スカパーかぁ。
月700円くらいでしたっけ・・・。
どうしよう・・・。

とか言ってるうちに鈴鹿が来ますよタカノさん!
スポンサーサイト

モナコ決勝

いよっしゃぁぁっぁあいきなりライコネン抜いた!!ウェバーを抜いた!

そしてどんどんアロンソを追い上げております!!!いっけえええええええ
77

最初のピットストップでは順位変わらず。
えらい早かったですね、アロンソ。
まーもう一回に賭けるしか。


ウェバーの車がモクモク。
SC導入。
アロンソ・ライコネン一緒にピットストップ。
順位変わらず出てきました。
・・・・。
順位変わらず出てきました。
・・・・。

orz


30


てか・・・。

ライコネン止まった・・・。

リタイアしてしまった・・・。

セーフティーカー入ってるのに・・・。

なぜだ・・・。

久々に優勝争いしてると思ったら・・・。

悪い病気が出てしまったのか・・・。

マクラレン・・・。

頼むよまじで・・・。

マクラレン・・・。


ああああああああああ亜。


28


もう寝ます。
おやすみなさ・・・い。

アロンソおめでと・・・。




ちょwwwライコネンヨットでくつろいでやがるwwww
人がこんなに残念がってやってるのにwwww
裸で酒飲んでんじゃねーよwwやけ酒かよwww
まぁ、酔っぱらった勢いで大切なモノを公衆の面前に晒してしまったお方ですからw
そういうやんちゃマンなとこ好きだけどさぁw
なんかどうでもよくなってきたよもーww




追記)

なんか、ライコネンで爆笑してちょっと画像なんぞを探しているうちにレースが終わってました(笑)
もう信じられないからライコネンw
黙ってりゃイケメンなのにさぁ。
精神年齢小学生なんだもんなぁ。
酒飲みだしねぇ。
まぁ、こんな人がど真ん中ストライクな私もたいがいです。

しかし今日のレース(残り28周まで)は面白かった。
ライコネンが久しぶりにライコネンらしい走りしてて、熱かった。
ワクワクしましたよ。
ここんとこずっとアロンソとシューマッハの争いでしたからね。
やっぱライコネンが絡んでくれると、気合いの入りが違います。(私の)
アロンソの独走にならなかったし。(残り28周まで)
いい緊張感の中、白熱したレースだったように思います。(残り28周まで)

残り28周まで。

orz

もう、なんでなのマクラーレン・・・。

まぁ、ライコネンはさっさとバカンスしてたし。いっか。
・・・ドライバー、終わった後報告とかないんでしょうかね?
モナコでクルージングかぁ。いいなぁ。ライコネ・・・ってかもうホント面白いよね君。

なんと言いますか・・・。
微妙にクるツボをゴリ押しされてしまった感が。
私のツボは本当に微妙なのに。
やってくれるよライコネン・・・。

ということで、レース内容の割には良い気分で眠れそうですw
おやすみなさい。

モナコ予選

腹黒シューミが戻ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!

と、最近の帝王ぶりしか知らない若輩者が言ってみますww
いや~噂は聞いていましたが、この目で見ることになろうとはw
や、地上波は見られないんですけどね。
でも問題のシーンはしっかり手にいれました。

シューマッハ、ポールポジションから最後尾へ降格。

最速ラップ叩きだしといて、でも最後の周回にスピードが乗らず、方やアロンソが上回る速さで回ってて、このままじゃアロンソがポールとっちゃう?ってとき。

M・シューマッハ、コース上で不自然なストップ。車放置。

以下のドライバーはスピードダウンせざるを得ず、M・シューマッハはそのままポールで決勝に臨むこととなった・・・。

ってのが予選終了直後の筋書きです。
しかしあまりにも不自然wだったため協議され、結局「故意」にやったとしてペナルティが課されました。
うわぉ。天下のフェラーリシューマッハなのに。もう過去の威光になっちゃったんでしょうか。


問題のシーン見ましたが、ど素人の私ですら不自然に感じますw
右にククッと曲がらなきゃいけなくて、思いっきり右にステアリング切った。
切りすぎて、やっべぇ右横っ腹がガードレールに当たりそ→左っていうかまっすぐに戻す。
そしたら行き過ぎちゃって、今度は反対側のガードレールに正面衝突しそう→また右に切って回避。
そのまま停止。
って流れに見えましたが。
止まらなくても、まだ行けた気がするんですけどどうでしょう。
なぜあんなとこで止まったの?
どう考えても邪魔じゃないか・・・。
しかもフェラーリのクルー笑ってるし!!
こりは・・・。

モナコってなかなか抜けないサーキットなんですよね。
クラッシュやトラブル起こさない限り、予選順位がそのまま決戦順位。
今回のシューマッハは、黒々としていてある意味面白かったですが。

ってことはポールアロンソじゃん・・・。

ええええ。
チャンピオン決定とか言う?もしかして。
しかも2番グリッドがマークウェバーですか orz
ウィリアムズ、最近スゴイよね。頑張ってるよね。

でもここはキミライコネンに譲ったげてくれないかな!

アロンソにもしかしたらを起こせるのはやっぱライコネンだと思うのだよね!
どうかな!
アロンソ独走、以下ウェバーに引っかかって大渋滞とかさ!
ないよね!
そんなことないよね!
頼んだよ!

面白くなりそうだモナコwとか思ったけれど、アロンソがポールとなるとなんだかなぁ。

・・・ライコネン、頑張って欲しいな・・・。

アフタ7月号

こんなはずじゃなかったアフタヌーン読者の皆様こんにちは。
(似合わないロリ服で袋だたきになってみよう)
自分に裏切られ続け24年の江古田ちゃんです。


こんなカンジで毎回江古田ちゃんは始まるんですが。
江古田ちゃん24歳だったんですか・・・。
今まで、思いっきりパラレル世界だと思って楽しんで読んできましたが。
(そしてその中の微妙なあるあるwに爆笑してきましたが)
・・・なんか、一気に身近なリアルさを帯びてきましたタカノです。(26、7だと思ってた・・・)

そうそう、江古田ちゃんの例のアレの色は、「下地にカラーレスブレンダーを塗って、その上からR21番を・・・」らしいです。(._.) φ メモメモ (何の役に立つというんだ・・・)


げんしけん、お疲れ様でした~。
連載4年しかなかったんですねぇ。
意外に短期間だったんだなぁとしみじみ。
笹原世代に沿った4年間だったわけですね。

というか。

今秋より「くじびきアンバランス」漫画連載&テレビアニメ化決定!!

ええええええなんだそれw
作者さんがネームを描いて、絵は別の方が担当されるようです。
えっと学園ラブコメディですかね?たしか。
ハーレムものっぽいですね。登場人物を見る限り。
うーん・・・それならここは千尋の女体化ネタでどなたかお願いしますw


ヒストリエ。
月刊連載なのに、週刊誌並みのページ数のヒストリエ。
でも。お願いします。

ペン入れくらいしてくださ・・・。
ペン入れしたところは消しゴムかけてくださ・・・。


もう、ペン入れてる人物とそうでない人物の差が激しすぎてw
浮いてる。
ペン入れした人の方が浮いてるから。
どう見てもちょっと丁寧なネームです。本当にありがとうございました。

・・・落とすよりいいですけどね☆先生がんば☆
(・・・歴史考証頑張ってください。あの数の兵隊さん描くの大変ですよね・・・)


ということで、阿部君が哀れで見ていられないおお振り感想いきます!
・・・もうホント、不憫な子だよ(笑)(←笑っちゃうんですよどうしても!)

デスノ実写映画

ちょっ!!!
映画デスノの主題歌、レッドホットチリペッパーズってまじですか!!!
すご!
すごすぎ!!
世界的に有名なロックバンドが日本の映画に曲を使わせてくれるなんて・・・信じられない。
しかも、ダメもとで漫画の英語版を送ったら快諾されてしまったってエピソード。
あの人らデスノ読んだのかww

曲は今月リリースされたばかりの新アルバムから、既にシングルカットされてる「Dani California」。
プロモ見てみました。
相変わらずはっちゃけてるなぁwww
一部はコチラから見られます。

ああ、一気に見たくなりました。
内容も、予告見る限りいい雰囲気じゃないですか。(公式サイト
まぁオリキャラ出るし、別の作品として見るのが一番だとは思いますけど。
それにしてもバックにレッドホットチリペッパーズって・・・豪華だなぁ。


この話の切っ掛けはこんな記事の発見です。
アジアに出回る「デスノート」…8か国・地域で公開決定
ヤフーのトップに出てました。
一瞬デスノートが8個もあって世界中にばらまかれたのかと思い、びっくりしました(笑)
アジアはともかく、欧米はちょっときつい気がします。
ダビンチコードでぴりぴりしてんのにw
宗教よりも、もっと根本的な道徳観念の部分ですしね。
でも、それに妥協して緩く描かれるのはイヤだな。
映画ですしねー。どうなるでしょうね。


そういえば。

デスノネタバレ踏んづけました orz

いやー・・・私は悪くないと思うんですよ。
だって、普通に種サイト様を巡っていたら、「キラって言えばもう一人のキラ、ピーーーーーーーーーーだね」ってさ。
回避のしようがありませんや・・・。
そしてデスノ映画の予告で「キラ様ってスゴイよね~」とか言われてますが。
声に出されると、余計にあっちのキラに聞こえますww(キラキラこんがらがりますね)


さぁ。
個人的に、デスノ実写映画の見どころは。
・曲
・地下鉄空港線
の二点です!(えええええ)

ダ・ヴィンチ・コード

噂の「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。

特に見るつもりは無かったんですが、「見るな」と言われたら見たくなるこの不思議。
「キリスト教国で抗議デモ」とか「映画祭では冷笑で迎えられ」なんて聞くと、じゃあ私行ってきます!とね。

原作を知らないと映画だけじゃよくわからない、なんてことも言われてますけど、そうでもなかったですよ。
大元の「キリストにまつわる秘密」の部分は結構理解できました。
確かに謎めいてて面白かった。
でも、「今何が起こってるのか」って部分は展開が早すぎてわかりませんでした。
あの敵っぽい人達は、結局何がしたかったんですか?(何も理解できてねーじゃねーか!)


まぁそんな些細なことはおいといて。(おいぃぃぃ!)
この作品が注目されてるのは、「神=キリスト=聖霊の、三位一体説」にガチンコ勝負を挑んでるってとこですよね。
特に、キリストは神であるか否か。
えーと、325年、ケニーア公会議でアタナシウス派の三位一体説が採用され、以後アリウス派をはじめとするキリスト人間説は異端となった。
てのが普通に世界史で習った知識です。よね。
現代もローマカトリック教会はこのスタンス。・・・たぶん。
で、しかしキリストが人間である証拠は存在し、ダ・ビンチの絵にその内容が暗号で記されている
というのがこの映画のテーマ?です。


この映画、CMでもポスターでも「モナリザ」が大きく取り上げられてて、あたかも「モナリザ」にその秘密が隠されているような宣伝ですよね。
違いました。
モナリザなんて始めの方にかすっただけ。
どちらかというと「最後の晩餐」が主。
ここは頂けなかったですよ。嘘つき!
・・・たぶん、原作の方にはモナリザに関しての記述が多いんでしょうね。
映画化すると、原作との兼ね合いから、テーマ軸までずれてしまうことってよくありますし。

原作も読んでなくて映画もまだ観てない方、これから観ようと思っている方に・・・言ってもネタバレにならないと思うので言いますが・・・やっぱ反転暗号は「最後の晩餐」にあります。観る前にちょっと考えてみると面白いかもしれないです。ヒント:ヨハネと言われてる人


全体的には、ミステリアスな雰囲気が素敵で、面白い作品でした。
キリスト教に縁薄い私にとっては、それがどうしたって結論ではありましたけど。
でも世界史は好きですし、有名な出来事の裏に隠された謎ってワクワクします。
原作読んでみようかな。

それにしても・・・。
「この秘密が暴かれれば世界は崩壊する」ってさ。
たぶん・・・いや、きっと大丈夫だと思うんだ。
確かにそちらの世界は混乱するかもしれないけど、そしてこっちにも影響はあるかもしれないけど、「世界が崩壊」ってさすがにそこまでは・・・。
その辺の感覚のズレが・・・ある意味面白かったです(笑)

ああ、それからヒロインの女優さん。
どこかで見たことあるな~ってかフランス語しゃべってるよって思ったら。
アメリの人でした。
舞台がフランスなので、フランス語がかなり使われていましたよ。
英字字幕がでまくり。
こんなに字幕のでるハリウッド映画(ですよね?)は見たこと無かったので、その辺りも面白かったです。


ぶっちゃけ、この作品に関して私が一番注目したのは、これに関連したアメリカの裁判で、裁判官が判決文に暗号を仕込んだ例の件だったりします(笑)


以下ネタバレ付き感想~。

現実逃避もほどほどにしないとな・・・

fc2グッジョブ!
fc2ブログにアマゾン対応機能が付きました。
管理画面から直接検索したりそのまま記事書いたりできるようになったので、便利です。たぶん。
今までのアマゾンID使えて、報酬も搾取されるわけじゃなさそうだし。
ランキングなんかは出ないみたいですけど、画像の大きさが選択できるし。
うんうん。良い機能だと思いますよ。
中の人お疲れ様です。ありがとうございました。

まぁぶっちゃけG-Toolsで慣れちゃったし、そもそもfc2はアソシエイトに関してオープンだから今までとほとんどってか全く変わりありませんけどね。むしろそんなことより、管理画面入る度毎回、または長時間(30分くらい)放置したら自動的にログアウトしてしまうのをどうにかして欲しいです。お願いします。(切実)


せっかくなので試してみよう。
失踪日記
失踪日記
吾妻 ひでお (2005/03)
イースト・プレス

この商品の詳細を見る


目がちかちかする動く機能。
たぶんきっとこれが最初で最後です・・・。

おお振りが賞とった手塚治虫賞で、最優秀賞だったので買ってみたんですが。
うん。そうね。賞ってやっぱこうのがウケルのね。という感じでした。
私には良さがよく分からない。

・・・てか普通にヒいた(笑)

いや、作者さんが実際に体験したお話なんですよね。
別名ホームレス体験記?
アル中入院物語?
悲惨で暗い内容でも、テンションは明るくギャグタッチ。
・・・それが返って壮絶さを際だたせてたりしてますが(笑)

ゴミ捨て場から拾ってきた天ぷら油。
空きっ腹にうまい!
それに生卵を加えれば、マヨネーズのできあがり☆(付ける物はないのでなめるだけ)
あらゆるゴミ捨て場から酒瓶に残った数滴をかき集めてカクテル作成。(しかしたまに身体から出た某液体なんかが入ってたりするので要注意!)

こんなお話がたくさん。
奥さんいらっしゃるのに・・・ね。
帰る家もちゃんとあるのに・・・ね。
人間誰しも逃げたくなる時はあるでしょうけれど・・・ね。

この生活が羨ましいと思うか否か、たまに読み返して自分のバローメーターにしようと思います(笑)

ハリーポッター6巻

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)J. K. ローリング J. K. Rowling 松岡 佑子

静山社 2006-05-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この週末はこれを読んでました。
漫画もそうですが、私本読むの遅いんですよね・・・。
自分の遅さにうんざりしながらも、全部読み終わりましたよ。


 衝 撃 。


いやいやいやいや。
いくらなんでもそれはない。

そんな内容でした。
残り100ページ切るまではそんなでもなかったんですけどね。
ラストがいきなりで。
ちょっとあんまりな出来事だったので、「嘘でしょ」って信じなかったんですが。
あれ、そのまま終わっちゃったよ?
おかしいな?
てかホントですか?(未だに信じてない)

後は、ラブvが進行してますね。
一応ラブvは終結っぽいですね。
ラブvはそれなりにイイ感じでしたよ。
ラブv 
( か ゆ い )


身長も伸び、魔法もかなりいろいろと使えるようになって、魔法使いの風格漂い始めた16歳のハリー。思春期特有のイライラ不機嫌な態度も引っ込み、ぐっと落ち着いたようです。
汚い大人達へのあしらい方も身につけて、すっかり大人っぽくなりました。

7巻が最後ですからね。
最終巻への下準備っぽい雰囲気はあります。
人間関係(ラブv)もあらかた終わらせて。
ヴォルデモードの過去話で地均しオッケイ。
具体的な倒し方も見えてきたし。
今まで出てきた謎は大体回収したかな?
さぁ、ラスト7巻は闘うだけ!

と見せかけてあの最後でしたけど。


最終章は既に書き上げていて、金庫に保管してあるっていうのは有名な話ですよね。
初めてハリポタ読んだときは、それを見たくて見たくて仕方がありませんでした。
でも、いざもうすぐ読めるとなると、できるだけ引き延ばしてもらいたくなっちゃいます・・・(笑)
早く読みたいような・・・永遠に終わって欲しくないような。
まぁ、ここまで来たので最後までとことん付き合おうと思います(笑)



 以 下 ネ タ バ レ 付 き 感 想 。 

ヒストリエ

ヒストリエ 1 (1)ヒストリエ 1 (1)
岩明 均

講談社 2004-10-22
売り上げランキング : 12,880
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



やー。
ぶっちゃけ江古田ちゃん買いに行ったんですけど、当然のように無かった(笑)
ええ。おお振りだってあるかないか微妙な地方の本屋さん。
最近は常備されてますけど。
1年前は、三軒回ってやっとな感じでしたからね・・・。

しかしなぜかヒストリエは三巻まで揃ってたので、ゴキゲンで購入しました。

お・・・面白かった・・・。

え、何。こんなに面白かったのかこの漫画。
目からコンタクトがぼろぼろ落ちてき・・・(普通です)(そうでもないだろ)

アフタで読み始めてから今までずっとのほほんとした村生活だったので、そういうものかと思っていたら。

思いっきりグロでしたぁ!
いきなり拷問から始まって腸飛び出てましたぁ!


ああびっくりした・・・。
その後も、視覚的精神的共になかなかクルものがあって、私が読んでるここ一年分がどちらかというと異色なんだとわかりました。
淡々とした書き口で、大げさに盛り上げたり盛り下げたりしない分、じわじわと精神にきます。
ホームランバッターはいないけど、四球とバントと犠牲フライとスクイズでいつの間にか先制点取られてた、みたいな。

引き込まれるところは引き込まれて、でものめり込んでたらふいっと突き放されて。
淡々と安心して読んでたら、一ページだけぐわっときてすぐ元に戻って。
上質のホラー見てる気になる作品です。


舞台は紀元前のギリシャ。
ペルシア帝国とか・・・その辺です。(本当に世界史選択ですか)
いや・・・この時代苦手で・・・。
あの頃これ読んでたら、興味出たろうになぁ。
こんなに面白い時代だとは思いませんでしたよ。
「バルバロイ」とか知ってる単語がでてくると嬉しいですが。
そのころのギリシャって、文学哲学が発達してて、民主制で、自由で活気あふれる都市が多いイメージだったんですが、それは「自由市民」の話で、実際は厳然たる奴隷制度が敷かれてた時代なんですよね。
その辺ももっさりべっとり絡んできます。
民族ごとの違いと、それに付随する奴隷制度の肯定。
ああ、きっと本当にこんな感じだったんだろうな、と思ってしまいます。

主人公はエウメネス。
後にアレクサンドロス大王の側近となる人物です。
詳しくご紹介したくても、出生からもうネタバレとなってしまうどんでん返しなので。
まだ3巻なのになんなんだ・・・。

なので、彼の人となりを。

幼い頃から、穏やかで冷静で、物事を上からの視点で捉えることのできる賢い子どもエウメネス。
全体が淡々とした作品ですが、何より主人公が淡々としてるので当然なのかもしれません。
冒頭すぐにアリストテレスと出会い、一晩語り明かすのですが、「地球は丸い」という話をあっさり自分の物として理解してしまいました。
そんな人です。
きっと天地がひっくり返っても、すぐ納得して晩ご飯の心配をするに決まってます。
順応力高すぎなんです。
(いやいや、そうでもなくて葛藤もあるのだけれど、なんだろう。・・・描き方なのかなぁ)
生まれ持った血、賢い頭脳、本を読みまくって得た知識、この三点がエウメネスの武器です。

そんな彼が、故郷から流れ流れてどういう経緯でアレクサンドロス大王と繋がるのか。
先がとってもとっても楽しみです。

が。

・・・・年に一回の頻度なんですよねー単行本。
アフタがどういう量で作品を掲載してるのか未だにわかりませんが、明らかに短いんですよ。一回が。
おお振りの半分以下なのではないだろうか・・・。
おまけに、たまに、あれ?今月ヒストリエあったっけ?ってな月もあります・・・。
まぁ、なんだかもの凄く綿密に調べたりしてるらしいので、仕方がないのかもしれませんよね。


とにかく。
久しぶりに深いところにズンとくる作品に出会ったような気がします。
盛り上がり振幅の小さい歴史物がお好きな方はぜひどうぞ。(そんな勧め方って・・・)


しかし、さすがにスキタイ人の復讐方法のくだりは吐きそうになりました(笑)
エウメネス、おま、肉食べながらよくそんな話できるな・・・(笑)

銀魂@2005ジャンフェス

ピピピピピ、ピピピピピ。
・・・あれ?もう起きる時間?今何時?7時半・・・なんでこんな時間に・・・。
ああ、そうか。
今日は日曜日。銀魂見なきゃ。
でも・・・眠い・・・。
ウィーン。
あ、録画始まった。
そっか。寝る前に予約してたんだっけ。
でも録画は撮ってても映り悪いから、やっぱり起きて見なきゃ。
起きて。銀さんが呼んでるよ。
・・・だめ・・・眠い・・・。
どうしよう・・・目が開かない・・・ひじかた・・さ・・・。


みたいな感じで結局起きれなかったんですが。

そして後でビデオチェックしてみたら見事な砂嵐だったんですが。


もう寿命だな・・・さすがに。
まぁ、実は別方面で見ることができそうなので、心は平穏を保ってます。

違った。ちっとも平穏じゃなかった。
なぜならば。
2005年ジャンフェスでの銀魂を見たんです。

「何事も最初が肝心なので多少背伸びするくらいが丁度良い」

うん。なんていうかね。
なぜヅラに石田さんがキャスティングされたのか、初めて理解できました。
これはあまりにもあまりにもあんまりだ。

土方好きにはたまらない内容だと聞いていて、その辺は期待通りでした。
17訓のお花見のやつなんですよね。
あれ、スゴイ好きな回なんですよね。
あの回がアニメになるってだけどそりゃもう制御不能になるとは思ってたんですが。

別の意味で吹いた。

内容は、まず漫画の内容を一通りこなします。
お妙vs近藤、神楽vs沖田、銀時vs土方で、勝負。
原作通りぐだぐだになり、「お互い妙な上司を持って大変ですねぇ」と新八と山崎が頷き合った、その瞬間。

「ふははははははあ~っはっはっはっは~!!」(石田声)
きゅいーん!
20060509194609s.jpg

「桂小太郎専用MS ZURA」
(日登族の最新技術を投入した極上MS)(元祖大河原デザイン)(マジでか)

やってくれるぜサンライズ・・・。
てゆーか桂のキャラがぶっ壊れてるんですけど苦情こなかったのかこれ。
「今の真選組など恐るるに足らぬわァ!!」
と絶叫しつつ、攘夷精神なぞどこへやら。
花見会場を破壊しまくり、完全な悪役となってしまっております。

20060509200658s.jpg

伊達にガンダム作ってないZE☆
とでも言いたげに、無駄にMS戦闘?シーンがかっこいいです。
このやる気を本家で出してくりゃれ・・・。
「こんなの銀魂じゃないからァァァ!!こんなの機動戦士GINTAMAだからァァァ!!」
という新八の叫びが素敵。(もう少し発音をGANDAMにしてくれたらなお良かった)

さぁとうとう土方さん(酔っぱらい)に照準が。
「これで終わりだ!土方ァァァ!!!」(だからどこの悪役ですかw)
とそこへ。
ヒーロー銀さん登場!
ギ ャ ッ プ 萌 え 極 ま れ り !!
(ええ。ええ。姉さん方がおっしゃってた通りの王子様っぷりでございました)
「銀時!そこをどけ!」
「どけねーよ、ヅラ。悪いが俺はそのガラクタぶった切らなきゃならねェ」
「なぜだ!なぜお前が幕府の肩を持つ!」
あれー。どっかで聞いたことあるセリフ。
「幕府だろーが何だろーが関係ねぇ。ただよ、年に一度の花見の席を、くだらねぇ騒ぎで汚すなんて無粋だろーがよ!」
「なぜだ・・・銀時・・・俺達は・・・」
回想IN。
あれーなんかデジャプなんかデジャブ。

ぐわぁぁぁぁ!!と向かってくる銀さんに、照準を合わせつつもボタンを押すことのできないヅラ。
「ぎんどぎぃぃぃぃ!!!!」
と叫ぶ様は、言うまでもなく「ギラぁぁぁぁ」。

まぁそして銀さんは見事MS(ZURA)を壊してめでたしめでたしなんですが。
直前でエリザベスに助けられた桂は、そのままエリザベスに背負われて逃げ出します。
その背中で。
「銀時、俺は諦めんぞ。やはりお前は・・・私とともに!!」
と呟く桂がもうねこれ。

いや、ガンダムネタはたぶん普通に歴代ガンダムのことを差してて、取り立てて種ってわけでもないと思うんですが、とにかく声が石田さんなもので、種厨タカノはどーーーーーーしても連想してしまいました。

だって似てるんですもんマジでアスランと。
もういろんなシーンで笑いました。


いやでも本当に面白かったです。
桜が常にひらひら舞ってるんですが、それがとってもきれいで。
何より土方さんが萌えで。
というか土方さんが萌えで。
むしろ土方さんが萌えで。
何なんですか?あの人。
あれは人?
私は騙されないよ?
沖田君がサディステック星の王子様ならさぁ。
土方さんは萌え星の王子様なんじゃないの?
まだ天人だっていう方が信憑性あるよ?
おかしいよ?
普通の人間にしてはあの萌え分泌量は明らかにおかしいよ?

おかしいのは私の頭の中身だよ?



20060514133032s.jpg

てかマジなんだ・・・凄すぎです(笑)

桜蘭高校ホスト部

初めて見ました~。

全部。

6話まで。(一体何をやってるんだ・・・)
面白かったです。
こういうノリは大好きだ。

あらゆる需要に耐えうるべく網羅された多様性がウリの桜蘭高校ホスト部。
だがしかし。
私はどのタイプも今ひとつドキュンとこない。
あれはないのか。
あのタイプは用意されていないのか。

そんな気持ちで6話を視聴しました。
6話の桜蘭高校ホスト部解説によると。

「我が桜蘭ホスト部は、各自の特性を生かし、お客様のニーズに答えるのが基本方針だ。王子様系の環をはじめ」
ワイルド系
ロリショタ系
小悪魔系
クール系
「・・・と、多彩なバリエーションを誇っていたが、優等生天然系ルーキーのハルヒが入り、ほぼ完璧な布陣となった」
「果たしてこれ以上新しいタイプが見つかるかな?」

ちょっと待ったぁぁぁぁぁ!!!!
ある!
あるだろ!!
余裕であるだろ!!
タカノの胸にドキュンなあのタイプが!!
なぜでてこない!
そんなにマイナーなのかあのタイプはぁぁぁ!!

そんな激しい葛藤に胸を焦がしながら、成り行きをみつめていましたら。

「ぬるい!ぬるいですわ!!」

同士キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

「確かに、低年齢層の少年や童顔男に説明しがたいトキメキを憶えてしまう女の子をショタコン好きと言いますが、それはかなりアバウトな分類で、その好みはさらにデリケートに分類されています。そう、埴之塚先輩は、ショタ系の中でもいわゆるロリショタ系の王道ですが、彼の場合、その目指すべき方向は、やんちゃ系で間違いないでしょう!!」

素晴らしい・・・・。
ええ。私も彼が目指すべきは反抗期真っ盛りなやんちゃ系と思っておりましたれんげ様。

そもそも、「王子様系」「ワイルド系」「小悪魔系」「クール系」「天然系」とあるものの、それらは全ての年齢に共通する分類のはず。
年齢が低いからといって、全てを「ショタ系」にひっくるめてしまうのはナンセンス。
年齢が低くてもそれぞれの分類がなされうるべきであるし、「ロリショタ系」はあくまでも「低年齢だからこそ最も生かせる可愛らしさ」の一種類であって、それ以上でもそれ以下でもありません。
低年齢はウリにすべきではあっても、それに縛られる必要性はまったくない。
いや、彼の場合、むしろその反抗的な態度は女性の母性本能を刺激し、最高のセールスポイントになるでしょう。

っていうか、もう「やんちゃ系」って響きがいいよね!


そしてれんげ様によるやんちゃ系レッスン開始!
「いつでも半ズボン!」
「膝や頬の傷でやんちゃさを演出!」
「走れやんちゃに!ただがむしゃらに!」
「その辺で豪快に転ぶ!」
「大丈夫、僕? はい!そこですかさずセリフ!」

「別に・・・どうってことない」


ぐううううれいとおおおおおおおおお!!!!

ああ!
これよこれ!
この、本当は痛いのに我慢して強がるこの態度!
これぞ私が求めていた萌えのツボ!
あああかわいいいいいい。

ずばり、このタイプが乗り越えなければならない試練として私が提案したいのは、

「っるっせーよ、ババア」

この一言をどれだけ相手に本気にされずに、萌えだけを抽出するように発せられるか。
非常に難しいと思いますが、これを完璧にこなしたとき、初めて一流の「やんちゃ系」が名乗れると思います。




・・・つーか、なんか私ただのマゾヒストみたい。
・・・つーか、それはホストじゃないだろう。

そうそう、銛之塚崇君は、彼、本当に「ワイルド系」の役割を果たせているんでしょうか。
今のところはワイルドっていうかただの・・・に見えてしまうんですがどうでしょうか。
今一番の疑問です。

その辺気にしつつ、また機会があれば見てみようと思います。

手塚治虫文化賞

おめでとうございます~!!

手塚治虫文化賞、ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」新生賞受賞

yahoo!にも出てました
って手塚治虫文化賞がどのくらいのものか知らないんですが。
それでも好きな漫画が世間に認められたっぽくて嬉しいです。

どんな賞なのかと思い、過去の受賞作品を見ていました。ら。

2003年の新生賞がヒカルの碁。

おお!!ヒカ碁がこんなところに!

あとは、もう無くなってるみたいですが、昨日までは大賞候補十数作品が載っていて、そこに「ヒストリエ」がありました。
最近アフタ、頑張ってるんですかね。

次は短編賞で江古田ちゃんが受賞ですね(ニッコリ)(そんなことになったら世界が終わる)



それにしても・・・朝日新聞主催かぁ。
甲子園も朝日主催なんだよね・・・。

なんちゃって!
薄汚れちまった心を演出してみました!

それでも!欲しい金があるんだ!!

ちょっと私がネットから目を離した隙に、ちょっと私が銀魂にはまってた隙に、世界はスゴイ早さで回りますねタカノです。( 誰 だ )

ガンダムSEED映画化決定!「逆襲のアスラン」(仮)

間違えた。
これは赤い彗星に何とも申し訳ないミスだった。

今年はガンダムないらしいし、いったい何やってるのかと思ったらこういうことだったんですね。
しかもスペエディ拡充バージョンかと思ったら、完全新作?
種デス3年後?
嘘かホントか知らないけど。
どうするんだろう。
これ以上どうすると言うんだろう。
あれですか。
議長が「既に運命プランは止められない」とか言ってたやつですか。

うーん・・・。
SEEDはもういいから別の新作作って欲しかったなぁ。
金の卵産む鶏をそうそう手放したくないのはわかるけど。
もういい加減さ・・・。
監督も脚本もあの方々なんでしょ?
キラと愉快な仲間達(シン含む)の大活躍話になるだけだろうに・・・ね。

なんだかあまり・・・というかちっとも嬉しくないのはあれですね。
未だファイナルプラスのあれを引きずってるからでしょうね。
今のままであれば、あのラストシーンはなかったことにできますが、というかそういうことに私の中ではなってますが、その続きってさぁ・・・。
シンまでもあの集団に取り込まれたその後の姿なんて見たくないぃぃぃ。
まだ総集編プラス補完の方がいい気がします。気持ち的に。

でも見に行くだろーなー。
根性で初日に行くくらいの勢いだろーなー。
シンとアスランを見たいがためにそれだけのために。
それもアリですよね。
そのための映画だって制作サイドも思ってますよね。

でもなぁ。
Zは見に行けても種は見に行けるのかな私。
まず一緒に行ってくれる人いないし。
映画は一人で見たいタイプのタカノはそれは別に良いんですけど、さすがに種一人で見に行って、うっかり知ってる人に会っちゃったらなんか言い訳できない気がする。
いや、行くなら平日の朝一で行きますよ。(こんなときに便利な大学生)
それでも・・・こう、一歩踏み出せるのかな私・・・。

そんなの、入っちゃったらわからないって他の作品見るフリしつつ行けばいいんだってとか思ったそこの都会にお住まいのあなた。
地方というところはですね。
シネコンとかではなく、昔ながらの一館一作品上映というのも珍しくないんですよ。
少なくとも、松竹系、東宝系、等だいたい決まってるわけですよ。
ですから、アニメなんて上映される映画館に入っていくこと自体、隠れオタには命がけの特攻なわけです。

そんなの、ちょっと足のばして知人の来なさそーな映画館に行けばいいじゃんとか思ったそこの都会にお住まいのあなた。
なんですか?
私に県外に繰り出せと言うのですか?
地方というところはですね。
選ぶ余地なんてないほど少ないんですよ映画館って。
車で30分以内にシネコンが乱立し、どこで見てもいーんだけどどれにしよっかな~なんて、そんなことできないんですよ。
これが見たけりゃここに行くしかない的な、そんな無言の圧力が存在するんですよ。
まぁ県外は言い過ぎだとしても、原付で一時間半のあのショッピングモールに確かシネコンあった気がするけど、この原油高のご時勢に種のためにガソリン使うのもなぁ。
どうしよう・・・。

なんか既にどうでもいい悩みばかりが浮かんでくる種映画化。
非常に先が思いやられます。(お前の頭の中身がな!)


とりあえず、バンク(回想)は90分中15分と予想。(ごく控えめに)

ヨーロッパグランプリ

イエス!イエス!イエス!!
ゼミ発表、無事終わりました!やった!
しかも褒められた・・・日頃褒められることが無いので、たまに「頑張ったね」とか言われると涙ぐみそうになります。(果たしてそれは褒められてるのかと)


今日の朝、フジの特ダネで、「年下夫×年上妻カップルが増えている」という特集をやってました。
長谷川アナが、「年下夫カケル・・・」とか言い出したところで笑いそうになりましたが。
そうか。

やはり時代はシンアスか。

と納得した次第です。(朝っぱらから何やってんの)
まぁ中学生の頃から年下(っていうか弟属性)萌えのタカノにしてみれば、何を今さら的内容でしたけどね。(フンッbyイザーク)





ってことでF1です。
ヨーロッパグランプリ。
あまり集中して見れなかったんですが。
シューマッハすご・・・。
引退とかなんとか言っておいてなんだこの走りは。
この余裕っぷりは、一昨年を彷彿とさせますよね。

ちっ。
かつてこの世の栄華を極めた元王者が新しく台頭した天才的ガキンチョに必死に食らいついていく・・・という絶好の萌えシチュだったのに最近。(いつも何を見てるんですか)

だって・・・ライコネン、そこそこいいんですけどやっぱりそこそこなんですもん。
ああ、最後、あと5周あれば抜けたよマッサ。
惜しかったなぁ。
モントーヤはリタイアするし、ルノー、フェラーリに追いつくには、どうもあと何かが足りないかんじ。
なんだろう。
あれかな。
マシンがぶっ壊れるか優勝するかの二択戦法がやっぱ必要なのかな。
(ライコネンが生命の危機に晒されるのでマジでいやです)

あとは。
井出君、おろされちゃったね・・・。
まぁ仕方がないですね。
いくらなんでも・・・ってミスが目立ってましたから。
これに挫けず、また這い上がってきて欲しいですよ。

以上。
もっとゆっくりじっくり見たかったヨーロッパグランプリでした。

やっと見ました銀魂

ふう。
良かった。

銀さん思ったほど格好良くなかった!(褒め言葉)

いやいやほっとしました。
やっぱり銀さんは銀さんだった。
良かった良かった。(良くねーよ!)
まぁ格好いいといえば格好いいですが、そこはアニメ化の壁ってことで妥協します。
(銀さんは放送禁止コードですか)

一つ気になることが。

銀さん声低っ!

あれはちょっとイメージと違うぞ。
私の中で一気に年齢が高くなりました。
そりゃー私も現実の厳しさは知ってるし?
銀さんの経歴逆算すると、若者とは言い難いけど?
でもジャンプの主人公なんだからさ?
もちょっとこう、ね?
夢見せてくれてもいいじゃない?


あとは皆素敵でしたね。
さっちゃんとか。
さっちゃん好き。
漫画ではたまにうざいこともあるけれど。

私も基本的にMだから。

違った。そうじゃなかった。
しかし、彼女のかわし方はなかなか参考になりますね。
「タカノはバイトしてないし、勉強もしてないし、ぶっちゃけ引きこもりだから暇でしょ?」
とか素で言われて、GWがあるからっていきなりトップバッターでゼミ発表押しつけられた時とか。
「そうやって私を追いつめて楽しんでるんでしょうけど、残念ね、だって私、Mだから」
この一言を頭に思い浮かべるだけで、随分心持ちが軽くなる気がします。

でもさっちゃんの本性はSだと思う。

これは譲れない。あれは絶対「Mの自分に酔ってるS」だ。


あとは・・・と。
そうそう。
ヅラ、じゃない桂。
すんごい似合ってましたよ石田さん(笑)
昨日のBLOOD+がアスラン大活躍の回だったため、その印象が強かったんですけど。
こっちはすんなりヅラだった。じゃない桂だった。(なんかもはやどっちでもいい)

 真選組ですが。
ひじょーにそのまんまでイイ感じですね。
じっとしてられないっていうか。
かたずを飲んで見守りたいっていうか。
たのしそうっていうか。
さ、さぁどうしよう。
ん・・・ん!?
もうやめときますね。
ええ、縦読みなんか作るのがおかしい。ただ土方さん萌えを伝えたかっただけなのに。




だって、何かで気を紛らわせていないと、このまま暴走してしまう地の果てまで。
ダメね。
土方さんが動いてしゃべってるんだもんね。
これはいけないよね。
声もあれ、ツボ押さえすぎだしね。
困ったね。これは大変困ったね。

日曜日の7時半から脳みそピンクのお花畑になっちゃうなんて、これ人間としてこの上なく恐ろしい事態だよね。


そう、7時起きなんですよ。
一週間でもっとも早起きするのが日曜日ってなんなんだそれは。
でもビデオがぶっ壊れてるので、録画はもの凄く映り悪いんです。
うにょうにょ歪んでしまいます。
つるつるキューティクルストレートの沖田君の髪の毛が、銀さん並みの天パに。
その銀さんはというと・・・。
やはりリアルタイムで見るしかあるまい。


それにしても、銀魂がアニメなんて、今さらながら感慨深いです。
なんに付けても流行後追い型のタカノにしては珍しく。
連載第一回からリアルタイムで読んで、同時にスタートしたデスノの人気に押されまくってるのを横目に見つつ、でもこのゆるゆる具合面白いからこのままいってくれないかな~と思ってて、そのうちジャンプ買うのも止めて(ハンターハンターの遅さに付き合いきれずに)、忘れた頃にふと「銀魂打ち切り反対同盟」っぽいものを発見しては「まだ続いてるんだ。やるじゃん!」と生ぬるく反応し、でも気づいたら同人サイトがやけに増えてて、知らないキャラもいっぱいいて、意外に人気出てるのねってか当時その場キャラだと思ってた真選組がなんだか活躍してるらしいじゃん、もう一回読んでみるか。どぼん。(←落ちた)
・・・そんな経緯があったので、マジで打ち切り5秒前(MU5)と言われたあの銀魂が・・・と目頭が熱くなる思いです。


でも、ドリフのギャグは分からないよ。
いったい視聴者をどの年代に想定してるんだ。

それからタイトルが、「てめぇら!それでも銀魂ついてんのかァァ!」ってさ。
せめて「銀魂持ってんのか」とかにした方が良くないですか。
うん。今さらこんなところで言ってもどうしようもないけど。

ああ、ビデオ、最近録画とかしないから気にしてなかったけど、さすがに修理に出そうかな。
酔った・・・気持ち悪い・・・。
だってさっちゃんなんてこんなソバージュなんですよ。
20060507105215s.jpg

静止画だとそうでもないですが、これがびらびら動き出すと、うううえ。
でも、微妙にみんな前髪がうねってぺっとりなっていて、特に土方さんのアップだと、水も滴るいい男的な効果もあり、悪いことばかりじゃないんです。
ちょっとジェットコースター5連続で乗ったときの吐き気さえ我慢すれば。(耐えられない)
さらにちなみに言えば、ヅラじゃない桂が、
20060507105229s.jpg

デュランダル議長に見えてきます。

そんな我が家の不思議テレビ。(どんな終わり方だよ!)


追記
そうそう。
「日経以外だったら日経取ってるって言え」
「日経だったら朝日のようにさわやかに」
ってセリフありましたよね。
あれ、日経って使っていいの?
朝日はダメなの?
確か、明らかにそれとわかる略語もひっかかるんじゃなかったですっけ。
違いましたっけ。
助けてェェェェYせんせェェェェェ!!(←著作権法の教授)
・・・なんのためにこんな学部に身を置いてるんだよ。
こういうときのためだろ?
それがさぁ、どうして最新流行の保険法なんて調べないといけないわけ。
ねぇ。
株で命削ってるってお前どこの学部だよ。
ねぇ。
終わらないんだけど。
どうしよう!!終わりません!!
今日はF1もあるっていうのに!!終わりません!!
誰か!!

ヒカ碁の日

そうだったそうだった。
今日は5月5日端午の節句。

ヒカ碁ファンなら外せない日があと1時間切ってしまっ・・・!

佐為が消えたのが鯉のぼりはためく5月5日なら。
一年後北斗杯の最終日も同じ5月5日。
そして本因坊秀策の誕生日。

佐為ヒカスキーにはたまらなく切ない日です。
ヒカルスキーには超絶萌えを伴う日です。

佐為が消えたときのヒカルなんかさぁ。
ぽかーんとしちゃってさ。
消えたって疑いもしなくてさ。
なんて長い睫毛なんだろう(はい?)

佐為もね。
最後「楽しかっ・・・」ってね。
それはもうあまりにもね。
ほった先生鬼すぎる。

一年後、激強くなったヒカル。
コヨンハの挑発に乗せられて。
秀策と佐為のためにと頑張るけれど・・・。
あのね、男の子ってかジャンプの主人公がそんな美しく泣いててどうするの。
今どき少女漫画でももちょっとリアルに泣くよ。
涙がポロリ☆ってあなたどこの美少女ry


5月5日は爽やかな五月晴れ、気候も良くて気持ちのいいイメージのはずですが、どこかもの悲しい日に感じるのはヒカ碁の影響だと思います。
恐るべしヒカ碁。
いやだって強烈ですよ。
窓から覗く鯉のぼりが、風にはたはた揺れててさ。
その風に溶けるように、佐為が。
いや泣けるってコレ。

そして次の年、ヒカルが成長した姿でまた大舞台。
いや萌えるってコレ。

泣くか萌えるかどっちにかにした方がいいと我ながら思いますが、今日は佐為追悼の(笑)念も込めて、佐為ヒカ小説読んで寝ます。(もうあっちは諦めたのね)
そういえば佐為ヒカは春(というかこの季節)だけど、アキヒカは秋のイメージなんですよね。
何でだろう。
やっぱりあのインパクトが強いからですか?

追ってこい。(笑)

さらっと話してるつもりですが、ヒカ碁はアキヒカーナのタカノです。(王道の安心感に包まれて)
でもヒカル以外だったらヤンスミが好きだったりします。(マイナースキーの誇りにかけて)


・・・・5月5日は切ない響きあるよねとか言ってたのはどこのドイツだ。(ちょ、変換orz)

女は誰でも好きな男と幸せに暮らしたいって思うけど、明らかにそんな甲斐性ない男ばかりを愛してしまう女もいて、そんな彼女の自分への言い訳は、「それでも私、心は幸せに満ちてるから」

いい加減現実から逃避したくなってきましたタカノです。
もういやだ・・・なんで学者ってあんな分かりづらい文章書くの?
忍耐力忍耐力・・・と念じつつ読んでいき、結局言いたいことはそれだけかァァァァ!!とちゃぶ台ひっくり返したくなるこの気持ち。
もういやだ・・・。

ってことで逃げてきました。
そして今週からのテレビ放送に備えて、銀魂最新巻まで買ってきました。
11巻に真選組隊士のフルネーム紹介がありましたが。
面白いですね。
基になった名前を知ってると、本当に面白いですね。
凹スケとか。いや凸スケだったかな。(適当だなおい)(だって平ちゃんいくらなんでもカワイソスw)

しかし土方さんの下の名前が十四郎ってのはびっくりですよ。
だってトウシロウ。
トシロウ。
それ、私の「男の子に付けてみたいランキング」トップの名前。
今後息子はともかく犬とか猫とか猿とか雉とか飼うことがあれば、ぜひ付けてみたいと思ってた名前。
かぶっちゃった!空知先生とかぶっちゃった!
くそぉ!
土方歳三を頭に浮かべつつ、たまに「トシ」とか呼んじゃったりして、でも誰かに「もしかしてさぁ」とかつっこまれても、「ん?偶然よ?」って爽やかにかわせる良い名前だと思ってたのに!

ただの萌えネームになってしまったじゃないかァァァ!!

空知先生!あんたって人はぁぁぁ!!
さりげなくショックでした・・・。

ということで、銀魂は土方さん萌えですタカノです。
が。
銀さんも好きです。
これに関して、アニメで心配な点があります。
今日はそれを語ってみたいと思います。(ここからスタート!)(えええええ)


「ギャップ萌え」

私の萌えツボの一つです。
まず、ここで言う「ギャップ」は、「普段はそーでもないのに、やるときゃやる人」と定義します。
逆もあると思うんですが(いつも強そうなのにいざというときはヘタレ等)、それは考えないことに。

で、しかし一口に「ギャップ」と言っても、さらに二つに分けられると思うんですよ。

まず一つは、何らかの外的要因で能力以上、又は真の力を発揮するタイプ。
例えば種割れもそうですし、スーパーサイヤ人とか、ジャンプ系は多い気がします。
土壇場の大逆転でこういう盛り上げ方、良くありますよね。
個人的に、「自分でも思ってもみなかった力が湧いてくる」のが特徴です。
10の実力がある切っ掛けで20になってしまう、そんな感じ。

もう一つは、実力があるにも関わらず普段はそうは見えない、能ある鷹は爪隠すタイプ。
何かの目的があって隠しててもいいし、単に面倒くさいからとか、マジでこっちが地なんだよねとか、理由はいろいろです。
このタイプの特徴は、「ギャップをコントロールできる」人。
もともと20の実力だけど普段は10にしか見えない、そんな感じ。

で、何が言いたいかというと、
私、ギャップはギャップでも、能ある鷹は爪隠すタイプに恐ろしく萌えを感じるんですよね
と、ただそれだけです。

「平賀キートン」(マスターキートン)
「山岡史郎(初期)」(美味しんぼ)
が今のところこのタイプの二大萌えだったんですが、ここに銀さん殴り込みです。

このタイプは、普段落ちていれば落ちているほどいい。
周りの評価が低ければ低いほどいい。
力を発揮することに固執してなければしてないほどいい。

たぶん、私いわゆる「ヒーロー」はこのタイプが一番萌えます。(それは果たしてヒーローなのかと小一時間)
萌えるっていうか、惚れる?
素直にかっこいいいいいいと叫びたくなる心持ち。
死んだ魚のような目がいざというときに煌めく、そんな銀さん大好きです。

二次元とリアル世界を混合したら痛いことこの上ないのを承知で言うと、私は本当に気をつけないと、変な男にひっかかる可能性が高いです。
だって普通にギャップに弱いですからリアルでも。
だって普通にキートンやら山岡さんやらいたら、ころころ転がり落ちますもんリアルでも。
なんかですね。
このギャップに弱いっていうのはですね。
裏を返すと、一つでももの凄い特技・能力があれば、普段はどれだけアレでも構わない、むしろギャップを広げるためにできればアレでいて下さいってことですから。
ヒモを拾ってしまう女の大部分はこれなのではないでしょうか。
「どーしようもない男なんだけど、ギターを弾いてるときはかっこいい」とか、明らかに私と同じ匂いがプンプンしますね。

「その能力が生活に結びつけられれば、経済的にも困ることはないのではないか」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、それはダメなんです。
そんなことになったら、それはもうギャップじゃなくなるんです。
私のセンサーも同時に感知しなくなります。
「まだ駆け出しの頃から付き合ってたのに、ビッグになったら捨てられた」なんてことたまに聞きますが、常人には理解しがたい現象かもしれませんけど、私には非常によくわかる心理です。
ここにギャップ萌えの最大の業があると言っても過言ではありません。
ギャップ萌え。
通常はぐだぐだのダメ人間であることを前提として、その人が光瞬く瞬間に自分もエクスタシーを感じる萌え方。
これを現実で感じてしまうと、きっとあなたはもうそこから抜け出せない。

・・・・・・?
なんの話をしてましたかね?
そうそう、銀さんの話。
銀さんが現実にいても、私は惚れちゃいそうだなって言いたかったんですよ。
(このために「痛いけど」って断ったんだった)(信じられない脱線ぶり)

や、そんなことないってのが普通なんです私これでも。
アスランとか、阿部君とか、土方十四郎さんだって、現実にいたらまず関わらない。
ごめんなさい無理。
二次元だからこそテラモエス。
それが普通なんですよね。
なのに、このギャップ萌えってやつは、本当にやっかいだ。
マスターキートンとか山岡さんとかいたらあなた、ころころ転がって・・・(こっから話がずれたのか!)
銀さんも同様です。
好 き だ 。


ふう。
なんだかよくわからない文章ですね(いつものことなんだけれども)
これがヤツの威力か。
これがあの意味難解な論文を無理やり読ませられた者の末路か。

で、結論。
様々な感想サイト様を回っておりますと、圧倒的に多いのがこの意見。

「アニメの銀さんかっこいい」

・・・・どうしよう。
確かに銀さん格好いい。
ってか笑ってる・・・。
困った。
非常に困った。
格好いい銀さんなんて、悩まないアスラン、捻くれていないシンと同じ。

即ち辛くないカレー及びワサビ抜きの寿司!(そろそろ壊れてきましたね)

戦々恐々としながら放送日を待っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。