Fって何の略だろう。もしかしてフランシス的な?深読みしすぎ?

生きてます!

今日出先から会社に帰りしな、車のラジオをつけました。
滋賀ローカルの時間は結構好き。
お姉さんのしゃべる滋賀弁がめっさ可愛いんですよ。

で、リスナーのメールを読むコーナー。
ラジオネームで吹いて急ブレーキかけそうになった。誰だこれ出したやつ出ておいで。

「では次のメールは…ラジオネーム本田菊さんから。」

ヘタ厨ktkr!!!!!!

ヘタリアキャラの名前は、基本国名そのままで「アメリカ君」とかなんですけど、「裏ネーム」みたいなのもあります。
作者さんが日記で「ヘタキャラが人間の名前を持っているとしたら何になると思いますか?」というリクエストに応えて?だったか、キャラごとに人間っぽい名前で載せたことがあるそうです。
アメリカはアルフレッド・F・ジョーンズ、イギリスはアーサー・カークランドという具合に。
イメージどおりの名前で(というかイギリスはアーサー以外ありえないと思ってたw)私は結構好きなんですがw
ログ残ってなさそうだし、ちゃんとした更新ではないから「公式設定」てほどでもない、ファンだけが賛否両論ありつつも使ってる呼称ってかんじ。
ただ、アニメ化前の「配慮の必要なジャンル」と大多数に認知されていた時期は、この裏ネームが重宝されていた様子。
で、「日本」の人名が「本田菊」なんですよね。



ラジオネームで吹きましたが、投稿文の中身にも。

「こないだ彼女ができました!」

男かよ本田菊!

「高校以来7年ぶりです!」

同世代かよ本田菊!(リアかと思ったのに…)

「仕事が忙しくてなかなか会えず寂しいです><彼女できるの久々すぎてどうしたらいいかわかりません><こういうときどうしたらいいんでしょう~?」


さらっと流されれば良かったのに、DJのお姉さんの食いつきが良く、「まずは彼女がいることの幸せを噛み締めましょうよ本田菊さん!リスナーの皆さんからも本田菊さんにアドバイスあったらぜひ~」と、本田菊連呼でお話してました。

もうなんというか…。
何故に私が恥ずかしくならねばならんのだ…。

滋賀にもヘタ好きいるんですねぇ。そりゃいるか。
男ってのはフェイクだと思うけどね。本文いかにも女の人の書き方だった。日本が男キャラだから男にしたのかな。
しかしそうすると、「女」「滋賀」「下手好き」「年齢23~25」と、どうにもタカノのスペックに近づいてくる(笑)


タカノじゃありませんから!!
いい年してキャラ名でラジオ投稿なんてやめてお願いやめて!!
中二の黒歴史ならともかく!!
しかも普通?のキャラ名ならともかくアングラぽい人名ってのが余計になんだか恥ずかしい!!
確かに反応できる時点で同士と言われればそうなんだけれども!!


いやぁ、ヘタ厨の見本のような出来事でした。びっくりした。





これ書いてて、初めてヘタリアをサイトで読んだとき、国名で呼び合ってるのが違和感あって、この作品にはまれないなと思ったことを思い出した。
今はすっかりそういう名前だと自分の中で定着してるので平気です。
人間なんでも適応できるものですね。
そういえばヘタリアを知ったのは、銀魂のファンサイトの別館がきっかけだった。
銀魂アニメ化直後くらいだったから…やっぱ4年前か…。
そのサイトは随分前に閉鎖されたし…月日の流れは速いですね…。

さらにこの流れで「ロックオン」「コーラサワー」も設定公開当初激しく違和感を覚えたことを思い出したw

大画面いっぱいの眉毛…想像しただけで泣きそうw

( Д゚) ゚

ヘ/タリア映画化決定!

なん…だと…?


企画したやつとゴーサインだしたやつ…ちょっと出ておいで…。

いや、ないよね。普通に。映画化て。ぶっ飛びすぎだろどこにいくの…。

いやいやその前に、何をどう映画化するの?
本編ほぼ4コマだぜ?
映画化ってことは、少なくとも30分程度はあるわけですよね?
小ネタびっちり詰め込んでも無理じゃない?
オリジナルで長いお話作るのかな。
でもそれも元ネタが元ネタだぜ?
本家の凄いところは、ネタ的にそこら一帯が地雷の中、うまーく避けて、掠ったにしてもやんわり受け身とる感じのバランス感覚だと思うんですよ。
それでもあの短いエピソード集が限界なわけで、もしかしたら1時間あろうかという長編で地雷を避けるのは無理だろ常考。
そりゃシリアス長編願わなかったわけじゃないけど、あくまでもテレビ放送すらされないネットアニメだからこそで。

映画て。

あとね。

映画とかまともに5分アニメを作ってから言ってください。

正直、アニメヘ/タリアは、声優の力で魅せてるようなもんで、アニメ自体のクオリティはかなりやばいと思います。
あの短さでバンク多様、テンポの悪さは致命的。
アニメとしての面白さは残念ながら皆無。
まぁもともとがキャラ萌え作品だし、アニメ化自体がびっくりなので今まで言わなかったけど。
映画化となると話は別だ。

作画はそこまで乱れないし(イギリス以外)(原作の作風からして乱しようがないと言えばそこまで)、色彩も楽しい雰囲気出てるし、音楽と声優は言わずもがなで神なんだけど。
キャラ萌え+ギャグが売りの作品で、ギャグテンポが致命的に悪いのが、どうしようも無いと思うわけです。
一話に詰め込む話のチョイスとか、長さとか、ちょん切るタイミングとか、全体的にも微妙に残念な感じなんですよねー…。
ネタ元の注釈の付け方とかナレーションとかも、もっと他にやりようあるだろうにと思うんです。
個人的な好みの話ですけどね!

それにしても映画化て。

本当に何をやるんだろう。学ヘ/タとか?
本編沿いで行ったら確実に地雷どっかんどっかんだろうしなぁ。
キャラも多杉だし、なるべくたくさん絡ませるためにも、本編は厳しいですよね。


にしてもびっくりした。
某国の遺憾の意でテレビ放送中止になって、これ以上の露出は避ける(ネットオンリーにしとく)だろうと思ってたのに。
映画化かぁ。
よっぽど金稼いでるんだろうなぁ。
オリコン2位とかやらかしたしなぁ。

映画化かぁ。
はぁ。

見にいくけどね!ちくしょう!!
大阪まで行けばどこかやってるよねきっと!ちくしょう!!
5分って縛りがネックであのアニメになってるとしたら、映画化は逆に良質フラグじゃない!?そうでしょ??




アニメ3期の方がよかった気がするなぁ…

アニメヘタリア18話

アニメヘタリア18話ネタバレありです。







以下先週の感想より。

で、あの可愛かったアメリカが反旗を翻す、あの涙なくして見られない雨のシーンは来週ですね。
ハンカチ用意して待ってます。

イギリスの眉毛を。

雨はタカノの悲しみの涙です。
いや、雨が降ってるシーンだから、眉毛もそんなに気にならないかもしれない。
いやいや、セピア色に色調調整されても眉毛だけは存在を主張していた今週なのだから、雨が降ろうと槍が降ろうとあの眉毛はもう眉毛だろう。
期待せずに…待って……しちゃうに決まってんだろばかあああ!!!!





と書いたとおり、一週間期待しまくって待ってました。
撃てるわけないだろクルーーー早くコイーーー
ワクテカしまくりで待ってました。


なのに。

え。



ええええええええええええ




続くって来週に続くじゃなかったわけ?
いつか続くの続く?

全っ然違う話だったんですけど。えええええええええ。


ああ、でもそういえば「アメリカ独立戦争編は6月」って噂があったんですよね。
結構信憑性あるかんじだったのに先週放送されて、あの噂違ってたんだなぁと思ったんだった。
こういうことかよ!


まぁ、それはいいや。
早く見てみたかったアニメオリジナルだし。
総キャラ出演でいいね、いかにもオリジナル。

…。


………・。



????????????




え、あの、意味わかる人いますか?
今週の意味わかる人いますか?
完全にきつねにつままれたっていうか、え、いくらなんでも公式であのオチのなさっぷりはやばくない?
ひょっとしてそれはギャグで言っているのか?

疑問点をあえて真面目に挙げてみると、
・なぜローマじいちゃんなのか。登場頻度少ないから?
・なぜ歌っているのか。
・なぜ中国がやっつけたのか。
・なぜ撤収したのか。これマジでわからない。
・なぜローマじいちゃんは女性に囲まれているのか。天国の揶揄としてもよくわからない。

で、致命的にどうよってのは、

あの短い本編で、あのバンク使用割合はやばすぎる。

割合的に余裕で種デス超えてる。

せめてさ、2度目の攻撃を中国以外のキャラにするとかさ。
武器を変えるとかさ。なんかあるでしょ。
最初の「かつてこの世の~」ってローマ帝国紹介シーンも1話?の使い回しだよね?

あとせっかく有名なお国柄ジョーク取り上げたんだから、警官コスのドイツとか、コックのイギリスとか、絵にして見せればよかったのに。
原作でもあるのに。
なぜにローマじいちゃんオンリー????

ヘタリアに関しては、アニメ化されたこと自体が凄いなと思ってるので、クオリティは全然気にしてなかったんですが。(イギリスの眉毛以外)
さすがに心配になってくるw
制作費やばいのかな。
2期とか言ってる余裕があるなら今頑張れよw

まぁいいや。
謎すぎてポカーンな5分でした。短ぇw

本当に大丈夫なのかな。
いや普通に考えてアレは無いよね。ちょっと酷すぎる。
制作時間が無いって言っても本編5分だし。
やっぱお金が無いのかなぁ。



追記
あと…これは微妙なところなんですけどね。
ヘタリアで戦闘シーンって、ギャグでも気をつけてもらいたいところですよね。
中国ってのは、たぶん登場シーンが少ないからだと思うんですけど。(韓国が登場させられなくなったので、使えるアジアネタが減ったのもあるかと)
確かに原作でも戦いネタはあるけど、あれはほとんどが「史実のパロ」なんですよね。
オリジナルで戦いネタはなぁ。ちょっとなぁ。
と思いました。

せめて眉毛らしく

アニメヘタリア17話感想行きます!
すでにネット放送されてるから大丈夫と思うけど一応ネタバレ注意。












あの眉毛。


もう眉毛勘弁してくださいアニメスタッフ。



わかるんだよ。
アニメ制作の都合上、眉毛はなるべく描きやすくしたいっていうのはね。
ヒカ碁のほった先生もアニメの制作風景で書いてたし。
「表情出しやすくするために眉毛は上から描きます」って。
仕方のない部分もあると思うんですよ。
限られた制作費の中、ある程度簡略化して煩雑さを避けていかないと、まわらないんだろうとは思います。

でもね。
イギリスの眉毛はね。
チャームポイントでもあり、アイデンティティでもあるわけですよ。
イギリス=眉毛っていうね。
重要なポイントなんですよ。
それをね。
あそこまで誇張というか、はっきりと「 ま ゆ げ 」ってかんじで描かれるとね。

正直眉毛しか見えない。

もう他の部分が見えない。
音も聞こえない。
眉毛に意識が集中しすぎて、眉毛のことしか考えられない。

なんなのこれ、策略?
他の部分を細かく見せないための遠回しな主張?

あのセピア色の、スーパーシリアスな本編の中で、眉毛にしか意識を向けられないって地獄なんですけど。

泣く準備すら整えて今日この日を迎えたのに、眉毛しか印象に残らなかったって別の意味で号泣なんですけど。



本当にもうちょっとどうにかならなかったのか。
適当にマジックで書いたんじゃねーのこれ。
セピア色の画面で眉毛だけ黒に見えて、目立つってレベルじゃねーぞ。

太さは仕方がないとしても。
上で言ったように、ある程度の簡素化、描きやすさ優先は理解できるから。もう大人だもん。
でも、もうちょっと髪と肌に馴染ませた薄い色にするくらいできたんじゃないの?
ちょっとパソコンの色指定変えるだけでできるとしたら、やっぱあれはあれが良い!って判断の、あえてのデザインなわけですよね?
いったいあの色指定したの誰なんだよもう……ほんと…眉毛しか見えない…


はぁ。
眉毛は散々愚痴ったので本編。
つっても前編のみですが。
あの前振りで前後編にわけるのかよおおおおおおお
アニメスタッフ鬼すぎるうううううううう
まぁ、普通に作って8分のところを5分にむりやり縮められるよりは、間にギャグ挟んで2話にした方がいいに決まってますけどね!
一話の走りっぷり再びよりは断然マシですけどね!

やっぱアメリカの子供時代に声がつくのは感動しますね。
漫画より「イギリスが可愛がってる感」がかなりアップした気がします。
無理やり服を着せられるエピソードは、原作でも1、2を争う大好きなエピソードなんですが。
(アメリカがジーパンとか開発してどんどん服装緩くなってくのは、リアルでもアメリカの個性が育っていった時代の象徴な気がする)
やっぱ声がついて動くってのはいいですよねー。


で、あの可愛かったアメリカが反旗を翻す、あの涙なくして見られない雨のシーンは来週ですね。
ハンカチ用意して待ってます。

イギリスの眉毛を。

雨はタカノの悲しみの涙です。
いや、雨が降ってるシーンだから、眉毛もそんなに気にならないかもしれない。
いやいや、セピア色に色調調整されても眉毛だけは存在を主張していた今週なのだから、雨が降ろうと槍が降ろうとあの眉毛はもう眉毛だろう。
期待せずに…待って……しちゃうに決まってんだろばかあああ!!!!




追記
あと、まぁそこまで気にはならなかったけど、1回ならともかく何回も倉庫掃除編の予告したのは、正直微妙だった。
あれが銀魂なら、「ユーモアある尺稼ぎ」として面白く見たと思うけど、ただでさえ5分しかない本編にあのCMはくどかった…よ…。

二期はせめて10分にならないかなー。
アニメオリジナルのシリアス展開とかみたいなぁ。
元ネタが元ネタだし、そこまで冒険できないかな…。




さらに追記
もうやだwwwwwwww
何回見ても眉毛に意識がいくwwwwwwww
アスランのおでこはまだ「ヒヤヒヤする」程度(すなわち萌えとの葛藤)だったのに、イギリスの眉毛は完全に萌えを凌駕して爆笑してしまうwww
あの小さいアメリカにデレッデレのシーンも、「ダメだ(キリッ)」のシーンも、もう眉毛で台無しだよほんとにwwwwww

はぁはぁ。
……はぁ……本当に楽しみにしてたシーンなんだけどな…。
声だけ聞くと最高なのに…な…。

APヘタリア

に、今更ながらはまりました。
大掃除をしてたら出てきたんですよ…。
某ゲームと一緒にアマゾンから届いて以来、一度も読まず行方不明になった漫画が。

もうね、ヘタリアの一番の魅力といったらね。

万歳!軍服☆パラダイス

各国の特徴捉えた軍服がかっこよすぎてもうどうしよう。
日本の海軍モチーフのもなんからしくていいし、ドイツのごついのも素敵だし、アメリカのパーカーも雰囲気出てるし、フランスのおしゃれすぎるのもホントいいんだけど。

イギリスのあのシンプルな実用一点張り軍服は最高すぎる。

右を見ても左を見ても軍服姿を拝める漫画、本当に素晴らしいです。


ヘタリアは、だいぶ前・・・4年くらい?前に読んで、普通に面白い的な感想を持ってました。
ただ、そのときはそんなに話数が多くなかったように思う。
というか枢軸3人組の印象しか無い。

あの国とあの国のあの話は無かったとここで断言するよ。(意味がわかりません)

もともと世界史好きですが、特に好きなのは中世~近代ヨーロッパ。
プロイセンがどうとかハプスブルグ家が云々というのは、高校時代からいろいろ考えてによによしてましたけど。

あの国は歴史的に完全に盲点だった。

つかその時代はヨーロッパじゃ革命真っ盛りの超面白い時代なんだよ。
あの国なんて「あ、独立してたの?ふーんいつのまに?」程度でスルーしてしまってたよ。
なんたる不覚。
本家は全編通してギャグ4コマなのに、あの話だけシリアスって…そりゃ人気も出るよね…。


でも一つだけ、無粋とわかってても突っ込んでいいですか?
連合国が集まって対枢軸国への作戦を練ってるシーンなんですけど。
アメリカがいつものように「俺ヒーロー」ぶりを発揮してますけどね。
あの時代のアメリカは、確かモンロー主義という、ヨーロッパのことには干渉しない外交姿勢がデフォだったはず。
逆に自国への干渉も拒否しますという内容で、パールハーバーにも関係してくる結構重要な考え方だと思うんですが。
(国内でこの不干渉外交への支持が根強く、参戦したい政府がいろいろ工作した一つがパールハーバー誘発とかなんとかかんとか…)
アメリカが「俺ヒーロー」になったのはWW2以降だと思うんですよね。
ここだけ、どうにも違和感がある…というか納得できない。

萌え的に。

だってさぁ。
せっかくなのにもったい無いじゃない!
表面上は不干渉貫いてるのに、援助物資だけはガンガン連合国というかイギリスに送ってたんですよ。
一時期、イギリスが使用した弾薬の4分の1はアメリカからの援助だったらしいですよ。(byウィキペディア)
ほらみて!
史実は小説より萌えなり!

はぁはぁ。

もう隠す気もないです。
軍服万歳。


ということで、5月最後の土日は東京行きます。
神のご配慮により、ピーーーージャンルとピーーーージャンルオンリーがかぶった。
特にピーーーージャンルは日程変更した上でピーーーージャンルに合わせてくるとか…行くしかないだろう。
回りきれるのかが心配です。
どっちもSP数がおかしいくらい多いので、どっち先にしても入場遅くなりそうだ…。
いやその前に、その気力があるか、物理的に行く時間があるか…。
でもこのくらいは気分転換しないと、きっと夏までエネルギーもたないもの。

頑張れ私!
ボーナス前に口座残高ゼロになぁれ!